HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

憧れの豪華列車「オリエント急行」に乗ってみませんか?

アガサ・クリスティの小説でも有名な「オリエント急行」。 現在でも「オリエント・エクスプレス」に乗ることができることをご存知でしょうか。 初代オリエント急行は1883年に開通し、パリ東駅からイスタンブールへ6日間の旅程でした。 世界大戦や他の路線ができた影響などで、初代オリエント急行は途絶えましたが、1982年に現ベルモンド社が「ベニス・シンプロン・オリエント急行」を立ち上げたことで、かつての豪華列車を体験することができるようになりました。 ここではベニス・シンプロン・オリエント急行についてご紹介します。

ベニス・シンプロン・オリエント急行

普段、「列車」というと日常的に使う「電車」や、長距離移動なら「新幹線」を連想される方が多いのではないでしょうか。
オリエント急行は、かつての上流階級の人々が移動中にも楽しめるように贅が凝らされた空間です。
日常の慌ただしさから離れて、紳士淑女としての優雅なひと時をご堪能いただけます。
車内泊、日中のみの使用のどちらも可能です。

コース

One of the most magical parts of the #vsoe route - take in stunning views of Switzerland #discoverbelmond

Venice Simplon-Orient-Expressさん(@vsoetrain)がシェアした投稿 -

1883年の運行開始時と同様の姿でヨーロッパ各地走るオリエント・エクスプレス。
豪奢な車内に、制服を着たスチュワード。
ここでしか味わえない夢のような体験になるでしょう。

毎年3月から11月まで運行しています。昼間の乗車、1泊2日、4泊5日といった様々なコースが要されています。
人気のあるコースは、ロンドンーヴェニス間の1泊2日のコースです。他にも1泊2日ではパリーヴェニス間、ロンドンーヴェローナ間、パリーヴェローナ間のコースがあります。
パリーロンドン間のコースは1日以内の移動となります。
ロンドンーヴェニス間を往復するコースは4泊5日かかります。

キャビン

Spend the afternoon in your cabin, watching the world go by #DiscoverBelmond

Venice Simplon-Orient-Expressさん(@vsoetrain)がシェアした投稿 -

華やかなりし時代を完璧に復元したキャビンでは、優雅な時間が流れるでしょう。
常に待機しているスチュワードが迅速かつ丁寧に、あなたのご要望にお応えいたします。
スチュワードは、英語・フランス語・イタリア語を話します。
部屋のタイプには、ツインキャビンとスイートキャビンがあります。

上下にシングルベッドが設置されているのが、ツインキャビンです。日中は下のベッドが座席となり、夜になるとリネン類でベッドメイキングされます。
ツインキャビンを2部屋つなげたのが、スイートキャビンです。日中は間仕切りをとってラウンジを広く使用し、夜には各自がシングルベッドとして個別に使用できます。もちろん、間仕切りは取り外したままでも使用できますので、お客様のご要望に応じてセッティングされます。
洗面台は、オーク材のパネルの裏側にあります。各車両に1箇所ずつお手洗いがあります。

お食事

One of the stunning creations from Chef that you'll experience during the journey #DiscoverBelmond #tasteofbelmond

Venice Simplon-Orient-Expressさん(@vsoetrain)がシェアした投稿 -

旅の醍醐味は料理にあり。
最高級の食材を旅の途中で手に入れたシェフたちが、目にも下にも満足な料理であなたをもてなします。車窓から外を眺めると、シェフが食材を買い求めているのを目撃することもあるかもしれません。
朝昼夕のセットメニューは、旅行代金に含まれています。
24時間いつでも注文できるアラカルトメニューは追加料金となります。
アレルギーがある方は、リクエストに応じて特別メニューが提供されます。

ドレスコード

せっかくの豪華列車なのですから、おしゃれにも気合を入れてみませんか。
ディナー時には、男性の方はタキシードかダークスーツをお召しください。どうか、ネクタイをお忘れのないように。女性の方はイブニングドレスなどの盛装でお越しください。
日中は、ややカジュアルで構いませんが、男性の方はジャケットとネクタイが必要です。
女性の方も、過度な露出を避けた優雅な衣装が好ましいでしょう。
「古風で優美なオリエント急行」ですから、ジーンズやサンダル、スニーカーといった、ラフすぎる格好はお控えください。

お問い合わせ先

Venice Simplon-Orient-Express

ご予約: +65 6395 0678
(シンガポールオフィス / 英語対応のみ)
Eメール: reservations.japan@belmond.com

まとめ

日常生活で「列車」と言えば、「電車」や「新幹線」など、移動するための手段として思い浮かべるのではないでしょうか。
ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレスでは、豪奢な車内ときめ細やかなサービスで、滞在時間を優雅に過ごすことができます。
日常の慌ただしさを忘れるような、特別なひと時をお過ごしください。

INTRODUCTION of THE WRITER

key7
name. key7
旅と映画、書物を愛する風来坊。諸国を回っては現地の書物を集めるのが趣味の一つ。
そのうち多国籍な書物が集まる図書館を作りたい。

RELATED

アガサ・クリスティの小説でも有名な「オリエント急行」。 現在でも「オリエント・エクスプレス」に乗ることができることをご存知でしょうか。 初代オリエント急行は1883年に開通し、パリ東駅からイスタンブールへ6日間の旅程でした。 世界大戦や他の路線ができた影響などで、初代オリエント急行は途絶えましたが、1982年に現ベルモンド社が「ベニス・シンプロン・オリエント急行」を立ち上げたことで、かつての豪華列車を体験することができるようになりました。 ここではベニス・シンプロン・オリエント急行についてご紹介します。