HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

割れた陶器、ガラスは金継ぎでハイカルチャーな外見に蘇る

大事にしている陶器またはガラス製品が壊れてしまった経験がある人も無い人も、今後そんな目に遭った時は「金継ぎ(きんつぎ)」をすれば以前よりも品が出て、愛着がもっと湧くかもしれません。銀、銅でも繕えますが、今回はラグジュアリーな金にのみ絞ってみました。

新たな輝きを挿し込む日本の伝統「金継ぎ」

形ある物はいつか壊れゆく運命にあります。しかし、所有する人にとっては思い出に残る記念品であったり、長年使い続けてきたかけがえのない親友のような存在です。器と密接な関係にある茶道の心を原点に始まった日本古来の金継ぎはひび割れ、欠け、バラバラに割れてしまった破片を漆で接着し、金粉でより美しく仕上げ、あなたの心も一緒に修復してくれることでしょう。
「欠けた部分がバラバラに砕けてしまった」という人の場合は別の修復方法があります。後ほど下記の一覧でご紹介しますので、そちらを参考にしてください。

数種類の彩り豊かな野菜を使った料理を乗せるだけでも鮮やかで食欲をそそりますが、器の端に金が添えてあると全体の見映えが良くなります。特に黒系の陶器は金がよく映える色です。
注意を1つ挙げるなら、調理器具として金継ぎした物を使う場合、直火、レンジ、オーブンは再度ひび割れを起こす心配があり、プロに修復を頼んでもこればかりはどうしようもないのでご了承ください。
キッチンでの使い道を無くした物はアート作品にして飾る人も居ます。

修復の形は多岐に渡る~金継ぎを施した見本一覧~

光の粒を落とす

陶器同士がぶつかったり不注意で床などに落として縁が欠けてしまった場合、そこにだけ金継ぎをするとラグジュアリーな輝きがほんの僅かに加わるだけなので嫌味がありません。

複数の小さな別素材でカラフルに

東京とニューヨークを中心に活動している鴨下知美は、陶器の破片とガラスの破片を金継ぎで繋ぎ合わせ、箸置きに作り替えました。海外のサイトで紹介された時ネットでは「amazing!」「cool」など絶賛する声が上がり、彼女のセンスに触発された人も。
ほとんど使い物にならない状態でも、このように生まれ変わることが出来るのも金継ぎならではです。

柄物×単色のコンビネーション

こちらも鴨下知美の作品です。真っ二つに割れてしまった柄物の陶器と単色の陶器を金継ぎする「呼び継ぎ」という方法で修復し、他には売っていないオリジナリティのある1つの陶器に生まれ変わりました。

透明なグラスがラグジュアリーに変身

破片と割れた断面の全てを黒漆で覆ってから継ぎ合わせ、
全面に金を蒔きました。

繋ぎ目だけ金継ぎする以外に、破片全体を金にする方法もあります。

絵を描き足す蒔絵直し

(1)破片を金継ぎ(2)呼び継ぎ(3)漆で破片を作って色塗り。このいずれかをした上に、絵を描き足す方法が蒔絵直しです。唐草、波、花、流線などを描いて一部分に特徴を持たせ、新たな風情がそこに宿ります。

金継ぎは位が高い人物の趣味だった

金継ぎは大名といった位の高い人物たちが好んだ趣味の1つでした。チャレンジしてみたい人は教室に通うか、道具を揃えて自分で修復することも出来ます。手のかぶれに気を付けながら楽しんでみてください。

INTRODUCTION of THE WRITER

rensui510
name. rensui510
ドビュッシー『月の光』が好きです。ピカソに習い、小鳥の鳴き声やカエル1匹にも自然の美を見出すことを心掛けています。

RELATED

大事にしている陶器またはガラス製品が壊れてしまった経験がある人も無い人も、今後そんな目に遭った時は「金継ぎ(きんつぎ)」をすれば以前よりも品が出て、愛着がもっと湧くかもしれません。銀、銅でも繕えますが、今回はラグジュアリーな金にのみ絞ってみました。