HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

外国製ラグジュアリー大型SUV7選

近年のSUVブームもあり、国内海外メーカー問わず多くのSUVを販売しています。各社それぞれ特徴的なマシンを開発しています。その中でも外国メーカーのラグジュアリー大型SUVをいくつか紹介していきます。

ラグジュアリー大型SUV比較

レンジローバー

レンジローバーといえば、砂漠のロールスロイスと言われているマシンです。圧倒的な走破性と快適さラグジュアリーを両立したSUVの王様のような車です。最上級モデルには、510馬力ものパワーを生み出す5リッタースーパーチャージドV8エンジンを搭載しており、どんな荒れ道でも圧倒的なパワーで走り抜けることが可能です。また、レンジローバーには、オフロードを走破するための様々なテクノロジーが搭載されているのも特徴的です。今走行している路面の状況を常にモニタリングし、エンジンやギア、ディファレンシャルからサスペンションまで、マシンのセッティングを自動的に最適化させる機能であるテレインレスポンスはもちろん装備されています。また、水の中を進むときに使えるウェイドセンシングという機能も搭載されています。ラグジュアリー性においては、MERIDIANのサウンドシステムを搭載し12機のスピーカーから高音質な音楽を楽しめたり、10.2インチの高精細スクリーンを設置することができたり、非常に快適なドライブを楽しむことができます。レンジローバーには、レヴォーグ、ヴェラール、スポーツ、レンジローバーの4モデルがあり、自分のニーズに合わせて選ぶことができます。圧倒的な走破性とレグジュアリー、快適さを求めるのであれば、レンジローバーがベストでしょう。

BMW X6m

BMW X6mは、BMWのSUVレンジの最高峰に位置するモデルです。575馬力、750Nmのトルクというレンジローバー超えのパワーを生み出すV型8気筒DOHCエンジンを搭載し、4輪駆動で圧倒的なパワーの走りが特徴的なラグジュアリーSUVです。レンジローバーがオフロードでの走りを追求していたのに対し、X6mは、サーキットでも走りを楽しむことができるマシンとなっています。流線型の美しいボディを持つX6mはスポーツSUVであると言えます。スポーツカーに搭載されているローンチコントロールも搭載されており、圧倒的な加速を実現。250kphの最高速度と0−100kphを4.2秒でこなすパフォーマンスは、下手なスーパーカーよりも高いと言えます。スポーティーでハイパフォーマンスなSUVを求めているのであれば、X6mが最良の選択肢と言えそうです。

メルセデス・ベンツ GLS

メルセデス・ベンツGLSは、メルセデス・ベンツのSUVラインナップの頂点に位置するモデルです。ダイナミックな見た目が特徴的なGLSはその名の通り、SUVのSクラスです。走破性とメルセデス・ベンツのラグジュアリーを両立させたGLSはまさにメルセデス・ベンツSUVの最高峰にふさわしいモデルとなっています。455馬力、700Nmのトルクを誇る4.7リッターV型8気筒直噴ツインターボBlue DIRECTエンジンを搭載し、圧倒的な走りを実現。AMGモデルを選択すれば、585馬力トルク760Nmの5.5リットルツインチャージドV8を選択でき、よりパワフルな走りを楽しむことができます。急勾配を下るときに一定の車速を維持するDSRという機能も搭載。ローレンジギアボックス、センターデフロックをを搭載したON&OFFロードパッケージも搭載させることができます。メルセデス・ベンツの最高峰セダンであるSクラスと同等の快適性とラグジュアリーをSUVで感じることができるのも特徴の一つです。ラグジュアリー性と快適さとパワフルなマシンに魅力を感じるのであれば、このメルセデス・ベンツGLSがおすすめです。

アウディ Q7

アウディQ7は、アウディの最高峰SUVです。圧倒的な存在感、俊敏さとパワーを併せ持つプレミアムSUVをうたっており、スポーティーな走りが魅力のアウディの技術を結集して誕生したSUVとなっています。35年の歴史を持つAudi独自のフルタイム4WDシステムであるquattroを搭載。街でもオフロードでも、どんなテレインでも適切なパワー分配をおこなうトラクションコントロールが、安全で快適、そしてダイナミックなドライブを実現しています。333馬力440Nmのトルクを生み出す3リットルV6スーパーチャージャーの3.0TFSIエンジンを搭載。レンジローバー、X6m、GLSに比べるとパワーが弱い印象がありますが、quattroが無駄なく4輪にパワーを伝達し、リアタイヤの舵も切る4輪操舵により快適なドライブをすることができます。大型SUVにも関わらない取り回し安さとオフロードでも難なく走らせることができるマシンが好みなら、このQ7は良い選択肢の一つであるといえます。

ベントレー ベンテイガ

ベントレーベンテイガが、イギリスの高級自動車メーカーであるベントレーが販売しているラグジュアリーSUVです。おそらくそのラグジュアリーさは、紹介してきたマシンのなかで最高であり、現在販売されているSUVの中でも最も優れているでしょう。ベンテイガの特徴はそのラグジュアリーだけではありません。ベントレーが培ってきた高いパフォーマンスもその一つです。今まで紹介してきたSUVの中でも最もパワフルな最大出力608PS、最大トルク900Nmを発揮する6.0リッター W12 ツインターボTSIエンジンを搭載。4.1秒で100kphに到達し301kphの最高速度を誇るベンテイガはSUVというよりスポーツカーとも言えるパフォーマンスとなっています。ベンテイガの魅力はそのパフォーマンスだけではありません。ラグジュアリーであり、上品、そして美しいインテリアは職人の手で一つ一つ作られています。キルティングが施されたシートや、選び抜かれた革、ウッドなどが素晴らしい調和を作り出しています。ベンテイガの価格は2400万円程度から2700万円以上となっています。上品でラグジュアリーなマシンを求めているのであれば、ベンテイガこそ最適なマシンです。

マセラティ レヴァンテ

マセラティレヴァンテは、マセラティ初のSUVです。イタリア製スポーツカーで知られているマセラティの生み出したこのレヴァンテは、今回紹介するマシンの中で最もスポーティーでクールなマシンと言えるかもしれません。ノーマルのレヴァンテ、レヴァンテS、そしてディーゼルエンジンを搭載したレヴァンテディーゼルの3モデルが用意されています。最もハイパフォーマンスなレヴァンテSには430馬力の3リットルツインターボV6が搭載されており、5.2秒で100kphへ到達し264kphの最高速度を誇ります。同じくスポーティーなBMW X6mよりも最高速度が速く、レヴァンテも、かなりパフォーマンスの高いマシンであることがわかります。レヴァンテのエレガンスとダイナミックさの象徴となっているマセラティ特有のグリルとトライデント。人口工学に基づいて作られており、エルメネジルド ゼニアの革を用いたシートや選ぶ抜かれたウッドパネル、Harman Kardonのサウンドシステムなどレヴァンテの乗り心地も最高のものとなっています。都会的でクール、そしてスポーティーなSUVならレヴァンテ一択です。

ポルシェ カイエンターボS

ポルシェのSUVにはマカンとカイエンがありますが、上位モデルであるカイエンの最高峰SUVがカイエンターボSです。魅力的なスポーツカーを数々生み出してきたポルシェの作るSUVも非常に高いパフォーマンスを誇っています。4.8リットルのV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、570馬力を出力しトルクは800Nm。284kphの最高速度と0−100kph加速は4.1秒。非常に高いパフォーマンスであることがわかります。これは、ベントレーベンテイガに次ぐパフォーマンスとなっています。ポルシェのモータースポーツへの参戦で培われた高い技術がインテリアにも影響を与えています。エルゴノミクスに基づいた機能的なシートを始めとするコックピットは、ラグジュアリー性とスポーティーを両立しています。もちろんオフロードでの走破性もあり、最大3種類のオフロードモードを選ぶことで険しい地形でいっそう優れたトラクションを発揮させたり、渡河深度を大きくさせたりすることができます。カイエンターボSは、スポーティーでハイパフォーマンス、オフロードでの走行も想定している人にとってベストなマシンです。バランス型のマシンといえます。

自分の好みのSUVを見つけよう!

7つの外国産メーカーのフラグシップSUVを紹介してきました。レンジローバーから始まり、ベントレーベンテイガまで、それぞれのマシンがそれぞれの個性を持ち合わせていました。レンジローバーはオフロードでガッツリ走ることができ、ベンテイガはラグジュアリー性の高さとハイパフォーマンスさが魅力的。X6mやカイエンターボSは、スポーティーな走りを追求しており、GLSとQ7はダイナミックな走りが特徴的。そしてレヴァンテは、都会的でスポーティーでクールなマシンでした。自分の好みとニーズに合ったSUVを見つけましょう!

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

近年のSUVブームもあり、国内海外メーカー問わず多くのSUVを販売しています。各社それぞれ特徴的なマシンを開発しています。その中でも外国メーカーのラグジュアリー大型SUVをいくつか紹介していきます。