HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

国内で採れる赤い宝石! 贈答品にもおすすめの最高級トマト

つやつやで真っ赤なトマトは、生のまま食べても、焼いても炒めても、スープやソースにしてもおいしくいただける野菜です。 栄養成分を多く含む野菜としても知られているトマトが、初めて栽培されたのは16世紀以前。日本に伝来したのは江戸時代といわれていますが、トマトを食べるようになったのは明治以降のようです。 世界中で食べられているトマトは、世界単位だと、8,000を超える品種があり、日本で栽培されているものだけでも120種以上あるといわれています。 多くの品種があるトマトですが、その中でも最高級品質といわれる日本のトマトをご紹介します。

徳谷トマト

高知市の徳谷地区で作られている「徳谷トマト」は、最高級のトマトとして広く知られているトマトです。徳谷地区で栽培されていないと「徳谷トマト」と名乗ることはできない、ということからも、品質の高さがうかがえます。甘みがあり、濃い味の真っ赤なトマトは、切ってみると隙間がなく、みっちり中身がつまっているのが特徴です。高級フルーツと言っても過言ではないトマトです。

光樹とまと 超特級オーロラ

佐賀県川副町で生産されている「光樹とまと」。マルハナバチによる自然受粉をし、うま味がますようによく熟してから収穫されるトマトは、ANAのファーストクラスで提供されるなど、高い評価を得ています。大玉で、甘さ、酸味、食味のバランスがよいことで知られている光樹とまとですが、その中でも「超特級オーロラ」は、糖度と酸度が極めて高く、さらに濃い味を楽しむことができます。ごく少量しか収穫できない希少なトマトは、収穫した日に「オーロラ」があった場合のみ発送されています。

天なりトマト 星のしずく

徳島県阿波市で作られている「星のしずく」は、安心・安全にこだわり、有機肥料で育てられたトマト。減農薬なのも、うれしいポイントです。クラシックとハーブに囲まれて大切に育てられた「星のしずく」は、やさしい甘さを持ち、皮が薄くフルーティ。普通のトマトに比べて甘味と栄養価が約3倍とたっぷりつまっており、とくしま特選ブランドにも認定されています。「天成りトマト」は、「星のしずく」の中から選りすぐりのトマトが選ばれており、一日の販売数がごく少ないトマトです。

贈り物にもおすすめ

最高級トマト、いかがでしたでしょうか。さまざまな種類があるトマトですが、最高級、おいしい、といわれるには理由があります。生産者がこだわりを持ち、愛情たっぷりに育てたトマトの味をたっぷり楽しんでみてください。また、贈りものにもおすすめです。販売を開始するとすぐに売り切れてしまうものもあるので、時期になったら、こまめにチェックしてみてはいかがでしょうか。

INTRODUCTION of THE WRITER

Kinako
name. Kinako

RELATED

つやつやで真っ赤なトマトは、生のまま食べても、焼いても炒めても、スープやソースにしてもおいしくいただける野菜です。 栄養成分を多く含む野菜としても知られているトマトが、初めて栽培されたのは16世紀以前。日本に伝来したのは江戸時代といわれていますが、トマトを食べるようになったのは明治以降のようです。 世界中で食べられているトマトは、世界単位だと、8,000を超える品種があり、日本で栽培されているものだけでも120種以上あるといわれています。 多くの品種があるトマトですが、その中でも最高級品質といわれる日本のトマトをご紹介します。