HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

今更聞けない!肌タイプ別ファンデーションの使い方のコツまとめ

ファンデーションには沢山の種類があります。 どの種類が自身に合っているの分からずに使ってしまうと、メイク力も半減してしまいます。 今からファンデーションを見直してナチュラルなお肌を演出してみませんか?

パウダーファンデーション

パウダーファンデーション(固形ファンデーション)は油分が少ないので薄付きでナチュラルに仕上げられます。
油分が少ない点から乾燥肌の方より混合肌や脂性肌の方に適しています。
そしてパウダーファンデーションはお値段も手軽な商品が多いので、敷居が高くないのも魅力の一つです。

パウダーファンデーションを使うコツ

スキンケアを行ってから始めていきましょう。

皮脂が気になるところは泡で丁寧に洗いましょう。パウダーファンデーションは化粧崩れしやすく、よれやすいデメリットがありますが、スキンケアや下地を丁寧にすることで美しく仕上げることができます。

下地はとても重要で、ファンデーションの仕上がりも下地によって大きく変わります。コンシーラーを使う際は、ファンデーションの前に塗りましょう。基本としては気になる部位(クマやくすみ)から塗っていき、広範囲に伸ばしていきます。小鼻や目の周りなどの細かい部分はファンデーションを足さずに、スポンジに残ったファンデーションで整えると厚塗りにならずナチュラルに仕上がります。パウダーファンデーションはお肌に滑らせるようにスポンジで優しく塗っていきましょう。

リキッドファンデーション

肌にしっとりと密着し、浸透性のあるお肌を演出できます。伸びが良くみずみずしさをプラス。フィット感やナチュラル感にも優れておりますが、混合肌や脂性肌の方にはべたつきがきになるかもしれません。乾燥肌の方に適しています。

リキッドファンデーションを使うコツ

スキンケアを行ってから始めていきましょう。

皮脂分泌が多いところは乳液やクリームを少量に抑えることで、化粧崩れの原因を防ぎます。
乳液やクリームは乾燥が気になるところに塗っていきましょう。リキッドファンデーションは顔に直接乗せるのではなく、手のひらで馴染ませてから使うと化粧ノリも良く仕上がります。

冷たいファンデーションを顔にそのまま付けてしまうと肌も驚いてしまうので、手のひらで温めるようにしてから使う事をお勧めします。手のひらで馴染ませたら、頬、鼻、額、顎に乗せ、内側から外側へ指で伸ばしていきます。その後にスポンジで押さえていくことで、化粧崩れを予防できます。

リキッドファンデーションは薄塗りが基本なので、気になる箇所は下地でカバーしましょう。気になる箇所にファンデーションを塗りすぎてしまうと、厚ぼったくなり、化粧よれもしやすくなってしまいます。仕上げにパウダーを筆で乗せていきます。

この行程に入る前にベタつきが気になるようでしたら、ティッシュで余計な油分を抑えましょう。塗りすぎてしまうとせっかくのナチュラル感を台無しにしてしまうので、薄付き程度で仕上げます。仕上げにパウダーをすることで、化粧崩れやよれを防ぐことができます。

クリームファンデーション

マットなお肌に仕上がります。カバー力はとても高く、リキッドファンデーションと比較をすると油分も高い為、乾燥肌の方には勿論、乾燥の気になる秋から冬にかけて使用することができます。

クリームファンデーションを使うコツ

リキッドファンデーションと使い方はほぼ似ておりますが、注意したい点はとても伸びが良いので物足りないと思うくらいの量を使用します。リキッドファンデーションと比較するとコクのあるファンデーションなので、気になるくすみやニキビ跡等をカバーしてくれますがファンデーションでカバーをするのではなく、リキッドファンデーションと同様に下地でコントロールしていきます。

スポンジやブラシでファンデーションを取ったら、広範囲に伸ばしていきます。この時に力は加えず優しく塗っていく事を心がけましょう。スポンジは弾力性の高い厚みがあるタイプを使うとお肌への負担を軽減できます。

目の周り、鼻筋や小鼻、良く動かす口元等はスポンジやブラシに残ったファンデーションを使用することで厚塗りにならず化粧崩れ防げます。最後にリキッドファンデーションと同様にフェイスパウダーをはたく事で、テカリや化粧崩れを予防できます。

ルースパウダーでより素肌感を

粉状のファンデーションがサラサラなお肌を作り上げます。
素肌を生かしたい方や、脂性肌の方にとても適しています。
付け心地はとても優しく、肌ストレスを感じません。

ルースパウダーを使うコツ

基本的にやリキッドファンデーションクリームファンデーションの後に使用します。パウダーファンデーションを使う場合には下地の後に塗ることで、通常よりもファンデーションの量を抑えながらメイクができると言われている為、厚塗りや化粧崩れを防ぐことができます。

皮脂やテカリなども防いでくれるので脂性肌で悩まれている方には必須アイテムとも言えるでしょう。
メイクに時間を掛けられない時には素肌にそのまま塗るのも良いですが、BBクリームやCCクリームを塗った後の方がより美しい肌作りができます。

ルースパウダーも基本はファンデーションと同じなので、中から外に向けて塗っていきます。
この時にナチュラルな肌を演出したい方はブラシを、肌トラブルなどで隠したい部分がある方はスポンジを使用することでマットに仕上げられます。

肌の様子を見ながら筆とスポンジを使用すると良いでしょう。明るめのルースパウダーはハイライト効果をもたらせてくれます。
ルースパウダーを選ぶ基準は、どのような肌感を演出したいかがとても重要です。ナチュラルにふんわりとした肌に見せたいならピンクやホワイトを、白っぽく見せない透明感のある肌に見せたいならパープル、ファンデーションの色をそのまま見せたいならルーセントを選ぶと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ファンデーションの選び方で素肌を美しい肌に演出することができます。
自身の肌を良く知り、自身に合ったファンデーションをすることで、毎日のベースメイクも楽しくなります。
筆者はリキッドファンデーションとクリームファンデーションを、その日の肌の様子を見ながら使い分けしています。
また、季節ごとにファンデーションを変えていくことも大切なことだと思っています。

INTRODUCTION of THE WRITER

春花
name. 春花
初めまして。
小学生と一歳の子供を持つ二児の母親をしてます。
以前ライターの仕事をしており、又再開をしました。
豊かな暮らしは心の余裕から生まれるものだと私は思っております。
ちょっとした工夫で人生を楽しめたらとても素晴らしい事ではないでしょうか。
皆様のお役に立てる、又楽しんでいただける記事を書いていけたらと思っております。
趣味は浅く広く、今はメイクや美容に興味があります。
記事、コラム作成のお声掛けはTwitterのDMで宜しくお願いします。

RELATED

ファンデーションには沢山の種類があります。 どの種類が自身に合っているの分からずに使ってしまうと、メイク力も半減してしまいます。 今からファンデーションを見直してナチュラルなお肌を演出してみませんか?