HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

世界的に通用するマナーを「フィニッシングスクール」で学ぼう

国の文化や伝統、育った環境や地域習慣、家庭の習慣や性格などで様々な受け取り方があります。それぞれの国によって異なる文化や価値観が存在し、日本でも外国人が珍しくなくなっている今日では、日本人のマナーは高い評価を受けています。 両親や周囲の大人から教わってきた一般常識から、日本人は常に謙虚で相手を思いやるよう、学校などの教育機関でも「道徳・倫理」として教えられています。 世界広しと言えど、その「マナー」を徹底的に教えてもらえる教育機関があります。

マナー(:manners)とは、人が視覚的、感覚的、聴覚的に不快を感じないよう振る舞う言動。他者を敬い、不信な言動をわきまえる、礼儀や作法を重んじる所にあります。

ただ、常識は十人十色ですよね。今回は世界的に通用するマナーを学べるフィニッシングスクールについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

フィニッシング スクール (: Finishing School )

ヨーロッパの社交界では欠かすことのできないマナー。他国との密接な関わりが歴史的にも深く、言葉や文化を超えて理解するために、初めは若い女性を中心に学んでいた場所がマナー専門学校(フィニッシングスクール)となりました。一般義務教育過程とは別に、義務教育を終えた人々が大学過程に相当する教育まで受ける教育機関でもあります。
日本では「花嫁学校」や「御后教育」など呼ばれていたこともあり、イギリスでは「プリンセス レッスン」と言うこともあるそうです。

スイスのフィニッシングスクール

スイスのフィニッシングスクールは国際的に歴史も深く、様々な国から将来有名になるであろう方々が通っています。昔はそれぞれの貴族や王族にいたお抱えの家庭教師が専門的に一連のマナーを教えていました。しかし、ヨーロッパでの終戦以降、隣国間の交流が増えるに連れて、双方の語弊解消や理解を深める目的で、外国語学勉強も兼ねているそうです。その教育が中心となったのがスイスに置かれた格式あるフィニッシングスクールで、各専門家などから恥ない女性を育成することに成功して来ました。
イギリス王妃である故ダイアナ妃も、自然豊かなスイスのフィニッシングスクールで、作法や子育て方法などの知識を得ていたそうです。
その他、ヨーロッパ各国の令嬢は元より、アメリカ、南米、アジア、アフリカなどから相応しいマナーを学ぶ為、様々な女性が学びに来ています。ビジネスマナーだけでなく、プライベートなどに必要なマナーを学びに来る男性も増えています。

アメリカのフィニッシングスクール

本来はヨーロッパ同様、女性を主に対象としたプログラムがありましたが、アメリカの経済状況やグローバル化に伴い、いち早く女性が社会に進出するための教育に力を入れています。そのため、アメリカのフィニッシングスクールに多い科目がリーダーシップです。多国籍国家でもあるアメリカならではの特徴としては、一般教養は元より、話し方、表現力や感情のコントロール、身だしなみから、個人の意見をプレゼンする授業などがあります。肌の異なる生徒によりメイクやヘアー、テーブルマナーなど多種多様な理解を深めるため、様々なコースが用意されており、入学も高い規定が設けられています。ほとんどの授業が英語で行われるため、現在でも世界各国から生徒が集まり、女性だけではなく、男性専用の授業や男女合同の行事や授業なども盛んに行われるようになっています。

イギリスのフィニッシングスクール

日本では英国式マナーが深く浸透しており、公的な国際交流や社交場においてモデルとなっています。様々なサービスでも基本となっていることが多く、有名ホテルや高級レストラン、ビジネスの場においても身近に目にすることがあります。伝統的なマナーや子育ての基本を学ぶことができるので、現在でも王室の関係者や資産家の令嬢、セレブの子供などが通うこともあるそうです。
慈善活動や経済活動が活発なお国柄、女性の社会進出を積極的に促してきた教育機関でもあります。

Minding Mannersの学長務める Tomiko Zabilthはイギリスはもとより、世界各国で国際的にマナーの必要性と基本を指導しています。署名人などの交流も深く、その経歴から振る舞いや言葉遣いには知的さと気品が漂います。某メディアでも発言しており、
”マナーや礼儀は、世界中の国々の文化的基本構成をまとめる上で重要な役割を果たします。
世界が縮小するにつれて、国際的にも先進国を筆頭に、礼儀と確立された議定書の意識がますます重要になっています。” とのコメントを残しています。

・エチケットなしの人生はどのようになるか
・ビジネス界におけるエチケットの重要性
・なぜ国際的なビジネスエチケットはすべての "編集"
・礼儀は、なぜ、「何か」だけではなく、理由がある
・エチケットを取り入れるための最も重要なステップ
・技術が確立された礼儀作法を上回っているとどうなるか
・ある国で何が正しいかが別の国では完全に間違っている可能性がある
・バッキンガム宮殿で食事をするときにナイフで魚を切ることが決してない理由
・あなたがもっとエチケットに精通している方法を開拓するためのヒント
etc…

エリート・ナニーズ・スクール

保守的なイギリスのナニースクール(: Nanny School )と言う学校もあり、そこでは主に子育てやベビーシッターとして専門的な育児教育を学べるそうです。最近では意外にもイギリス人女性に人気がある専門学校として、高校や大学卒業後、育児に関する仕事にもつけるよう資格が授与されます。どちらも女性のための教育機関であり、国際的に認められた卒業証明書が後進国の女性にも与えられるようになりました。
しかし、学費は高額で年間13,000ポンドで、3年間のトレーニングを修了しなければいけません。
授業では、縫製や健康な子供の食事の調理などの伝統的なスキルを学ぶだけでなく、社会科学、心理学、児童の健康、歴史、文学の科目もあります。
ほとんどのの学生 - 学校には男性卒業生が1人ほどしかいません。 また、2泊の仮想で赤ん坊の世話をするという訓練もあるそうです。

インターナショナルなマナーを身につけよう

近年、注目されている女性に対しての非人道的な問題が浮き彫りになり、女性自身の変化が大きく求められています。改革への第一歩は教育にあります。人脈を広げる場としても、有意義な時間を過ごせる学校「フィニッシングスクール」。各プログラムより、数ヶ月から数年単位の少人数クラスがあります。

フィニッシングスクールもナニーズスクールも、女性の社会問題をも変えてゆける学校です。インターナショナルなマナーを身につけて、自信をつけてみてはいかがでしょうか。

INTRODUCTION of THE WRITER

Richess
name. Richess
高級なもの、価値のあるもの。本物を探し求めて旅をしています。

RELATED

国の文化や伝統、育った環境や地域習慣、家庭の習慣や性格などで様々な受け取り方があります。それぞれの国によって異なる文化や価値観が存在し、日本でも外国人が珍しくなくなっている今日では、日本人のマナーは高い評価を受けています。 両親や周囲の大人から教わってきた一般常識から、日本人は常に謙虚で相手を思いやるよう、学校などの教育機関でも「道徳・倫理」として教えられています。 世界広しと言えど、その「マナー」を徹底的に教えてもらえる教育機関があります。