HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

想像力を形に!華やかで独創的なビーズアイテムの世界

ビーズは、石、骨、殻、ガラス、プラスチック、木または真珠などの様々な形状および大きさの材料で形成され、糸に通したり、糸で引き締めたものに小さな穴が穿孔された小さな装飾品です。 ビーズのサイズは、1ミリメートル(0.039インチ)未満から直径1センチメートル(0.39インチ)くらいのサイズが定番です。 およそ10万年前のナサリウス海(Nassarius)のカタツムリの貝殻から作られたビーズのペアは、ジュエリーの最も初期の知られた例であると考えられています。ビーズワークとは、ビーズで物を作る芸術や工芸品です。 ビーズは特殊な糸と一緒に織ったり、糸や柔らかい柔軟なワイヤーに繋いだり、表面に接着したりすることができます。

ビーズには複雑でゴージャズなアクセサリーも!

❤❤🔥💕💕 #Beads #Bridalinspiration Makeup by @glammebyshay Beads by @fibeads Hair by @dbeautyworld Photo @royal_images

A post shared by WeddingsFashionEvents (@weddingsfashionevents) on

ビーズと聞くと安っぽいというイメージが先行しがちな人もいるかもしれませんが、プロとして、賞を取っているビーズ職人は大手メーカーなどと取引するほど、ビーズの素材知識と組み合わせる技術に富んでいます。ビーズはとても細かく、色や形により様々なデザインを表現できるので、ファッション業界では長年注目されています。

アフリカから世界に広まったとされるビーズの編み込み技術は、今では世界に広がり、貴重な素材を提供する専門のサプラーヤーもいるほどです。

文化や宗教を問わないビーズ

お裁縫の一環として女性に広まったビーズワークは、様々な色と組み合わせることが楽しい趣味として始める方も多くいます。プラスチック製のビーズが一般的に多く、水や外圧に柔軟であるため、指輪やブレスレット、イヤリングやネックレスなども作ることができます。繋ぎのワイヤーを使用し、様々な形や大きさを出せるのもビーズならではの魅力があります。
ビーズを多く組み合わせることにより、耐久性や表現力も増すため、様々なテクニックを習いたい女性に人気があります。
自分だけの個性を引き出せる趣味として、世界各国にビーズファンは多く、その創作品もそれぞれ目を疑うほど巧妙に仕上がっているものもあります。

イスラムの世界でもお祈りに欠かせない男性用のビーズで作られたアイテムや、女性のスカーフを留めるピンや装飾のアクセサリーとしてもビーズワークを垣間見ることができます。

日本で生産されているビーズ

このように実際ビーズを使用した商品は私たちの身の回りにたくさんあります。
日本は知る人ぞ知る、最先端のビーズを生産していることでも知られています。ビーズメーカーとしても有名な企業があり、代表的なTOHO、MIYUKIや松野工業は高品質で繊細なビーズを数多く、生産しています。その数や種類は年間数十万単位で取引されており、世界でも需要があります。
特に、デザイナーも日本のビーズを使用しており、天然石やスワロスキー、ガラスなどと一緒に使用したジュエリーや小物はブランド化され、商業的に売買されています。

ビーズのワークショップに参加してみよう

趣味としても人気があるビーズは、地域ごとにビーズ同好会のような集まりが多数あります。貴和製作所では、初心者でもビーズキットやビーズの小売があるので個人で始めることもできます。

ジャパン・ビーズ アソシエーションではコンテストも開催されており、きめ細かなデザインのビーズ芸術を披露する場があります。

国内で定期的に行われているビーズグランプリでは、趣味が高じて、世界にも通じるビーズの技術を披露する人も多く、ビーズとは思えないデザインに驚かされることもあります。

手先が器用とされる日本人アーティストは、各コンテストに常にノミネートされているので世界に誇れる習い事になるでしょう。

世界規模で行われるビーズデザインコンテスト

インターナショナル・ビーズ・アワード(IBA)では、ビーズで創り出される手芸のコンテストが行われています。日本企業もスポンサーになっており、世界各国から選りすぐりのビーズアーティストが参加しています。ファッションメディアや某ジュエリーブランドなども、注目するので、素材や品質も重要視されています。
過去に日本人優勝者もいるコンテストは、賞金や滅多に手に入らないビーズの情報を得られる場でもあるため、ビーズ愛好家の間では常に話題になります。

各賞受賞者はビーズの魅力を伝えるため、それぞれの国や地域でワークショップを開催したり、ギャラリや展示会を催し、ビーズを通して、人との繋がりも大切にしています。

まとめ

ビースは柔軟に創作技術を表現できるため、とても人気があります。方ばりのものがない趣味として自由に工芸を楽しめるので、芸術的な趣味の一つとして自信がつきます。
海外発行のビーズ専門雑誌Beads and Buttomも参考になるでしょう。

是非あなたも、身近なビーズを通して、自身の発想を形にしてみませんか?

INTRODUCTION of THE WRITER

Richess
name. Richess
高級なもの、価値のあるもの。本物を探し求めて旅をしています。

RELATED

ビーズは、石、骨、殻、ガラス、プラスチック、木または真珠などの様々な形状および大きさの材料で形成され、糸に通したり、糸で引き締めたものに小さな穴が穿孔された小さな装飾品です。 ビーズのサイズは、1ミリメートル(0.039インチ)未満から直径1センチメートル(0.39インチ)くらいのサイズが定番です。 およそ10万年前のナサリウス海(Nassarius)のカタツムリの貝殻から作られたビーズのペアは、ジュエリーの最も初期の知られた例であると考えられています。ビーズワークとは、ビーズで物を作る芸術や工芸品です。 ビーズは特殊な糸と一緒に織ったり、糸や柔らかい柔軟なワイヤーに繋いだり、表面に接着したりすることができます。