HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

復活の英国スポーツカー:TVR Griffith

イギリスの少数生産自動車メーカーである”TVR”が昨年2017年に発表した新しいモデルが”TVR Griffith”です。経営不振によってしばらくの間市場から姿を消していたTVRが復活を遂げたことを示す1台となっています

TVR Griffith

TVR Griffithとは?

Julienさん(@tag_prestiges)がシェアした投稿 -

”TVR Griffith(TVR・グリフィス)”は、イギリスの少数生産自動車メーカーである”TVR”によって2017年に発表された新型スポーツカーです。”TVR”は知る人ぞ知る自動車メーカーで、独創的なエクステリア、圧倒的なパワー、そして並みのドライバーにはコントロールすることができないハンドリングといった特徴を備えたマシンを開発してきたことで知られています。そんなTVRは少数生産メーカーにありがちな経営不振によって、しばしの間市場から消えていましたが、2017年”TVR Griffith”の発表によって市場にカムバックすることとなります。”TVR Griffith”は、TVRらしさを全く失っていない一台で、500馬力のパワーと特徴的なスタイルを持った個性的なマシンに仕上がっています。

TVRならではの抜群のパワー

”TVR Griffith”は、フロント・アクスル後方に”Ford Mustang”にも搭載されているアメリカンV8エンジンである、5.0リッターV型8気筒エンジンを搭載しています。このエンジンを伝説的なレーシングエンジンビルダーである英国のCosworth(コスワース)がチューニングを施したことによって、最高出力は506psにも到達します。パワー・トゥ・ウエイト・レシオは400hp/トンとなっており、0-60mph加速は4秒未満、最高速度は200mph(約320km/h)と極めて高いパフォーマンスを発揮します。

個性的かつ攻撃的なスタイル

Sean Dorganさん(@dorgansean)がシェアした投稿 -

”TVR Griffith”は、TVRの歴代のマシンの例に漏れず独創的かつ個性的なエクステリアを持ったマシンとなっています。しかしながら、当時ほどの奇抜さはなく、クールな印象に仕上がっています。”TVR Griffith”の車両サイズは全長4,314mm × 全幅1,850mm × 全高1,239mmと比較的コンパクトなマシンとなっています。過去のモデルを踏襲する形で、ロング・ノーズ/ショート・デッキのプロポーションを持つ”TVR Griffith”は、流麗なファストバックのルーフラインが特徴的で、リアデザインは近未来感を持ち、LEXUS LCのような印象さえあります。特徴的なのはエギゾーストで、フロントウィール後方のサイド出しとなっています。

復活を遂げたTVR:TVR Griffith

Tim Pittさん(@timpitt100)がシェアした投稿 -

イギリスの自動車メーカーである”TVR Griffith”について紹介してきました。”TVR Griffith”は、極めて個性的なマシンを生み出してきた”TVR"が復活を遂げる象徴的なマシンです。独創的なボディと圧倒的なパワーを持つ”TVR Griffith”は、普通のスポーツカーに飽きた人にぴったりの1台です。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

イギリスの少数生産自動車メーカーである”TVR”が昨年2017年に発表した新しいモデルが”TVR Griffith”です。経営不振によってしばらくの間市場から姿を消していたTVRが復活を遂げたことを示す1台となっています