HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

大人の修学旅行はハウステンボスできまり!

今や日本を代表するテーマパークとして確固たる地位を築いた長崎県佐世保市にある「ハウステンボス」。もしかしたら、学生時代に修学旅行でいかれた方もいらっしゃるかも知れませんが、今やその規模や見事さは当時とは比べものにならないくらいすごい事になっているんです。 今回は、一度行ったことのある方も、そうじゃない方も、是非足を運んで頂きたい「ハウステンボス」にフォーカスしました。

ハウステンボスって?

場所はどこ?どうやっていけば良い?

ハウステンボスの場所は、日本最西端で異国情緒溢れる長崎県佐世保市。某大手通販番組の本社があることでも有名ですよね。
東京、大阪から新幹線でいく場合は博多駅まで出て、博多から直通の特急ハウステンボス号に乗ります。また、飛行機だと長崎空港から高速船かバスがハウステンボスまで出ています。

紆余曲折を経たオープンからの歴史

オランダの街並みを再現し、ヨーロッパ全体をテーマとする同施設。今では国内だけではなく国外からも観光客が集まる一大テーマパークとなりましたが、ここまで来るには一筋縄ではいきませんでした。元々1992年に開業し、1996年には入場者数が380万人に達したものの2001年度には292万人にまで減少した上、初期当時の負債を返却できずに会社更生法の適用により経営が破綻しました。
しかしその後転機となったのが、2010年。H.I.S.が経営再建に乗り出し、特に冬場のイルミネーションに尽力した事を皮切りに、今では日本屈指のテーマパークへと成長しました。

ハウステンボスの楽しみ方

では実際にどんな楽しみ方ができるのかをご紹介します。

6つの王国

ハウステンボスには、大きく分けて「花の王国」「光の王国」「ゲームの王国」「音楽とショーの王国」「健康と美の王国」「ロボットの王国」という、6つの王国があります。
「花の王国」では一年中花が152m㎡の広大な敷地に咲き誇り、「光の王国」では365日イルミネーションが輝きます。「ゲームの王国」では44種類のアトラクションがあり、全てを体験するには24時間かかるんだとか。「音楽とショーの王国」では、生の音楽と毎日ふれあえる空間や連日立ち見ができるほどの人気のハウステンボス歌劇団を鑑賞でき、「健康と美の王国」ではアトラクション感覚でうけられる健康チェックがあり、「ロボットの王国」では、世界で話題となった「変なホテル」が2016年に日本で初上陸しています。
まさに老若男女が1日いても飽きない、もはや1日では足りないほどのエンターテインメント王国なんです!

Spring has come! #ハウステンボス#huistenbosch #チューリップ#春

ハウステンボス HuisTenBoschさん(@huistenbosch_official)がシェアした投稿 -

目玉は日本一のイルミネーション

バンジーの恐怖<キレイ #ハウステンボス#huistenbosch #光の王国 #光のバンジージャンプ#イルミネーション#絶景

ハウステンボス HuisTenBoschさん(@huistenbosch_official)がシェアした投稿 -

誘ってみよう #ハウステンボス#huistenbosch #光の王国#イルミネーション#クリスマス#ホンキの愛に勇気を

ハウステンボス HuisTenBoschさん(@huistenbosch_official)がシェアした投稿 -

中でも筆者1番のオススメは、なんと言っても「光の王国」です。昼の雰囲気とはがらっと変わった夜の夜景は本当に圧巻!更にプロジェクションマッピングも加わって、現実をすっかり忘れてしまうほどの大迫力なんです。
この夜景、実は2013年に世界新三大夜景を認定する夜景鑑定士が選ぶ、全国イルミネーションランキング総合エンターテインメント部門で1位を、その認定元の夜景観光コンベンションビューローから夜景日本一の称号を、それぞれ獲得した、日本一の夜景なんですよ。

まとめ

いかがでしたか?子どもだけではなく大人も存分に楽しめるハウステンボス、今年は旅行を企画して、どうせなら2泊以上して贅沢な異国の空間をゆっくり楽しみたいですね!

INTRODUCTION of THE WRITER

hattoman311
name. hattoman311
美術品やジュエリー販売から、広告代理店でフリーペーパーの営業・ライティング・編集を経て、フリーに。アートワークセラピストとしても活動中。

RELATED

今や日本を代表するテーマパークとして確固たる地位を築いた長崎県佐世保市にある「ハウステンボス」。もしかしたら、学生時代に修学旅行でいかれた方もいらっしゃるかも知れませんが、今やその規模や見事さは当時とは比べものにならないくらいすごい事になっているんです。 今回は、一度行ったことのある方も、そうじゃない方も、是非足を運んで頂きたい「ハウステンボス」にフォーカスしました。