HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

今さら聞けない?!少額投資非課税制度【NISA】のメリット・デメリット

2014年1月から「NISA(ニーサ)〔=少額投資非課税制度〕」がスタートしました! NISAとは、「株や投資信託(投信)などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度」です。NISA口座で取引をすると、税金面で大きなメリットが受けられます。知らないと恩恵を受けられないので、これから投資を始める方も、すでに始めている方も、きちんと目を通しておいてください。ちなみに、“NISA(ニーサ)”は、イギリス発祥の「ISA(個人貯蓄口座)」の制度を参考にしているからだそうです。

NISAってどんな制度?

 2014年から制度が始まり毎年「120万円まで」の非課税投資枠が設定され、株式投資や投資信託の値上がり益や配当(分配金)にかかる税金が非課税になる制度です。(源泉分離課税20.315%)

 2014年から制度が始まり、2023年までの10年間、毎年新たに120万円の非課税枠が追加されます。非課税の期間は、それぞれ最大5年間となっており、途中で売った場合は、非課税枠を使ったとみなされ、再利用をすることができません。さらに、非課税枠を使っての投資総額は合計600万円までとなっており、それ以上の金額は非課税の対象とはなりません。

【NISA】のかしこい使い方

長期投資に使う

NISAの非課税枠は一度売却してしまうと復活しません。例えば120万円の非課税枠があり1月に60万円分の株を購入したとします。3月にめでたく株価が上がり売却して利益を確定させたら残りの非課税枠は120万円ではなく60万円になります。(120万円ー60万円=60万円) 

なので上の例のような短期的な投資に使ってしまうとあっという間に非課税枠を使い果たすことになります。これではせっかくの非課税枠が活かせないので長期の投資向けの商品を買うほうが良いということですね。長期の投資向けの商品としては「大手企業の株式」「投資信託」などがあります。特に投資信託は毎月分配型の弱点である税金を減らせるの効果的かと思います。ほかにも手数料の安いインデックスファンドなどもオススメです。

5年間で成果のでる投資先を選ぶ

 NISAは5年間の非課税投資枠制度ですから当たり前といえばあたりまえなのですが、これがなかなか難しかったりします。私の証券会社時代ですと5年後に利益のあがった投資先は米国の企業や日本の大手企業でした。(アベノミスクのおかげ)ですが今から5年後も同じかと言われるとそれは誰にもわからないんですね。個人的にはアジア圏の不動産や企業が今後伸びてくるだろうとは思っていますがそれが5年以内かどうかはわかりません。ですので今伸びている投資先を購入しておき伸びしろがなくなってきたら5年を待たずに利益をとるやり方のほうが上手な使い方になるかと思います。
 結論から言うと米国企業ですね。米国株式の投資信託はたくさん発売されているのでその中から手数料の安い商品を選ばれてはいかがでしょうか。

【NISA】のデメリット

利益がでなければ意味がない

 NISAは非課税制度です。投資で税金がかかるタイミングは売却をして利益が確定したタイミングですので、そもそも利益がでなければ全くメリットのない制度と言えます。当然利益をだす為に投資を行うのですから当たり前のことですが、今から投資をご検討の方はNISAに飛びつく前に一歩踏みとどまって投資の基本を抑えることから始められたほうが良いでしょう。

損益通算ができない

 投資は各取引ごとに税金の精算を行います。なので年間で何度も取引きする方は何度も課税されてしまいます。しかし毎回利益がでるわけではなく、当然損失が発生する場合もあるでしょう。そんな時以前課税されていた税金が還付される制度があります。それが損益通算と呼ばれる制度です。
 例えば
①1月に株を購入して利益が発生(課税される)
②2月に違う取引きで損失が発生(前回の利益ー損失)で払いすぎた税金をその場還付。

といった具合です。

しかしNISAを使って購入した投資に関してはこの損益通算が使えません。例え通常の口座で利益があり課税されていてNISAで損失が発生した場合でも還付は受けられないのでご注意ください。

まとめ

 いかがでしたでしょうか?NISA制度が始まって既に3年程経ちますが、細かい部分は改変もされていたりするので一度調べ直したほうが良いでしょう。
 NISAは有利な点もたくさんありますが同時に完璧な制度でもないです。投資は基本的に自己責任なので情報に飛びつかずキチンと精査することが勝利への近道です。

INTRODUCTION of THE WRITER

FP山本
name. FP山本
証券会社・外資系保険会社での勤務を経て現在ファイナンシャルプランナー(FP)として活動しています。
主に投資・金融関係の記事をご提供できればと考えております。

宜しくお願い致します。

RELATED

2014年1月から「NISA(ニーサ)〔=少額投資非課税制度〕」がスタートしました! NISAとは、「株や投資信託(投信)などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度」です。NISA口座で取引をすると、税金面で大きなメリットが受けられます。知らないと恩恵を受けられないので、これから投資を始める方も、すでに始めている方も、きちんと目を通しておいてください。ちなみに、“NISA(ニーサ)”は、イギリス発祥の「ISA(個人貯蓄口座)」の制度を参考にしているからだそうです。