HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

今夜もワイン!世界を制した男達が愛するワイン達

イタリア料理の普及と昨今の「肉バル」ブームと「スペイン料理」ブームと共に、今最も注目を集めるお酒「ワイン」。無数にある様々なワインの楽しみ方や美味しいワインの紹介とは一線を画し、今回はサッカーで頂点を極めた選手達がこよなく愛するワイン達を舌の肥えた皆様に味わっていただきます。

世界を制した男たちが愛するワインを一挙ご紹介!

Tasting 1: ネイマール×ワインのスペイン代表 “Vega Sicilia”

サッカーファンの間では話題になったこの写真。FCバルセロナのFW、 ネイマール(Neymar)選手が実妹と彼女とワインを楽しんでいるプライベートショット。ネイマール選手と言えば、サッカー以外の某有名アパレルブランドとスポンサー契約を締結するサッカー界の「おしゃれ番長」。

そんな彼が味わっているワインは、スペインのワイン業界トップに君臨する “Vega Sicilia(ベガ・シシリア)”。スペインの首都マドリッドから北へ向かうこと150kmに位置し、1860年代に仏ボルドーでワイン造りを学んだ創始者を持つ伝統と格式のあるワイナリーです。

5年以上熟成させないものは流通させないという徹底した「呑み頃主義」を貫くこのワイナリー。その中でもネイマール選手が味わっているのはスペイン語で「ユニーク・唯一」という意味を持つ”Unico(ウニコ)”。樹齢10年以上のブドウを使用、熟成10年以上を基準にリリースする希少価値の高いワイン。

ネイマール選手のボトルは1976年もので、お値段約1,000ユーロ(約12万円)。名実ともにトップに君臨する人間にふさわしい一本。次にご紹介する選手も実は母親の誕生日に同ワイン1987年もの(約500ユーロ/約6万円)を愛しているご様子です。

Vega Sicilia(ベガ・シシリア)公式サイト: http://www.vega-sicilia.com/
日本語購入サイト一例: http://www.milliontd.co.jp/winery/40

Tasting 2: メッシ×アルゼンチンのクラシコ”Casa Bianchi”

ウニコに舌鼓を打つのはネイマール選手だけではありません。彼と同じFCバルセロナ所属、サッカーに詳しくない方でもご存知な世界のサッカー界の至宝、メッシ(Messi)選手。実はこのサッカー界の生ける伝説は、ワインで社会貢献活動を行っています。彼が故郷アルゼンチンで立ち上げた子供の生活改善を目的とした「メッシ財団」が80年以上の伝統を持つワイナリー、Casa Bianchi(カーサ・ビアンキ)と提携して販売されているワイン、その名も”Leo(レオ)”。

アルゼンチンを代表する品種マルベック100%使用の赤ワイン、新樽率100%を確約したプレミアム赤ワイン、フルーティーな香りがたまらないアルゼンチンの土着品種「トロンテス」を使用した白ワインで構成されたシリーズを展開しています。

高額なワインではありませんが、このワインの収益はアルゼンチンの子どもたちの医療・教育などの生活環境向上に活用され、ワインを呑むだけで購入者も社会貢献の一翼を担えます。

メッシ選手自身の持病で悩まされた幼少期の経験を社会貢献に反映させた美しい経済的エコシステム。サッカー界きっての頭脳派FWらしさを感じます。

Casa Bianchi公式サイト: http://www.casabianchi.com.ar/
日本語購入サイト一例: http://item.rakuten.co.jp/kbwine/c/0000003465/

Tasting 3: イニエスタ×ラ・マンチャの司令塔 “Bodega INIESTA”

ネイマール選手とメッシ選手は南米からスペインに移籍した選手。今度は、スペイン生まれスペイン育ちの名プレーヤーがこよなく愛するワインをご紹介。カンテラ(下部組織)からサッカー人生FCバルセロナ一筋、プレーはさながらそのタレント性を高く評価されるスペイン代表の司令塔イニエスタ(Iniesta)選手。

彼もメッシ選手同様、ワイナリーを所有しています。“Bodega INIESTA(ボデガ・イニエスタ)” はイニエスタ選手の地元ラ・マンチャで選手の家族が一丸となって経営するワイナリー。2010年に創設されたこのワイナリーの売りは「情熱」。天然肥料だけで栽培された品種、鮮度を保つ製造・流通工程など拘り抜いたプロセスを経て提供されるワイン達。

現在では日本のあちこちで堪能可能なワインですが、意外と知られていないのがこのワイナリーの意義。イニエスタ選手が地元の経済活性化を目的とし所有するワイナリーにはレストランが併設され、Airbnbで貸し切り宿への通年宿泊も可能(1泊約13,000円)。雇用促進を着実に実現化する、地元の経済的司令塔となるワインです。

Bodega INIESTA(ボデガ・イニエスタ)公式サイト: http://bodegainiesta.es/es/
日本語購入サイト一例: http://www.kbwine.com/category/280.html
Airbnb: https://www.airbnb.jp/rooms/4521684

Tasting 4: ベッカム×カルフォルニアワインのホーム” Napa Valley”

Beautiful weekend together checking our grapes!! X 🍇 I 💜 @davidbeckham @brooklynbeckham #familytime 🙏🏻 vb

Victoria Beckhamさん(@victoriabeckham)がシェアした投稿 -

3本目まではラテン系ワインをご紹介させていただいたので、コンパスの針を別に移して北米のワインをご提案。北米のワインと聞いて、最初に思いつくのがカリフォルニア・ワイン。その名産地、ナパ・バレーにワイナリーを所有するのがサッカー界きっての甘いマスク、ベッカム(Beckham)さん。

スペインのプロリーグであるリーガ・エスパニョーラの有名チーム、レアル・マドリード時代にワインに魅了されたベッカムさん。現役時代LA Galaxy(LA ギャラクシー)移籍直後に購入したワイナリーは、Personal Useで奥様のヴィクトリア(Victoria)さんのためのもの。残念ながら、一般に流通はしていません。

Tasting 5: ピルロ×フローレのファンタジスタ “PRATUM-COLLER”

世界を制した男たちが愛するワイン、最後を飾るのは美食の国イタリアのワイン。元イタリア代表MFで、サッカー界のマエストロの異名を持つピルロ(Pirlo)選手が地元フローレに所有するワイナリー“PRATUM-COLLER(プラトゥム・コーレル)。

イタリアサッカー界の伝説ロベルト・バッジオさんも認めるピルロ選手は実はワイン愛好家。ワインを知り尽くした彼が、自身のワイン哲学を具現化し一族で経営するこのワイナリーのワインは「ビオ・ワイン」。赤・白・ロゼ、三種類のワインは現在日本でも販売されています。

閃きで試合に火を点ける、それがファンタジスタだと思う。(アンドレア・ピルロ)

この言葉のように一口で呑み手を虜にするこのワインは、言わばイタリアワインのファンタジスタ。高品質維持のために年間生産量4万本の貴重なワインは、あなたの舌を虜にすること間違いなしです。

PRATUM-COLLER(プラトゥム・コーレル)公式サイト(日本語):
https://www.pratumcoller.it/en-gb/home

INTRODUCTION of THE WRITER

123
name. 123
ロックを地で行くライター。英・豪での留学経験を基礎に海外情報、留学、音楽、サッカーを中心に遊び心を持って執筆中。Twitterでのフォローはお気軽に。2017年4月28日に実体験をもとにした留学本を出版いたしました。タイトルは「お金がなくても留学できる!DIY精神が導き出す留学成功メソッド」。Amazon Kindle(Writer ProfileのBlogアイコンをクリック!), 楽天kobo, 紀伊国屋書店様などで絶賛発売中です!

RELATED

イタリア料理の普及と昨今の「肉バル」ブームと「スペイン料理」ブームと共に、今最も注目を集めるお酒「ワイン」。無数にある様々なワインの楽しみ方や美味しいワインの紹介とは一線を画し、今回はサッカーで頂点を極めた選手達がこよなく愛するワイン達を舌の肥えた皆様に味わっていただきます。