HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

今更聞けない!デイトレードのメリット・デメリットとは?

皆様「デイトレード」という言葉をご存知でしょうか。所謂「デイトレ」です。皆様の中には「もうやってるよ」という方も多いことかと思われますが「聞いたことある」というくらいの方もおられると思います。今回は、そもそもの「デイトレとは」という部分を解説致します。

【株/FX】基本がわかるデイトレード

ではまず、そもそもの「デイトレードとは何か」というところから解説致します。

デイトレードとは

デイトレードとは名前の通り、日毎を意味する「デイ」と売買を意味する「トレード」から構成された言葉です。では何を日毎にトレードするのかというと「株式」や「外貨」となります。

一般的にはデイトレードというと株式を日中から数日中に売買することをいい、外貨の場合はFXデイトレードなどと言い分けます。

そしてそれらの売買は簡単で、インターネットを通じてパソコンから証券会社に注文することで可能です。今ではスマートフォンなどタブレット端末でも、証券会社提供のアプリを使用して注文することができます。

では「何故、デイトレをするのか」ということですが、それは「利益を出せる可能性がある」ことに加え、通常の投資と比較していくかのメリットがあるためです。

次はデイトレをするメリットとデメリットを確認していきます。

デイトレードのメリット・デメリット

ではここから、デイトレードのメリットとデメリットを解説致します。

デイトレードのメリット

デイトレードのメリットといえば「比較的に低リスク」というのが一番です。株式や外貨を長期に保有する場合、価格変動によって大きな損失となる確率は当然上がります。しかしデイトレードであれば当日中、もしくは数日の内に売買が完了するため、価格変動による損失は比較的に小さく済みます。

そしてもう一つメリットを上げるとすれば「効率よく資金を使える」というところです。株式や外貨を長期に保有するということは、それだけ動かせる資金が減ることになります。つまり比較的にチャンスを多く拾えるということで「美味しいとこ取り」とも言えます。

デイトレードのデメリット

さー含み損をどう処分してやろうか…w #fx#含み損#利確

慶さん(@crazyd2247)がシェアした投稿 -

デイトレードのデメリットは、長期保有からの売買ほど一度に大きな利益を得られないということです。
また、株式の場合は「株主優待や配当金を受けることができない」ということももう一つのデメリットと言えます。

もちろんリスクもある

デイトレードのメリットにある通り、長期保有に比べれば大きな損失のリスクは減ります。しかしリスクが完全に無くなるわけではないことに注意が必要です。デイトレードでは、株式でもFXでも自身の資金の数倍を利用することができます。この仕組みは上手く利用すれば利益を大きくしやすいですが、逆に損失をも大きくします。

今回のポイントまとめ

今回のポイントをまとめると、

・株式や外貨を日中から数日に売買することがデイトレード
・比較的に低リスクで美味しいとこ取りができるというメリット
・利益が比較的に大きくない・株主優待や配当金が受けられない
・リスクは無くならない

という4つのことをご紹介いたしました。

初めての投資で、どんな投資の手法を取ろうか、と悩まれている際は、
メリット・デメリットの比較検討として当記事が役に立てば幸いです。

INTRODUCTION of THE WRITER

Tick
name. Tick
株やFXなどの投機の知識を中心に、わかりやすく解説していきたいと思います。

RELATED

皆様「デイトレード」という言葉をご存知でしょうか。所謂「デイトレ」です。皆様の中には「もうやってるよ」という方も多いことかと思われますが「聞いたことある」というくらいの方もおられると思います。今回は、そもそもの「デイトレとは」という部分を解説致します。