HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

上品な紳士のためのスコッチウィスキー

ひと昔前の映画に出てきたような、優雅に欧米人男性がグラスを片手に飲んでいるアルコールと言えば、ウイスキーを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。 ウィスキーは14世紀頃からアイルランドで作られ始まり、その後、スコットランドで製造され、有名になったアルコールです。その違いは名前からわかる通り、 アイリッシュ・ウィスキーはWhiskey、スコッチ・ウィスキーとWhiskyと書かれています。

スコットランド

スコットランドにあるスコッチウィスキーの蒸留所は100以上あり、Islay、Campbeltown、Highland、Speyside、Lowlandの地域によって、種類や味、色や風味などが異なります。各地域ごとにツアーやテイスティング、雰囲気の良いバーなどがあり、自分好みのウィスキーを探している人にとっては、特別な場所です。

大自然と厳しい気候が生み出す光景と、スコッチウィスキーの深みのある味に、ほんのり酔いしれた気分に浸れます。首都であるエジンバラには、数々のバーもあるので、遠出できない人でもとっておきのスコッチを探すことが出来るでしょう。

スコティッシュウィスキー

一様にスコットランドのウィスキーをスコッチウィスキーと言いますが、何千ものブランドや種類があり、ウィスキーの初心者にとっては未知なるお酒です。イギリスでも北地域で作られていたため、アルコール度数が高く、極寒地方で働く男性が体を温めるためにパプで飲まれるようになったのが起源とされています。

16〜17世紀に大幅に蒸留方法を改良されたのを機に、スコティッシュウィスキーは安定的に生産され始めました。

健康維持のお酒

意外にもウィスキーは長寿や健康に良いとされ、腹痛や麻痺、さらには天然痘に効く医療薬としてスコットランド人に好まれてきました。効用・効果は、ダイエット効果、体重の減量、認知症、心臓負担の軽減、血流や血行の正常化、ガン予防など。

*ただし、ご存知だとは思いますが、飲み過ぎはアルコール中毒の元になりますのでご承知おきください。

酒税問題

イギリス全土ではアルコールを生産するにあたり、英国連合法が適応されるため、スコットランド地方にある蒸留酒も厳しく管理されていました。年々売買に伴う課税の割合が上げられるようになり、それに反発したスコットランド人は地下などでウィスキーを作り始めました。独占的な出荷や課税を逃れようと、流通過程で闇ルートを使い販売したりしていたこともありました。

しかし、生産されている半分以上のウィスキーが、スコットランド地方で消費されていることが発覚し、摘発されるようになりました。その後、スコッチを愛する権力者によって、スコットランドの畑で採れた穀物で生産されたウィスキーの貴重さを主張し、政府に圧力かけ、法改正がなされました。

その結果、密輸御者や地下生産を防ぎ、正当なライセンス料と消費税法が適用されるようになりました。スコッチはスコットランド地方の有益な産業として、何百年もの長い歴史と独特の製造で飛躍的に高品質なウィスキーへと進化し続けてきました。

カテゴリー別 Scotch Whisky

Single Molt Scotch Whisky
水および麦芽大麦から、他の穀物を添加せずに、ポットスチル中でバッチ蒸留することによって蒸留されたスコッチウイスキーです。 2012年11月23日から、シングルモルトスコッチウィスキーをスコットランドで瓶詰めされるよう決められました。

Single Grain Scotch Whisky
水と麦芽大麦から蒸留されたウィスキーで、他の麦芽または麦芽のない穀物の全粒の有無にかかわらず、シングルモルトスコッチウイスキーの定義とは異なるウィスキーです。

Blended Scotch Whisky
シングルモルトスコッチウイスキーと、1つ以上のシングルグレインスコッチウイスキーとブレンドされているウィスキーです。

Blended Scotch Whisky
複数の蒸留所で蒸留されたシングルモルトスコッチウイスキーのブレンドです。

Blended Malt Scotch Whisky
シングルグレインスコッチウイスキーのブレンドで、複数の蒸留所で蒸留されています。

スコッチウィスキーは過去には、米国の輸出入禁止、戦争と革命、景気後退、景気後退から生き延び、今では世界の200以上の国々で賞賛され、毎年40億ポンド以上の輸出を生み出しています。他にもウィスキー自体、アメリカにも渡り、異なる製造過程により、様々なブランドが存在します。

日本でも世界に認められている素晴らしいウィスキーがあるので、それぞれのウィスキーを片手に奥深い味わいを感じてみてはいかがでしょうか。

INTRODUCTION of THE WRITER

Richess
name. Richess
高級なもの、価値のあるもの。本物を探し求めて旅をしています。

RELATED

ひと昔前の映画に出てきたような、優雅に欧米人男性がグラスを片手に飲んでいるアルコールと言えば、ウイスキーを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。 ウィスキーは14世紀頃からアイルランドで作られ始まり、その後、スコットランドで製造され、有名になったアルコールです。その違いは名前からわかる通り、 アイリッシュ・ウィスキーはWhiskey、スコッチ・ウィスキーとWhiskyと書かれています。