HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

徹底解説!イギリス紳士の御用達 〝ベントレー〟の魅力

イギリスに数々の自動車メーカーがありますが、その中でもイギリス紳士の御用達メーカーとしてはベントレーが挙げられます。そんな紳士のためのマシンを製造しているベントレーについて紹介していきます。

ベントレー

ベントレーとは

ベントレーは1919年にイギリスで設立された自動車メーカーです。エンジン技術者であったウォルター・オーウェン・ベントレーによって誕生しました。1998年からはドイツ・フォルクスワーゲン傘下のメーカーとして高級自動車を製造販売しています。歴史的には1920年台から30年にかけて、ル・マン24時間レースで優勝するなど、レースにも積極的に参加していました。また、2002年からは、イギリスのエリザベス女王の公務専用車としても用いられています。現在は、4ドアセダンのフライングスパー、ミュルザンヌ、2ドアクーペのコンチネンタル、4ドアSUVのベンテイガの4車種のラインナップがあります。

ベントレーの魅力

重厚感

ベントレーの魅力として、重厚感が挙げられます。大小2つ合計4灯の丸目ヘッドライト、ベントレー特有のグリルである「マトリックスグリル」が、ベントレーの重厚感を醸し出します。また、いずれのモデルも車両重量が2トンを大幅に超える数値となっており、マシン自体も重量級となっています。このベントレーの重厚感はマシンの品を高め、ラグジュアリーさを象徴しています。

ラグジュアリー

ベントレーの重厚感に次ぐ魅力として、ラグジュアリーさが挙げられます。インテリアには、もちろんハンドメイド仕上げのレザーが用いられており、天然のウッドや天然石が熟練の職人たちによって一台一台手作りで加工、仕上げられています。高級ホテルにいるかのようなラグジュアリーなインテリアは、ベントレーの大きな魅力の一つと言えるでしょう。

パフォーマンス

そして、重厚でラグジュアリーでありながら、スポーツカー並のパフォーマンスを誇っているのもベントレーの大きな魅力の一つです。ベントレーはSuperGTやFIA-GT3クラスなどのマシンとしても採用されており、レースで培った技術が市販車にもふんだんに取り込まれています。例えば、ベントレーのラグジュアリーSUVであるベンテイガには最大出力608PS、最大トルク900Nmの6.0リッター W12 ツインターボが搭載されており、0-100kphの加速はわずか4.1秒。最高速度は301km/hとスポーツカー並のパフォーマンスとなっています。

ベントレーのラインナップ

ミュルザンヌ

ミュルザンヌはベントレーのエレガンスとパフォーマンスを表現した4ドアセダンです。6.75リッター V8ツインターボチャージドエンジンを搭載し、5.3秒で100kphまで加速。296kphの最高速度を誇ります。そのV8エンジンの莫大なパワーが2,770 kgの重厚な騎士を300kph近くまで加速させます。インテリアとエクステリアには、一切の妥協を許さず、全て本物のレザーやウッドなどの材料を用い、一台一台熟練した職人の手で作られています。

ミュルザンヌには3470万円からの「ミュルザンヌ」と、3800万円からのパフォーマンスモデルである「ミュルザンヌ・スピード」の2モデルがあります。「ミュルザンヌ・スピード」には、設計し直された6¾リッターツインターボチャージドV8エンジンが搭載され、わずか4.9 秒で100km/hに加速し、最高速度は305km/hを誇っています。

フライングスパー

フライングスパーは、ベントレーの代名詞的4ドアセダンです。贅沢を尽くし、妥協しないパフォーマンスの両立を目指して誕生したフライングスパーは、ドライバーと同乗者に究極のドライビングエクスペリエンスを提供します。もちろん細部にまでこだわって作られたインテリアは熟練した職人の手で一つ一つ作られています。

フライングスパーには、V8を搭載した1945万円からの「フライングスパーV8」フライングスパーV8のパフォーマンスモデルである2100万円からの「フライングスパーV8 S」そして2435万円からの「フライングスパー」、フライングスパーのパフォーマンスであり、ベントレーのフラグシップモデルである2665万円からの「フライングスパーW12 S」の4モデルがあります。

フライングスパーとフライングスパーW12 には6.0リッター W12ツインターボチャージドエンジンが搭載されています。フライングスパーが625 馬力、W12 Sが635馬力を出力し、0-100km/hをそれぞれ、4.6秒と4.5秒でこなします。最高速度はそれぞれ320kph、325kphとなっており、4ドアセダンでありながら2ドアスポーツカー並にハイパフォーマンスであることがわかります。

コンチネンタルGT

コンチネンタルGTはベントレーが誇る2ドアクーペです。2ドアクーペでありながら、後部座席もしっかりと用意されており、同乗者もコンチネンタルGTの走りを楽しむことができます。コンチネンタルGTはベントレーのスピードと贅沢を極めた至極のマシンであり、もっともハイパフォーマンスなマシンであります。

コンチネンタルGTには現在9モデル存在し、「コンチネンタルGT」「コンチネンタルGT スピード」「コンチネンタルGT V8」「コンチネンタルGT V8 S」にそれぞれクーペモデルと、コンバーチブルモデルが存在し、「コンチネンタルGT V8 S」に日本市場限定でわずか12台の「ムーンクラウドエディション」があります。

「コンチネンタルGT」「コンチネンタルGT スピード」にはそれぞれ、590馬力、642馬力を出力する6.0リッター W12ツインターボチャージドエンジンが搭載され、それぞれ0-100km/hを4.5秒、4.2秒で加速します。最高速度はそれぞれ、319kph、331kphとスーパーカーの水準です。

コンチネンタルGTはただ早く走るマシンではなく、速い走りをラグジュアリーな空間で楽しむためのマシンであるといえます。

ベンテイガ

ベンテイガはベントレーが誇るラグジュアリーSUVです。ベントレーはこのベンテイガで従来のSUVの常識を完全に覆したマシンであるといえます。2739万円もする高級自動車でありながら、いかなる状況、テレインであってもその走破性は揺るぐことがありません。最大出力608PS、最大トルク900Nm を発揮する新型の6.0リッター W12 ツインターボTSIエンジンを搭載し、0-100km/hは4.1秒で加速。最高速度は301kphと3ドアスーパーカー並の水準です。よりカジュアルな「オニキス・エディション」も2399万円から用意されています。

紳士のためのマシン、ベントレー

英国生まれの英国紳士のためのマシンであるベントレーについて紹介してきました。ベントレーはまさにラグジュアリーとパフォーマンスを両立した自動車メーカであるといえます。どのマシンをとっても、ベントレーの重厚感とラグジュアリーを感じることができ、その空間の中で走りを楽しむことができます。紳士であるならベントレーでしょう。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

イギリスに数々の自動車メーカーがありますが、その中でもイギリス紳士の御用達メーカーとしてはベントレーが挙げられます。そんな紳士のためのマシンを製造しているベントレーについて紹介していきます。