HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

一生に一度は訪れたい世界遺産~カッパドキア~

トルコ中央アナトリア地方の地区にあるカッパドキア。 南北50キロ、標高1000mを越える高原には、なんとも不思議な形の岩が広がります。

唯一無二の景観

カッパドキアの特徴的な奇岩群は、今から約6000年前に火山の噴火によって堆積した火山灰と溶岩が、長い歳月をかけて浸食を繰り返したことでできたものです。

3世紀半ば頃から、ローマ帝国の宗教弾圧を逃れたキリスト教の修道士たちが移り住み、岩をくりぬき教会や修道院をつくりはじめました。

8世紀になると、キリスト教徒がイスラム教の迫害から逃れるために、地下に町をつくり、現在確認されているものだけで36の地下都市が存在します。

最大の地下都市

2014年にネヴシェヒルで発見された地下都市は、深さは推定113mで、居住空間や調理場などを備えた最大級の巨大な地下都市です。
現在も調査が続けられており、これからも新たな発見がまだまだありそうですね。

自然作り出した神秘的な光景

妖精の煙突

カッパドキアとは、ペルシア語で美しい馬の地という意味です。
現在は、様々な観光名所が点在し、中でも代表的なのが、この妖精の煙突と呼ばれる無数の奇岩群です。
キノコのようにも見えるかわいらしい岩岩です。

見てはならぬもの~ギョレメ

『見てはならぬもの』という意味のギョレメと名付けられたギョレメ谷やギョレメ国立公園や、オズコナックの巨大な地下都市は、自然にできたものと人の手によって作り出されたものが融合された芸術が広大な土地に広がっています。

自然が作り出すリゾート地

岩山には洞窟ホテルもあり、自然が作り出した歴史を感じることができます。

こんなにも美しい自然を目の前に感じながら、ゆっくりと滞在してみたいですね。
美しいカッパドキアの光景を一生に一度は訪れて見てはいかがでしょうか。

INTRODUCTION of THE WRITER

delightful
name. delightful
子育てをしながら、自分の人生を輝かせるため日々勉強中です。誰かの何かのきっかけになるような記事を書いていきたいと思っております。

RELATED

トルコ中央アナトリア地方の地区にあるカッパドキア。 南北50キロ、標高1000mを越える高原には、なんとも不思議な形の岩が広がります。