HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

女性杜氏が作る繊細で美しい京都の日本酒 「 丹山酒造 」

2018.04.10
名称未設定 1

皆さんは日本酒作りと聞くとどのようなイメージを持ちますか?「日本酒作り=男性」のイメージが強いですが、実は女性の杜氏が存在することをご存知でしょうか。今回は女性杜氏の先駆けとも言われている丹山酒造をご紹介させていただきます。

丹山酒造とは?

y,aさん(@sss.y.a)がシェアした投稿 -

丹山酒造は京都の嵐山の上流、亀岡にある酒造です。明治39年に創業し、蔵に5つの井戸を持っています。この井戸の水は「寳満吉祥」と呼ばれる名水です。
酒造のある嵐山地区の上流の亀岡は、名水があるだけではなく、土壌も恵まれています。このような土地の特徴を生かし、日本酒作りに欠かせないお米を無農薬で自家栽培しています。

こだわりを持った酒造ですが、仕込み蔵を除き、気軽に酒造見学もさせてもらえます。さらに利き酒体験も用意されているため、足を運ぶ人を楽しませてくれます。

丹山酒造の特徴は?

@dryfujiがシェアした投稿 -

早速丹山酒造について見ていきます。まずはどのような特徴があるのかお話しさせていただきます。

<女性杜氏>

丹山酒造の杜氏はなんと女性です。丹山酒造の杜氏を務めるのは丹山酒造の次女として生まれた長谷川渚さんです。お酒を作る人に囲まれた環境で育ってきたため、杜氏になることに違和感はなかったようです。

杜氏が男でないといけないという決まりはありませんが、日本酒作りはとにかく体力が必要です。そのため女性には向かない、とされていました。

そんな珍しい女性杜氏の作る日本酒は人気が高まってきています。次に丹山酒造の人気の秘密を見てみましょう。

丹山酒造の人気の秘密

htm217さん(@hitomi.0217)がシェアした投稿 -

丹山酒造の人気の秘密は、女性杜氏ならではの消費者から愛されるアイディアがたくさん詰まっていることにあります。

① ボトルデザイン

日本酒といえば一升瓶や四合瓶のイメージが強いですが、長谷川さんは女性視点からピンクやワインボトルの形状など女性が手に取りやすいボトルデザインを取り入れました。日本酒が苦手な人も「ちょっと飲んでみたい」と思えること、日本酒が好きでも日本酒の瓶を一人で手に取ることに少しためらいのある女性でも手軽に買えるように、と配慮されています。

② 低アルコール、微発泡酒

日本酒はアルコール度数が15度から16度前後、高いもので20度程度になります。ビールやワインに比べて少し高く、アルコールが得意ではない人にとってハードルが高いお酒です。長谷川さんはアルコールが苦手な人でも飲みやすいようにアルコールが低いものを生み出しました。
さらに「すず音」「澪」など、女性から支持されているにも関わらず、あまり商品化されていない微発泡酒も作っています。微発泡酒はお猪口ではなく、シャンパングラスに入れて飲むこともできるため、女子会で楽しめるお酒の一つとして人気が高まっています。

③ 美容や健康に関する商品

酒粕は肌にいい、アンチエイジング、飲む点滴、など体にとって嬉しい効果が期待できると話題になっています。丹山酒造では日本酒だけではなく、酒粕を使った美容、健康対策の商品開発にも力を入れています。これこそ女性杜氏ならではの視点です。

丹山酒造の美味しさの秘密は?

宥中さん(@chuya0907)がシェアした投稿 -

女性杜氏ならではの商品作りに励む丹山酒造ですが、もちろん女性杜氏だから美味しい、というわけではありません。丹山酒造の美味しさの秘密にはきちんとした理由があります。

① 恵まれた環境

丹山酒造の特徴でもある「恵まれた環境」は美味しさの一番の秘密です。「酒造りは米作り、米作りは土壌から」という言葉がありますが、丹山酒造は酒造りのためのお米を自社栽培しており、無農薬有機栽培で作られています。丹山酒造のある嵐山の上流は水と土壌と合わせてとても豊かな土地です。

② 「美味しいお酒」を作る信念

お酒を作る上で一番の基本ですが、一番難しいことでもあるこの「美味しいお酒」を作る信念です。女性杜氏ならではの商品を開発しようと新しい商品を生み出しても美味しくなければ意味がありません。丹山では「美味しいお酒」に強くこだわって商品を作っています。

丹山酒造のラインナップ

丹山酒造は美味しさにこだわった日本酒がたくさんあります。どんなものがあるのでしょうか。

① 純米大吟醸

精米歩合が50%以下という日本酒の中でも高価な純米大吟醸です。純米大吟醸はお米の美味しさをそのまま味わえます。

・日出る国 

洗米から搾るまでの全てを機械を使わずに手仕事で作った日本酒です。
職人の丁寧な仕事によってお米本来の旨味がギュッと詰まっています。
常温、もしくは少し冷やして飲むことが推奨されていますが、筆者のオススメは常温です。常温で飲むことによってお米の美味しさだけでなく、まろやかさがより際立ちます。

・雪月花 嵐山

300、720、1800mlとサイズが展開されています。食中酒として飲みやすい爽やかな日本酒です。

・完熟

720、1800mlの2サイズ展開の完熟は山田錦を使用しています。日本酒作りの際に出る「もろみ」を搾って抽出される斗瓶取りの日本酒です。斗瓶取りらしく濃厚な味わいです。

・丹山 天「きわみ」

720、1800mlの2サイズ展開です。酒造好適米を丁寧に磨き上げて作られており、こちらも斗瓶取りです。口に入れた瞬間の香りが病みつきになる日本酒です。

② 純米吟醸

低温発酵して作られる純米吟醸はフルーティーな香りが特徴です。

・ 竹林群虎図

重要文化財に指定されている竹林群虎図をラベルに使用しています。コクがしっかりした日本酒です。

・蔵出一番

720、1800mlの2サイズです。コクを残しつつも吟醸酒特有の香りも楽しめるバランスのよい日本酒です。

・笑門福来

お正月にぴったりな名前だけでなく、金のラベルと金箔が入っている新酒の日本酒です。
キリッとした辛口です。

③ 純米酒

手に取りやすい価格で購入率が高いのがこの純米酒です。熱燗でも冷やしても美味しく飲むことができます。

・しぼったそのまま

わかりやすい商品名で親しまれています。まさに搾りたての日本酒をそのまま瓶詰めしたような原酒です。720、1800mlの2サイズが用意されています。

・ささ匠 丹山

酒造の名前がついたこちらの日本酒は、亀岡の自社栽培米を使用して作られています。丹山のこだわりが詰まっています。

④ 低アルコール

日本酒が得意ではない方にも飲んでいただきたい低アルコール商品です。

・彩膳
白と赤の2種類あり、ワインのように選ぶことができます。シャンパンのような細かい泡が特徴的な彩膳はアルコールが8%です。食前酒におすすめです。

・ジャポン

丹山の人気商品のジャポンはレモンやライムを絞ったり、グラスにオレンジを入れてみたり、アレンジができる微発泡日本酒です。

・ぼんき

白ワインを思わせるようなさっぱりとした飲み口の純米酒です。ジャポンと合わせたギフトセットもあります。

丹山酒造はどこで買えるの?

akitoshiさん(@akikecoo)がシェアした投稿 -

丹山酒造では日本酒だけではなく甘酒や石鹸も販売されています。なかなか見かけない、という方は丹山酒造のオンラインショップの利用をお勧めします。
クレジットカード支払い、代金引換の支払い方法を選ぶことができ、送料は5000円以上購入するとかかりません。

女性杜氏が活躍する丹山酒造の日本酒、ぜひ一度ご賞味ください。

公式サイト:http://www.tanzan.co.jp/

販売場所

■ 直営店 京都文化博物館 ろうじ店舗
〒604-8183 京都市中京区三条高倉
TEL:075-255-6165 定休日:月曜日
■直営店 嵐山昇龍苑店
〒616-8384 京都市右京区嵯峨天龍寺門前
TEL:075-873-8180 昇龍苑(http://www.syoryuen.jp/)
定休日:年中無休 open 10:00〜17:00
※5月6日(水)までは、営業時間 10:00〜18:00 です。      
■ 錦の器土合爍さんの店舗内
〒604-8127 京都市中京区錦小路堺町東入
TEL:075-231-5820 定休日:火曜日
■ レストラン嵐山
〒616-8384 京都市右京区嵯峨天龍寺造路町33
上記四店舗では、いつでもきき酒していただけます。
蔵のものがおりますのでお尋ねくださいませ。

INTRODUCTION of THE WRITER

Jun-.-nuj
name. Jun-.-nuj
旅行が大好きな30代です。プロトラベラーを目指して日々奮闘中です。

RELATED

皆さんは日本酒作りと聞くとどのようなイメージを持ちますか?「日本酒作り=男性」のイメージが強いですが、実は女性の杜氏が存在することをご存知でしょうか。今回は女性杜氏の先駆けとも言われている丹山酒造をご紹介させていただきます。