HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

前衛的なキモノで人気上昇!JOTARO SAITOワールドへの誘い

「着物をもっと日常に」というコンセプトからユニークな素材の着物や斬新なデザインを生み出すキモノデザイナーがいます。京都出身の斉藤上太郎氏です。GINZA SIXに旗艦店をオープンさせたJOTARO SAITOワールドをお楽しみください。

JOTARO SAITOブランドの特徴

JOTARO SAITOデザイナー 斉藤上太郎氏

その名の通り、斉藤上太郎氏の製作するブランドです。祖父が染色作家、父が現代キモノ作家の家に生まれ、近代染色作家の血をしっかりと受け継いで上太郎氏は27歳という最年少でキモノ作家としてデビューします。

一番人気は「ジャージ着物」

「着物は特別感があって、堅苦しいもの」や「着心地の悪いもの」というマイナスのイメージを払拭するような、軽い着物や洋服のような着心地の着物があります。現代キモノ作家の父が考案した「ジャージ着物」です。種類やデザインを増やしたのが上太郎氏です。

着心地重視の「ジャージ着物」はJOTARO SAITOブランドの中でも一番人気があります。ジャージの特徴である適度なストレッチが効いた着心地で、他のブランドでは実現できなかった質感が人気の理由です。

しかも、見た目は絹のような光沢感があるので、チープな印象にはならないところがJOTARO SAITOブランドならではの仕上がりです。着物は手入れが大変という印象もありますが、このジャージ着物は簡単です。ドライクリーニングがおすすめですが、素材によっては自宅で洗濯可能なのです。着物を日常的に着る方には動きやすさと手入れのしやすさという点でおすすめしたいです。

女性に人気の「デニム着物」

デニム着物は現在、たくさんあります。しかし、第一人者は上太郎氏の父です。デニム着物にも他のブランドにはないこだわりポイントがあります。

一つは素材。世界最高峰のデニムの産地の生地を使い、デニム好きも納得する本格的な素材から仕立てています。デニムらしい「リベット」をつけながらも、着物らしさを損なわないクラシカルなデザインを取り入れています。

もう一つは色落ちを楽しめます。デニムは使用すればするほど色落ちし、味がでます。このデニム着物も同様に色落ちを楽しめます。元々作業着として考案された着物なので、丈夫です。実際に100回以上着用しても、問題がない着物もあります。

さらにデザインにもこだわっています。元々のデニム好きには「プレーン」の無地、個性を出したい方には「柄あり」も人気です。

一点限定モデル 手描き京友禅「半面子持ち縞に花の群れ」

GINZA SIX開店を記念して斉藤上太郎氏が製作した着物に「半面子持ち縞に花の群れ」というものがあります。黒をベースにして縞模様と洋風の花を描いた一点ものの手描き京友禅です。裾が広がっており、ドレスのような形に仕上がっています。

手描き京友禅の魅力

京友禅なら全て手描きなのか、というとそうではありません。現代では型紙と色糊を用いて染める手法「型友禅」が多く、一から筆で描く「手描き友禅」は希少品です。手描き友禅の工程ごとに専門の職人がいて、分担して作業が行われます。伝統的な手法を受け継いだ職人の熟練の技が共鳴し、美しい手描き友禅が完成します。

手描き友禅を製作できる職人が毎年減っており、手描き友禅はますます価値の高いものとして、着物ファンの間では人気があります。

子持ち縞とは

読み方は「こもちじま」で、縞模様の種類の一つです。太い縞に細い縞を並べて構成されているのが特徴です。太い縞と細い縞とが親子のように寄り添っていることから、子持ち縞と呼ばれるようになりました。

オリジナルカフェやインテリアデザインもJOTARO SAITO色

斉藤上太郎氏の新たな試みとしてオリジナルカフェをオープンしました。これまでも一流ホテルのインテリアに素材提供しており、着物だけには留まらないJOTARO SAITOワールドを堪能できます。

スイーツ&カフェ GINZA SIX店

GINZA SIXには着物や和小物の売り場の横にカフェが併設されています。カフェを出店するのは初の試み!ここではオリジナルスイーツを楽しむことができます。

メニューは季節に応じて変わります。季節ごとの旬の果物を使った「スイーツディッシュ」や季節感を大切にした限定パフェ、最新着物コレクションのイメージをスイーツで表現した「コレクション」など個性的なスイーツが味わえます。

また、ショーケースで目を引くスイーツが「アイスバー」です。上太郎氏が京都本社の染工場の一角にアイスバーの工場を作り、味をプロデュースしています。常時14種類のフレーバーに加えて、季節ごとのフレーバーも出る予定です。

ホテルインテリア

これまでに素材提供したホテルは3つあります。

・グランドプリンスホテル新高輪
・ザ・リッツ・カールトン京都
・ザ・リッツ・カールトン東京

エントランスやスイートルームの壁、パーテンションなど様々な場所でJOTARO SAITOワールドを感じることができます。金や黒を貴重としたゴージャスでシックな空間に宿泊客は癒されることでしょう。

GAGA様の艶やかな着物姿

JOTARO SAITOの着物をレディー・ガガさんも衣装で着ていました。淡い桃色の可愛らしく艶やかな着物姿も素敵です。

JOTARO SAITOブランドの着物を着てみたくなった人も多いのでは?JOTARO SAITOブランドは着物から和小物まで取り扱っています。お友達やカップル、家族で、オシャレな着物に包まれて、街歩きをするのもきっと楽しいですよ。

JOTARO SAITO GINZA SIX店
住所:〒104-0061
   東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 4F
TEL:03-6263-9909(キモノ) 03-6263-9961(カフェ)

オンラインサイト http://www.jotaro.net/webshop/

INTRODUCTION of THE WRITER

alice
name. alice
ライターとして「ウェディング」や「ビジネスマナー」の執筆をしています。歴史、お城巡り好きが高じて、城郭検定2級を取得。海外旅行や料理、映画鑑賞なども好きです。

ラジオのリポーター、パーソナリティー、司会、社長秘書などこれまでの様々な仕事経験を生かして、読者の役に立つ記事を書いていきたいです。

RELATED

「着物をもっと日常に」というコンセプトからユニークな素材の着物や斬新なデザインを生み出すキモノデザイナーがいます。京都出身の斉藤上太郎氏です。GINZA SIXに旗艦店をオープンさせたJOTARO SAITOワールドをお楽しみください。