HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

国産EVスーパーカーがついに販売へ ”GLM G4”

京都に本社を置く自動車メーカーである”GLM”。国産初となるEVスーパーカーの開発をするGLMは、その市販モデルである”GLM G4”をついに2019年から販売することをアナウンスしました。独特なドアや電気自動車らしいパフォーマンスなど、アメリカのテスラに挑む”GLM G4”について紹介していきます。

GLM G4

@glm_japanがシェアした投稿 -

GLM G4とは?

GLM G4は、日本の自動車ベンチャー企業である”GLM”が2019年から販売することを発表しているEVスーパーカーです。GLMは京都大学の研究室からスピンオフした京大発のベンチャー企業でこれまでに、”トミーカイラZZ”という電気自動車を発表していました。今回紹介していく”GLM G4”はGLMによる本格的なEV自動車市場への参入となり、世界中の人が注目しています。GLM G4は、クーペスタイルの4ドア4シーターで、スーパーカーとしてのスタイルを保ちつつも、4人が快適に乗ることができる設計となっています。GLMは、GLM G4の想定価格は4000万円に設定し、販売台数は1000台を目指しています。このGLM G4の一モデルだけで400億円程度の売り上げを目標に事業を展開する予定です。

GLM G4のパフォーマンス

GLM G4のパフォーマンスは、0-100km/hを3.7秒、トップスピードは250km/h、最大航続距離は400kmとなっています。GLM G4はEV車であるため、パワートレインにはもちろんモーターとバッテリーが採用されています。パワーユニットは、高効率・高出力のモーター「マルチ・サリエンシー・パワー・パッケージ」を前後に2機搭載し、最高出力540ps、最大トルク1000Nmを発揮します。その上に、前後2機のモーターがそれぞれ独立して、路面状態に応じてたタイヤの回転力を適切に制御するシステムも搭載されており、電気モーターのパワーを余すことなく4輪へと配分します。ボディはドライカーボン製で、軽量化と剛性を両立し、抜群のパワーを発揮するモーターと組み合わせ、優れたパフォーマンスを生み出します。

GLM G4のスタイル

4人がらくらく乗れる広い車内空間

@glm_japanがシェアした投稿 -

GLM G4のスタイルにおいて、特筆すべきことは、スーパーカーでありながら4人がらくらく乗車刷ることができる車内空間でしょう。4シーターのスーパーカーというと、リアシートが非常に狭く、子供ならまだしも、大人は乗れないような設計になっていることがほとんどです。しかしながら、このGLM G4は、リアシートの足元スペースもしっかりと確保されており、4人フルで乗っても快適なドライブを楽しむことができます。

アビームセイルドアという斬新なドア

@glm_japanがシェアした投稿 -

GLM G4のスタイル上で最も革新的なのは、アビームセイルドアという新しいドアでしょう。前後のドアにバタフライドアを採用し、ロールス・ロイスのような観音開きのように前後に跳ね上がることで、乗り降りする仕組みがアビームセイルドアです。車両コンセプトが”地上を走るヨット”ということで、このアビームセイルドアも、ヨットが帆を上げているように見えます。この斬新なドアは他のマシンからは見ることができず、街中でひと目を引くことは間違いありません。

国産EVスーパーカーに要注目:GLM G4

日本の京大発のベンチャー企業であるGLMによって、2019年から販売されることが決まっているマシンである”GLM G4”について紹介してきました。EVスーパーカーというジャンルにおいては、Teslaを始めとする世界中の自動車メーカーがマシンを発表しています。そんな中で、日本発のベンチャー企業によるEVスーパーカーとして”GLM G4”が発表され、市場の期待も高まっています。ライバルは多いですが、世界的なメーカーへと発展していくことを期待です。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

京都に本社を置く自動車メーカーである”GLM”。国産初となるEVスーパーカーの開発をするGLMは、その市販モデルである”GLM G4”をついに2019年から販売することをアナウンスしました。独特なドアや電気自動車らしいパフォーマンスなど、アメリカのテスラに挑む”GLM G4”について紹介していきます。