HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

世界三大珍味のキャビアを詳しく解析! 美味しく食べられる方法も

世界三大珍味のひとつであるキャビア、珍しさや値段の高さから日常的に食卓にあがることは少ないですが、特別なパーティーなどで出ると高揚感が湧きあがります。ロシア人はよくキャビアを食べると言われていますが、世界中どこへ行ってもキャビアが高級食材であることに変わりはありません。なのでロシアでも、特別な日にしか出ない貴重な食材なのです。そんなキャビアの定義、産地、気になる値段の相場、そして活用して美味しさ感じる食べ方をまとめました。

キャビアの定義は?

キャビアは「チョウザメ」の卵を指します。チョウザメと聞くと、サメのイメージがありますが、実はサメとは全く違う魚です。単に見た目がサメに似ていることから、名称がついた経緯があります。チョウサメは約2億5000年前から生存しています。希少な古代魚です。
チョウザメは産卵できるまで成長するのに10年以上もかかります。産卵前の乱獲や密猟でますます希少性が増している状況です。
ちなみにロシアでは、キャビアを「黒い魚卵」と呼称しています。ロシア語で発音すると「チョールナヤ・イクラ」です。つまり、日本のイクラ(鮭の卵)はロシア語からきているのです。ロシア語で「イクラ」は魚卵全体を指すので、日本のイクラは「赤い魚卵」と呼ぶ方が正しいのかもしれませんね。また、栄養成分は水分が殆どですが、良質なたんぱく質、脂肪などを含んでいます。

キャビアの産地は?

チョウザメは川で産まれ、一度海に出て、再び川に戻って産卵します。この産卵で出るのがキャビアなのです。川で産卵する点は、鮭と似ていますね。
産地はやはりロシアが多く、カスピ海やアムール川が収穫できる場所として知られています。カスピ海と面しているイランでも生産されており、世界規模のキャビアの生産量のシェアはロシアとイランで占められているそうです。

チョウザメの種類と産卵するキャビア

チョウザメは世界規模で20種類以上の種類が確認されています。しかし、キャビアが採れるのはその中で3種類のみです。この3種類の中でも卵の大きさや形状に違いがあり、価値のランクも異なるのです。

ベルーガ

チョウサメの中でも体長3-4メートル、体重が100-200キロと体が最も大きい種です。捕食性が抜群で執念深く獲物を追いかけます。大粒なのが特徴です。非常に重宝されています。
明るい灰色のものが、より好まれています。

アセトラ

体長は2メートルぐらいで体重は40-80キロと中程度の大きさのチョウザメです。キャビアの色は灰色から金色と色の範囲が幅広いです。アセトラ・キャビアの中でも色などで分類分けされています。かつてはイラン皇室専用で、高齢のチョウザメから取れる大粒・琥珀色な「インペリアル」や独特なナッツの風味がする通常の「アセトラ」があります。どちらも高級感あふれる格別あるいはユニークな風味で重宝されています。

セブルーガ

体長1-2メートル、体重が8-25キロと他の2種類と比較すると小型なチョウザメです。
上向きにそり返った尖った口先をしているのが印象に残ります。キャビアの色は暗めの灰色で小粒ですが、独特の風味が好評です。

キャビアの値段相場

一番グレードが高いのはベルーガ、二番目はアセトラ、次いでセブルーガです。ベルーガは、1缶(25グラム入り)で約1万7千円、アセトラは約1万3千円、セブルーガは比較的リーズナブルで約8千円です。
ただし、これはあくまでも値段の相場で、今後の漁獲量によってはもっと高くなることが予想できます。一般的に、高価なキャビアほど希少で良質と言われていますが、好みの味のものを試してみてはいかがでしょう。

美味しいキャビアの食べ方いろいろ

クラッカーの上にのせたり、パンの上にのせる食べ方がよくありますが、せっかくなので少々アレンジを利かせ、他の食べ方も試してみましょう。
なお、キャビアを盛り付ける際に使うスプーンは匂いがうつる可能性がある銀製より、木製をお勧めします。

(1)ちょっと和風に「豆腐キャビア」

豆腐の上にキャビアをお好みの量をのせるだけの簡単料理。ウニなど他の具材との組み合わせも良いです。ヘルシーな和洋折衷料理ですね。

(2)お好みのソースで「キャビアパスタ」

カルボナーラ、ジェノベーゼなどお好みのソースでパスタをつくり、仕上げにキャビアを載せるだけです。好物に対する高揚感とキャビアの高級感を同時に味わえます。

(3)彩豊か「海の幸サラダ キャビアのトッピング」

@miii.o8がシェアした投稿 -

王道でサラダにしても良いです。ルッコラなど緑系の野菜、サーモンやウニなどの魚介類などお好みの食材をあえた彩豊かなサラダにキャビアをトッピングしてみましょう。

(4)超豪華な朝食に「キャビアトースト」

いつもの食パンにマヨネーズを塗り、キャビアを振りかけるだけ。朝から優雅な気分に浸れます。

キャビアの味の特徴をつかみ、とっておきの食べ方を見つけよう

値段のランクはあるものの、どの種類のキャビアも美味しく、希少、高級感があることに変わりはありません。日本は世界で4位のキャビア輸入国です。このことからも日本人はキャビアを好んで食べる傾向があるのが分かります。日常的に食卓にあげる必要はないと思いますが、頑張っている自分へのちょっとしたご褒美、パートナーと少しゴージャスなお家ご飯を堪能したいときに取り入れてみてはいかがでしょうか。それぞれの種類の味をつかみ、自分なりのお勧めの食べ方が見つかれば、キャビア通の仲間入りです。

INTRODUCTION of THE WRITER

housekeeper
name. housekeeper

RELATED

世界三大珍味のひとつであるキャビア、珍しさや値段の高さから日常的に食卓にあがることは少ないですが、特別なパーティーなどで出ると高揚感が湧きあがります。ロシア人はよくキャビアを食べると言われていますが、世界中どこへ行ってもキャビアが高級食材であることに変わりはありません。なのでロシアでも、特別な日にしか出ない貴重な食材なのです。そんなキャビアの定義、産地、気になる値段の相場、そして活用して美味しさ感じる食べ方をまとめました。