HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

世界一環境に優しい車「ミライ」

世界のトップ自動車メーカーが燃料電池車を作ろうと試行錯誤している中、一番初めに燃料自動車を成功させたのは、トヨタ自動車。その名も「ミライ」だ。 今まで世界のどの自動車メーカーも、燃料電池を研究していてもなかなか販売までには結びつくことが出来なかったのに、トヨタ自動車がいち早く発売すると発表した時には、世界中が耳を疑った。もちろん、この耳を疑うとは、あまりにもかけ離れたすごいことをしているので信じられないということだ。

ミライの素晴らしい所【水しか排出しない】

普通の車を考えてみると、自動車を走らせれば多かれ少なかれ排気ガスが空気中に排出される。エコカーだと言われている車も、排出する排気ガスの量は少ないが排ガスがゼロというわけではない。
しかし、ミライは、なんと排気ガスはゼロなのだ。なぜ排気ガスを全く出さないのかというと、車を走らせる時の主なエネルギーが「水素」だからだ。では、どのように走るのかというと、ミライは水素と酸素を結合させることによって発電しているのである。そう、ミライは水素と酸素だけで発電することによって水だけを排出する、電気自動車なのだ。

ミライの値段は?

ミライのすごい所はそのコストにもある。これだけ世界中をあっと言わせるほどすごい車を作ったのにもかかわらず、その値段は約700万円ほどなのだ。少し前なら億くらいの値段がついても全く不思議ではなかったはずなのに、トヨタ自動車はかなりのコストダウンをすることに成功している。
その背景には、エコカーと言う言葉を世に広めた車、「プリウス」と電気系統の部品を同じにすることで大幅なコストダウンを見込めたのである。

燃料電池の小型化にも注目が集まる

さらに、ミライのすごい所は、燃料電池を車に積んでしまえるだけの大きさに小型化したことである。燃料電池も、一昔前なら、かなり大きなものになっていた。しかし、ミライでは車に乗せられるほど小さくすることに成功している。これは、自動車メーカーの人もかなりの驚きがあったようだ。

製造過程ではプロのみ

ミライの製造は、機械では行っていない。自動車製造をする上で、「レクサス」などの高級車に携わった熟練された腕を持つ人が、一つ一つ手作業で行っているのだ。そのため、一日に作られる台数は3大までと決まっている。今では生産が追いつかないほどに受注が入ってきているそうだ。

ミライは、まさにその名前通り、未来に先駆けて夢を実現した車と言って良いだろう。環境汚染が地球上で深刻な問題となっている中、排気ガスを全く出さない車を作ったというのは、環境問題に一筋の光を差し込んでくれた車だと言える。これからもミライがどんどん増産して地球に優しい車が増えることは、地球人全ての人の願いなのではないだろうか。

INTRODUCTION of THE WRITER

みかりん
name. みかりん

RELATED

世界のトップ自動車メーカーが燃料電池車を作ろうと試行錯誤している中、一番初めに燃料自動車を成功させたのは、トヨタ自動車。その名も「ミライ」だ。 今まで世界のどの自動車メーカーも、燃料電池を研究していてもなかなか販売までには結びつくことが出来なかったのに、トヨタ自動車がいち早く発売すると発表した時には、世界中が耳を疑った。もちろん、この耳を疑うとは、あまりにもかけ離れたすごいことをしているので信じられないということだ。