HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

優雅に休日を過ごしたい方にオススメ!ヨーロッパの超高級ホテル特集

ヨーロッパには泊まるのに10万近くはかかるような高級ホテルがたくさん存在します。ここでは、そんな10万近くから20万以上はかかる超豪華な高級ホテルを紹介しましょう!!

ヨーロッパの高級ホテルまとめ

カティキエス (Katikies Hotel)

ギリシャにあるエーゲ海に囲まれたサントリーニ島の高級リゾートホテルです。サントリーニ島は昔から人々を魅了してきた歴史があります。洞窟のようなつくりとなっております。バルコニーからはエーゲ海を一望できるという贅沢な体験ができます。値段は普通のダブルルームだと約12万円、ハネムーンスイート屋外ジェットタブ付だと約20万円です。

ル ムーリス パリ (Le Meurice)

@traveltomaxがシェアした投稿 -

コンコルド広場やオルセー美術館から徒歩圏内で行ける宮殿ホテルです。パリの宮殿ホテルの中で最も古い歴史を持っています。ルイ16世たちが幽閉されていたチュイルリー宮殿の真横に建てられました。

創業者はシャルル・オーギュスタン・ムーリスです。白を基調としたカラーリングで上品な空間になっています。スーペリアルームなら10万円、エグゼクティブスイートルームなら20万円です。ちなみにムーリスはレストランも素晴らしく、なんと3つ星!!しかもランチが70ユーロで食べることができるのです。

パリ市内で3つ星レストランの料理が70ユーロで食べられるなんて他にありませんよ。

ザ サヴォイ フェアモント マネージド ホテル (The Savoy, A Fairmont Managed Hotel)

そんな歴史があるサボイですが、2010年10月にリニューアルオープンし、大々的なセレモニーを行いました。館内はモノトーンの格子柄大理石のフロアとなっており、漂う雰囲気も往年のまま蘇っていたのです。ドアマンやオールマイティのコンシェルジュなど、全てが特別感に満ちたような体験ができます。

キングサイズベッド1台のルームなら7~8万円、デラックススイートリバービュールームなら15万円です。

1890年にサボイ劇場の主であるドイリー・カルデが開業しました。しかし、経営は不振でした。そんな窮地を救ったのがセザール・リッツと料理人のオーギュスト・エスコフィエだったのです。

クラリッジス (Claridge's)

オープンは1817年です。今まで世界各国のロイヤリティが長期で滞在していて、別名バッキンガム別館とも言われています。このホテルには第二次世界大戦の時、旧ユーゴスラビアから亡命したペータル2世の王子アレキサンダーがここで生まれたという歴史的なエピソードがあります。

ブルック通りに建てられたこのホテルに見学に訪れる観光客がとても多く、ロビーは少しざわついた雰囲気です。しかし、客室エリアはとても静かで落ち着いた空間となっております。ちなみにクラリッジスには、レストランやバーなどの名店もあります。アフタヌーンティーが有名なのでぜひどうぞ。

値段はスーペリアルームなら6万5千円、デラックスルームなら7万6千円です。

パーク ハイアット ミラノ (Park Hyatt Milan)

超人気都市ミラノにあるホテルがパークハイアット ミラノです。以前は銀行だった18世紀に築かれた宮殿を改装したものとなります。ロビーのガラス張りから降り注がれる日差しは心を落ち着かせてくれるでしょう。このホテルを建てたのはエドワード・タートルというアメリカ人建築家です。

このホテルの見どころはバスルームで、面積が広く、ガラスや大理石がピカピカです。ちなみにホテルに24時間待機しているクレドールコンシェルジュに相談をすると、スカラ座の入手困難なチケットや、教会の見学などを鮮やかに解決してくれます。値段はパーククイーンルームは6万円、パークエグゼクティブスイートルームは14万4千円になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?どれも最高の特別感を感じられる素晴らしいホテルばかりです。気になった方は足を運んでみてください。

INTRODUCTION of THE WRITER

tamagohann
name. tamagohann

RELATED

ヨーロッパには泊まるのに10万近くはかかるような高級ホテルがたくさん存在します。ここでは、そんな10万近くから20万以上はかかる超豪華な高級ホテルを紹介しましょう!!