HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

凛とひたむきに美人画を描きつづけたー上村松園ー

上村松園、彼女の描く美人画は、どれも凛として気品に満ちています。美しい絵画とは反対に彼女の生きた時代は、あまりにも偏見に満ちていました。今回は、上村松園の生き方と作品をご紹介します。

上村松園の生い立ちーShoen Uemura Early Lifeー

この作品は、1929年(昭和4年)に描かれた「蛍」です。ー夏の夕暮れ美しい若妻が、蚊帳を吊りかけていると、涼風が吹き1羽の蛍が、飛び込んできて彼女の視線は、蛍に注がれているーといった感じでしょうか?彼女の作品は、艶やかで透明感があり、そして繊細です。

松園の描いた美人画は、現代も生き続け、また世界からも注目されています。
当時彼女の生きた人生は、決して順風満帆ではありませんでした。

上村松園は、本名を上村津禰(つね)と言い1875年(明治8年)4月23日京都の下京区に生まれました。父親は、彼女が生まれる2ヶ月前に亡くなっていました。一家の大黒柱を失い、茶屋の商売を切り盛りしながら、女手一つで松園の母親は、二人の娘を育てます。(松園と松園の姉)

幼いころから、絵を描くことが得意だった彼女は、小学校を卒業すると日本画の道を歩み、尊敬する師匠鈴木松年の内弟子として修業します。そしてめきめきと腕をあげてゆき、1888年(明治21年)彼女は、「松園」の号を与えられます。

今の時代では、とても考えられないことですが、明治の世は「女は嫁に行き家を守ることが最上の美徳」とされていました。女性が教育を受けたり、絵を習うことは、非難中傷の的でした。
母子共に周囲の親戚から猛反対され続けながら、松園は幼くして自らの道を歩み、又母親は、彼女の天性を見抜き支えてゆきます。この親子の生き方は、その後松園の作品に大きく反映してゆきます。

誹謗中傷の嵐ー鋼の如く生きるー

1890年(明治23年)松園が15歳の時、第三回内国勧業博覧会に出品した「四季美人図」が、
一等褒状を受賞し、来日中の英国大使が、その絵を購入したことがきっかけとなり、世間から密かに
注目されるようになります。

松園が20歳の時、京都画壇の竹内栖鳳に弟子入りをします。そして27歳で、子を授かり彼女は、
未婚の母の道を選びます。子の父親は、最初の師匠(松年)と噂され、世間の冷たい目に晒されても毅然と一人で、子供を育てながら生計を立ててゆきます。

生活は苦しかったけれど彼女は、朝早くから絵筆を握り、一日も怠ることなく、各地で開催される展覧会や博覧会に出品し、松園の美人画は、高く評価され益々精彩を放っていきます。
彼女の描画が有名になるにつれて、ライバルの男性画家達は、激しい嫉妬と憎しみの心をあらわにし、松園を誹謗中傷の的にして嫌がらせをしたそうです。

彼女は、鋼のような精神力で、非難されても耐え続け、ただひたすら絵筆を握り締めて画を描き続けることに専念した受難の時期でありました。

スランプから生まれた代表作ー焔(ほのお)Flamesー

女性蔑視という社会の偏見に対し、敢然と立ち向かい女性画家として戦っていた松園でしたが、40代に入ってから、スランプに陥るほどの大失恋を経験します。その心境を描き上げた作品が、彼女の代表作となる「焔(ほのお)」です。そして皮肉なことにこの作品が、世間から更に評価を高めていきます。1918年(大正8年)松園が43歳の時でした。

彼女の描いてきた美人画は、どれも凛として気品があり、格調が髙かったのに対し、この絵は、女の情念の凄まじさを捉えています。「源氏物語」光源氏の正妻葵上(あおいのうえ)に、嫉妬の焔に業火され愛憎の生霊と成り果てた六条御息所の姿を見事に描きあげています。ー心の内面では、どす黒い焔が沸々と燃え滾り、もはや制御することが出来ないーというような迫力がじわじわと伝わってきます。

どうして、このような凄艶な絵をかいたか私自身でもあとで不思議に思ったくらいですが、あの頃は私の芸術の上にもスランプが来て、どうにも切り抜けられない苦しみをああいう画材にもとめて、それに一念をぶちこんだのでありましょう。

松園を支えた母の死

1934年(昭和9年)松園をずっと影で支えてくれた母が亡くなります。彼女は、著書「青眉抄」の中で、母を追憶して述べています。

私は母のおかげで、生活の苦労を感じずに絵を生命とも杖ともして、それと闘えたのであった。私を生んだ母は、私の芸術までも生んでくれたのである

ー母子(Mother and Child)ー
この作品は、松園が孫を授かり、最愛の母を亡くした時に描かれました。
愛情を注ぐ眼差し、大事そうに幼子を抱える母親の満ち足りた幸福と優しさが、伝わってきます。
他にも「青眉」「夕暮れ」「晩秋」と亡き母を偲び、若き日の母の姿と若き日の自分を重ねて描かれた情味溢れる素晴らしい作品集があります。

絶大なる代表作ー序の舞 Noh Dance Preludeー

1936年(昭和11年)松園は、代表作「序の舞」を完成させます。この作品は、松園の息子の嫁をモデルにしたと言われています。様々な苦悩と闘いながら克服して描きたかったものは、理想の女性像でした。

ー情熱を心の奥に秘めながら、朱に染まった着物を着て、舞を踊る。動から静に移った瞬間、指し延ばした扇の先を只真っ直ぐに、凛として見つめるー

「何ものにも犯されない、女性の内に潜む強い意志をこの絵に表現したかった。一点の卑俗なところもなく、清澄な感じのする香高い珠玉のような絵こそ、私の念願するものなのです」と松園は語っています。

1948年(昭和23年)松園は、女性として初の文化勲章を受章します。そしてその翌年に逝去
松園は74年の人生を閉じます。

上村松園の作品ー只今開催中!美術館ー

美人画の系譜 江戸時代から近代まで 春章・歌麿・松園・深水を中心に
2017.6.9(金)-2017.7.18(火)

アクセス
MOA美術館 〒413-0006 静岡県 熱海市 桃山町26-2 TEL 0557-84-2511
開館時間 9:30-16:30 休館日 木曜日

上村松園・松篁・淳之展 ~三代にみる日本画百年の流れ~
2017.3.22(水)ー2017.6.25(日)

アクセス
松伯美術館 〒631-0004 奈良市 登美ヶ丘2-1-4 TEL 0742-41-6666
開館時間 10:00-17:00 休館日 月曜日

おわりに

如何でしたか?明治・大正・昭和と3つの時代を波瀾万丈に生きた女性画家上村松園の人生と作品をご紹介させていただきました。
梅雨のうっとおしい時期ではありますが、お時間がございましたら、美人画鑑賞に、美術館へお出かけして気分転換なさってみてください。

INTRODUCTION of THE WRITER

ryouka
name. ryouka

RELATED

上村松園、彼女の描く美人画は、どれも凛として気品に満ちています。美しい絵画とは反対に彼女の生きた時代は、あまりにも偏見に満ちていました。今回は、上村松園の生き方と作品をご紹介します。