HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

伝説のフィアットコンセプト ”フィアット・アバルト 2000 スコルピオーネ”

2017.12.06
名称未設定 1

イタリアの自動車メーカーである”Fiat”とそのパフォーマンス部門である”Abarth(アバルト)”。Fiat500などの小型車の印象が強いメーカーですが、1969年にピニンファリーナによって発表されたコンセプトカーである”フィアット・アバルト 2000 スコルピオーネ”は一味違います。フィアット・アバルト 2000 スコルピオーネはFiatのスーパーカーとしてお披露目されたのです。そんな”フィアット・アバルト 2000 スコルピオーネ”について紹介していきます。

フィアット・アバルト 2000 スコルピオーネ

@automobileconceptsがシェアした投稿 -

フィアット・アバルト 2000 スコルピオーネとは?

フィアット・アバルト 2000 スコルピオーネは、イタリアの自動車メーカーであり、数多くの自動車メーカーを傘下に収めるFiat (フィアット)がそのパフォーマンス・ディビジョンである”Abarth(アバルト)”の名の元、1969年に発表したワンオフコンセプトカーです。1969年のブリュッセル・モーターショーでデビューしたフィアット・アバルト 2000 スコルピオーネは、イタリアの名門カロッツェリアである”ピニンファリーナ”によって手がけられ、その最先端を行くスタイリングと当時としても圧倒的なパフォーマンスは多くの人に印象づけられています。その近未来的で究極まで”クルマの美”を突き詰めたフィアット・アバルト 2000 スコルピオーネの魅力は、現在も衰えることなく、多くの人を驚かせています。フィアット・アバルト 2000 スコルピオーネは、日本人が保有しており、日本の”ギャラリー・アバルト”で見ることができます。

トップスピード281km/hという卓越したパフォーマンス

フィアット・アバルト 2000 スコルピオーネの最大の特徴はその美しく斬新なスタイリングですが、それだけではなく、パフォーマンス面も大きな魅力の一つとなっています。フィアット・アバルト 2000 スコルピオーネは、リアにアバルトがチューンナップした2.0リッター直列4気筒エンジンが搭載されています。現代の2リッターの直列4気筒というと非力な印象がありますが、このフィアット・アバルト 2000 スコルピオーネのエンジンは5速マニュアル・トランスミッションとの組み合わせで、220hpを発揮しました。フィアット・アバルト 2000 スコルピオーネの車両重量はわずか670kgという、常識を覆す軽量さで、トップスピードは281km/hにも到達しました。パワーウエイトレシオを考えるとかなりのポテンシャルを持っていることがわかります。

今見ても美しいくさび形ボディ

パフォーマンスに続き、フィアット・アバルト 2000 スコルピオーネの最大の特徴は、その美しく近未来的なくさび形のボディスタイルです。60年代から70年代にかけて、スーパーカーの間で流行したボディスタイルであるくさび形ボディをこのフィアット・アバルト 2000 スコルピオーネも採用していますが、その姿は他のマシンとは一味違い、エキゾチックで官能的であるとともに、独特のダイナミズムも持っています。非常に低いぺたんこなボディにFiatの赤のボディーカラーは絶妙にマッチしており、フロントのサイドに設けられたインテークは、フィアット・アバルト 2000 スコルピオーネをより宇宙船のような印象に仕上げています。コックピットのルーフへと覆いかぶさるようなエンジンカバーもかなりラジカルで、他のマシンにはなかなか無い設計となっています。

フィアット・アバルト 2000 スコルピオーネは日本で見れる!

イタリアの自動車メーカーであるFiatと同じくイタリアの名門カロッツェリアであるピニンファリーナによって作られたコンセプトカーであるフィアット・アバルト 2000 スコルピオーネについて紹介してきました。フィアット・アバルト 2000 スコルピオーネは、日本人のフィアットコレクターであり、ギャラリーアバルト美術館の館長でもある小坂氏が保有していることもあって、日本国内で見ることができます。非常に珍しいマシンであるため、興味がある方は一度足を運んでみることをおすすめします。(現在は閉館中、開館日は未定)

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

イタリアの自動車メーカーである”Fiat”とそのパフォーマンス部門である”Abarth(アバルト)”。Fiat500などの小型車の印象が強いメーカーですが、1969年にピニンファリーナによって発表されたコンセプトカーである”フィアット・アバルト 2000 スコルピオーネ”は一味違います。フィアット・アバルト 2000 スコルピオーネはFiatのスーパーカーとしてお披露目されたのです。そんな”フィアット・アバルト 2000 スコルピオーネ”について紹介していきます。