HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

北欧ブランドヒストリー「ヘリーハンセン」〜水と共に生きる140年〜

アウトドアブランドをタウンユースに使っている方は多いと思います。ザ・ノースフェイスやグレゴリー、コールマンなど山系のメーカーのブランドは丈夫につくられていて長く安心して使えます。ヘリーハンセン(HELLY HANSEN)もアウトドアブランドですが、主に海で使用することを考えて作られています。特に防水性能をもたせた服には定評があり、他のアウトドアメーカーとは一線を画しています。2017年で創業140年を迎えたヘリーハンセンの魅力にせまってみました。

始まりは創業者ヘリー・J・ハンセンが作った小さな工業

ヘリーハンセンのスタートは、1877年ノルウェーのモスに創業者ヘリー・J・ハンセンが作った小さな工場でした。
ノルウェーの商船隊の船長を引退したヘリー・J・ハンセンは、この工場で当時の船乗りたちを雪、雨、寒さなどから守るための防水性の高いウェアを開発することに成功しました。

1878年にパリ万国博覧会に防水衣料のコレクションを出展し、最優秀賞を受賞しました。キャンバス地に亜麻仁油を染み込ませ、特殊加工した防水コートは当時としては非常に防水性能が高く話題となりました。

1879年には防水性の高い消化バケツの製造を開始しました。このバケツは防水ウェアと同じようにキャンバス地にオイルを塗ったもので、当時は海から汲み上げた水をバケツで火元まで運んでいたので、大変重宝されました。

そして1924年、ヘリーハンセンの商品の代名詞とも言えるリノックス(lINOX)の開発に成功しました。防水性に優れ美しい光沢を放つ生地は人気となり、ベストセラー商品になりました。

1932年、防水キャンバスでコルクとカポックを覆ったライフジャケットを開発し、ノルウェー海軍に供給しました。安全・快適なこの商品のおかげでヘリーハンセンの名はいっきに国内外へと広まりました。

1949年には軽量の防水素材ヘロックス(HELOX)を開発しました。この素材はPVCの極薄シートを布に縫いつけ軽量化していて、ヘロックスのレインコートは当時の必需品と言われるほどになりました。

1961年にはファイバーパイルを開発。この素材は保温性能に優れていて、フリースの祖先のような商品になりました。

1979年、ポリプロピレン製スポーツアンダーウェアLIFA®を開発しました。この商品を開発できたことで服のレイヤリング構造の基本要素がそろいました。

1980年には、防水・透湿素材ヘリーテック®を開発し、その素材を使ったアウタージャケットを作りました。汗などによるムレを防ぐことができるこのジャケットは非常に評判になりました。

1986年、3レイヤーシステムを発表しました。
「ベースレイヤー」「サーマルレイヤー」「プロテクティブレイヤー」効果的に重ね着する3レイヤー・システムを発表しました。

その後、数々のスポーツシーンで選手たちをサポートし、現在のヘリーハンセンに繋がっています。

140周年記念モデル「140th Ocean Frey 3way Jacket」

ヘリーハンセンの140周年を記念して発売されたモデルがこの「140th Ocean Frey 3way Jacket」です。防水・透湿素材ヘリーテック®と保温素材ファイバーパイルを組み合わせたジャケットはヘリーハンセンの現時点の最高進化形態ともいえます。

体温を奪う原因となる風雨やスプレーから首まわりを守る、高めに設計された衿はフードが収納できるビルトイン仕様。フードはブランドのアイコンでもあるフラッシュイエローで仕上げ、デッキ上や海上でも視認性を高めます。

ブランドカラーに彩られたフードは、使用しないときには高めに作られた衿に収納できます。収納するとブラック一色のクールなジャケットに。HHの銀色ロゴがジャケットのデザインを引き締める要素になっています。

もちろん、フードを被れば船上ではっきりと目立つので、自分の安全を確保できます。

ジャケットは2重構造になっています。外側が防水・透湿素材ヘリーテック、内側がフリースの原型になった保温素材ファイバーパイル。内側のファイバーパイルは取り外しが可能なので、3種類の着方ができます。外側のヘリーテックのみ、内側のファイバーパイルのみ、組み合わせの状態、この3種類を使い分けることで、様々な気候条件に対応できるのです。

機能性とデザインの融合!コラボレートモデル

TSUMORI CHISATOコラボ

ヘリーハンセンは新しい試みとして、コラボレートモデルも発表しています。

津森千里氏の人気ブランド「TSUMORI CHISATO」とのコラボモデルはファイバーパイルのジャケットやコートに多色使いのボアやヒョウ柄、パッチワークなどがあしらわれ、いままでの質実剛健ともいえるハリーハンセンのアウターを別次元へ引き上げています。

TCファイバーパイルコート
WS-TSU001(TC81-JA087)
65,000円(税抜)

TCファイバーパイルジャケット
WS-TSU002(TC81-JC088)
65,000円(税抜)

「TCファイバーパイルジャケット」
WS-TSU003(TC81-JC111)
59,000円(税抜)

Yogee New Wavesコラボ

140周年記念として「BE WITH WATER/“水”と共に生きる」をテーマにして、人気バンドYogee New Wavesともコラボしました。水の歌詞が歌われているYogee New Wavesの2ndアルバム「WAVES」にちなんで、青い波をイメージしています。ヘリーハンセンらしく優れた防水透湿性もちゃんと備わっています。

Yogee New Waves× HELLY HANSEN Sweat
12,000円(税別)

雨がふっていても、風が強くても、どんなところでも音楽が楽しめるようなフーデッドパーカーです。BE WITH WATERのテーマがよく現れた服です。Yogee New Wavesの感性とヘリーハンセンの防水性能の融合が美しく結晶しました。

Yogee New Waves×HELLY HANSEN Jacket
22,000円(税別)

若者から年配者まで世代を越えて受け継がれるヘリーハンセン

ヘリーハンセンのアイテムは世代を選びません。若者から年配者まで世代を越えて着こなせるアイテムを作り続けています。セイリングなどのスポーツシーンではもちろん、タウン着としてもおしゃれに着こなせます。レイヤリングとフリースのベースを築いた現代アウトドアの元祖ヘリーハンセン、これからも新しい機能を開発し、時代の先端を走っていくことでしょう。期待を持って見守っていきたい北欧ブランドです。

ヘリーハンセンHP
http://www.goldwin.co.jp/hellyhansen/

INTRODUCTION of THE WRITER

nac
name. nac

RELATED

アウトドアブランドをタウンユースに使っている方は多いと思います。ザ・ノースフェイスやグレゴリー、コールマンなど山系のメーカーのブランドは丈夫につくられていて長く安心して使えます。ヘリーハンセン(HELLY HANSEN)もアウトドアブランドですが、主に海で使用することを考えて作られています。特に防水性能をもたせた服には定評があり、他のアウトドアメーカーとは一線を画しています。2017年で創業140年を迎えたヘリーハンセンの魅力にせまってみました。