HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

世界一ってホント?スペイン・バスク地方の美食っぷりが凄いことに!

スペインは日本人にも大人気の海外旅行先ですよね。芸術、文化、サッカーなどその魅力は尽きませんが、北部バスク地方は世界から注目される美食を誇ることをご存知でしょうか? 何気にスペインに1年以上住んでいた経験がある筆者が、そのバスク地方のグルメについて紹介します!

スペインとフランスにまたがるバスク地方

バスク地方はスペインの北部の4地域、そしてフランス南部の3地域からなります。

スペインを含めイベリア半島で最も雨が多い地域ということもあり、緑が溢れる景色が他のスペインの乾いた大地とは異なる印象を与えるエリアです。

北側をビスケー湾、北東側をピレネー山脈と接しており、豊かな自然が季節ごとに楽しめます。
この気候と地形が、新鮮な魚介類や農産物、あるいは良質なワインの生産をもたらしていると言えるでしょう。

芸術品のように美しいバスク料理の数々

スペイン料理やタパスは日本でもすっかり人気が定着しましたが、味だけではなく見た目にもこだわっているのがバスク料理!
もちろんちゃんとテーブルに座りメニューを見て注文するレストランもありますが、やはりオススメはカウンター式のバルです。
目の前に広がる色鮮やかな数々のタパスは、美術館でアート鑑賞をしているかのような錯覚を覚えるほどの美しさ!

Rock and Roll! #SORGINZULO #Bilbao #pintxos

A post shared by Sorginzulo Plaza Nueva (@sorginzulo_bilbao) on

言葉が分からなくても見て気に入った物を指で差せばいいので、旅行者でも安心ですよね♪
あれこれ次から次へと頼みたくなること必至です…

人口当たりのミシュランの星の数世界一の街!

バスク地方の中でも特に美食の街として知られているのが、サン・セバスティアン。
人口わずか18万人の街にミシュランの3つ星から1つ星のレストランが9軒も連なり、これは人口当たりの星の数としては世界一なんです!

朝食からランチ、カフェにディナーと、1日中使えるバルが多いのもスペインならでは。
人気のお店は外まで賑わっていることも多いので、ガイドブックがなくてもすぐ分かりますよ。

バルはしごで美食三昧の旅

サン・セバスティアン自体は小さな街なので、バルセロナやマドリッドのように何日もかけなくても主な見所は1日あれば見て周れます。
しかし短い滞在でも、せっかくならその美食を存分に味わいたいですよね。

そこでオススメなのが、バルはしご。

1軒のバルでは1杯+タパス1品程度にし、3~4軒はしごするんです。
このスタイルはスペインでも非常に一般的で、少ししか注文しないからと言って失礼になるようなことは全くないので、どんどん気になるお店を開拓してしまいましょう!

ちなみにサン・セバスティアンには世界的な旅行サイト、トリップアドバイザーの世界ベストビーチ2017年版で6位にランクインした、ラ・コンチャビーチもあります。

日本人にはまだそこまで知名度が高くないサン・セバスティアンやバスク地方。
グルメ好きの方は、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

INTRODUCTION of THE WRITER

Cacao10000%
name. Cacao10000%
オランダ在住のフリーランサー。自由な国で、自由に生きてます。

RELATED

スペインは日本人にも大人気の海外旅行先ですよね。芸術、文化、サッカーなどその魅力は尽きませんが、北部バスク地方は世界から注目される美食を誇ることをご存知でしょうか? 何気にスペインに1年以上住んでいた経験がある筆者が、そのバスク地方のグルメについて紹介します!