HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

個人型確定拠出年金「iDeCo」とは?

超高齢化社会に到達し、老年者が増え続けている日本。リタイアした人々を支える年金も多様化しています。今回紹介する個人型確定拠出年金、通称iDeCoもその一つです。画像:https://www.photo-ac.com/main/detail/650698?title=ライフプランニング6お金&selected_size=m

iDeco

個人型確定拠出年金”iDeCo”とは?

個人型確定拠出年金、通称iDeCoは、確定拠出年金法に基づいて実施されている私的年金の制度です。もともと個人型確定拠出年金制度はありましたが、2017年度より名称をiDeCoと変え、新たな仕組みとともに誕生しました。iDeCoへの加入は強制されているものではなく、厚生年金や国民年金に加えて、自分で申し込み、掛金を拠出し、自分で運用方法を選ぶことで、掛金とその運用益との合計額をベースとした金額の給付を受けることができるようになります。

もともとの個人型確定拠出年金には、自営業者などや企業年金に加入していない会社員のみが加入することのできる年金制度でしたが、2017年より、企業年金に加入している会社員や公務員、さらには主婦なども加入できるようになりました。

iDeCoの税制優遇

個人型確定拠出年金iDeCoには、3つの税制面での優遇があります。

一つ目の税制優遇は、掛け金に税金がかからないということです。掛け金が全額控除となることで、掛け金の分の住民税と所得税が控除となり、例えば、毎月の掛金が1万円で、その全額が税額軽減の対象となる場合、所得税が10%、住民税が10%なら年間2.4万円、の節税になるということです。

二つ目の税制優遇は、運用益にも非課税であるということです。iDeCoでは掛け金を運用するため、そこで生まれた利益は非課税で再投資されます。

三つ目の税制優遇は、年金受給年度になったときに、受け取る額にも控除が受けられるということです。iDeCoは年金としてか、一時金として受け取ることができます。その際。iDeCoの老齢給付金を一時金として受け取る場合は「退職所得控除」、年金として受け取る場合は「公的年金等控除」という大きな控除が受けられます。

iDeCoの仕組み

iDeCoは、自分が拠出した掛金を、自分で運用することによって、資産形成を目指す年金制度となっています。まずは、自分で掛け金を拠出します。月額5000円以上で1000円単位で掛け金を拠出することができます。この金額には上限が定められており、
公務員:月1万2000円
会社員(企業年金あり):月1万2000円・2万円
会社員(企業年金なし):月2万3000円
専業主婦(夫):月2万3000円
自営業:月6万8000円
となっています。
年1回は金額の変更が認められており、掛け金拠出はいつでもやめることができます。
掛け金を拠出したら、自分が選択した金融機関における金融商品(定期預金、投信、保険商品)などを通して運用します。そして受給です。加入年月により受給開始年が変わります。
10年以上:満60歳
8年以上10年未満:満61歳
6年以上8年未満:満62歳
4年以上6年未満:満63歳
2年以上4年未満:満64歳
1ヶ月以上2年未満:満65歳
です。

給付方法は、「老齢給付金」「障害給付金」「死亡一時金」の三つからとなります。

iDeCoの加入資格

iDeCoには、日本国内に居住している20歳以上60歳未満の自営業者、フリーランス、学生など国民年金の第1号被保険者、60歳未満の厚生年金の被保険者(サラリーマン、公務員)の国民年金の第2号被保険者、20歳以上60歳未満の厚生年金に加入している方の被扶養配偶者の国民年金の第3号被保険者のみが加入することができます。ただし、農業者年金の被保険者と勤め先の企業で、企業型確定拠出年金に加入している方は加入することができません。(要確認)

iDeCoで節税+老後を充実

個人型確定拠出年金であるiDeCoについて紹介してきました。iDeCoで運用することによって節税効果を見込める上に、老後の年金にプラスさせることができます。メリットも多いiDeCoで節税して、老後を充実させましょう。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

超高齢化社会に到達し、老年者が増え続けている日本。リタイアした人々を支える年金も多様化しています。今回紹介する個人型確定拠出年金、通称iDeCoもその一つです。画像:https://www.photo-ac.com/main/detail/650698?title=ライフプランニング6お金&selected_size=m