HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

伝説のランボルギーニ! ミウラとは?

伝説のランボルギーニであるミウラをご存知でしょうか?非常に美しいインテリアと高いパフォーマンスを誇るミウラの魅力に迫ります。

ランボルギーニ・ミウラ

ミウラとは?

ランボルギーニ・ミウラはランボルギーニが開発製造した初の2シーターミッドシップスポーツカーです。ミッドシップの元祖と言えるマシンとなっています。ランボルギーニは、開発したマシンに必ず実在した闘牛や、それに関連した名前をつけることで知られています。このミウラも例に漏れず、スペイン最古にして最も名高い伝説的な闘牛牧場から名前がつけられています。このミウラは正面から見ると闘牛のような見た目をしているのも特徴的です。ミウラは、1966年から製造販売が開始し、1973年の販売終了までに約750台が販売されました。ランボルギーニの設立が1963年であるので、設立から3年で製造を開始したことになります。

ミウラのモデル

TP400

ミウラはもともとシャーシだけのモデルとして世に出されました。このシャーシだけのモデルをTP400といいます。モナコの駐車場に置かれていたTP400は、シャーシとエンジンだけにも関わらず大きな注目を集めました。なぜなら、当時のスポーツカーはFRが主流であったのにも関わらず、ミウラはミッドシップレイアウトであったからです。

P400

1966年のジュネーブモーターショーで正式にミウラはデビューしました。ランボルギーニがシャーシの改良を重ね、カロッツェリアでもあったベルトーネがボディのデザインを任されました。市販車として製造されていなかったミウラは、エレガントなエクステリアにも関わらず、かなりどう猛な闘牛でした。そのためミウラの当初の完成度はあまり高くありませんでした、そのため、1967年に完成した第一号も高速走行時のフロントの安定感に欠け、さらに、コーナーでは急激なリバースステアになってしまうという荒々しさを持っていました。350馬力を生み出す4リットルのV型12気筒エンジンで、980kgという軽量なボディを持ち、最高速度は293km/hにも到達しました。このP400は1967年に約110台を生産販売し、1969年までに475台が生産されました。

P400S

顧客の強い要望により急ぎ足で製造販売することになったP400でしたが、それが理由でいくつかの難点を抱えていました。それを改良したのがこのP400Sです。1968年に登場したこのP400Sはエンジンに改良が加えられ、4リットルのV型12気筒エンジンは変わらず、出力が370馬力まで引き上げられました。車両重量が200kg増加したため、最高速度は280kphに下がっています。エンジンを強化したことにより、熱問題にドライバーは今まで以上に悩まされることになったと言われています。140台が生産されました。

P400SV

1971年にジュネーブモーターショーで発表されたモデルがP400SVです。385馬力まで出力が引き上げられ、1966年のミウラの登場から数々の改良が重ねられ誕生しました。このP400SVこそミウラの完成形であると言えます。P400Sに比べ、車両重量が1305kgに増加しましたが、最高速度は285kphに達します。150台が生産されたこのP400SVはあのフランクシナトラやマイルスデイビスも保有していると言われています。

イオタ

ミウラの中でも非常に希少なマシンがイオタを含むミウラSVJです。スペイン語で「J」にあたるアルファベットの発音が「イオタ」であるため、イオタと呼ばれています。イオタは水冷V12エンジンを搭載し、440馬力を生み出しました。オリジナルのイオタは高速道路にて高速テスト中に横転、炎上し、修復不可能になってしまいました。イオタの評判を聞いた数人の顧客が自分のミウラをイオタに改造してほしいと依頼して誕生したのがミウラSVJです。5台のみ製造されました。2015年には一台のミウラSVJがオークションに出品され、$1,897,500、日本円で約2億円で落札されました。

ランボルギーニの原点とも言えるマシン、それがミウラ

ランボルギーニの名車であるミウラについて紹介してきました。ミウラはランボルギーニの原点、現代のミッドシップマシンの原点とも言える非常に優れたマシンであるということが、わかっていただけたと思います。クラシックカーファンにとっても非常にレアなマシンであるとともに、近年のクラシックカーに対する投資ブームなどにより、かなり入手するのが難しくなっています。そんなランボルギーニの原点とも言えるミウラは非常に魅力的なマシンであり、一度は乗って見たいマシンとなっています。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

伝説のランボルギーニであるミウラをご存知でしょうか?非常に美しいインテリアと高いパフォーマンスを誇るミウラの魅力に迫ります。