HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

一流の男なら知っておきたい、今さら聞けないシングルモルトのこと

由緒正しきBarでお気に入りのシングルモルトをショットグラスでじっくりと味わう。そんな姿こそ、一流の大人の男にはふさわしいBarスタイルだ。だからこそ、シングルモルトのことはちゃんと知っておきたい。

はじめに…

というわけで今回は、由緒正しいオーセンティックなバーで一流の大人の男が選ぶべきスタイルであるといえる「ウイスキーづくりの技と歴史がふんだんに注ぎこまれた“珠玉”のモルトウイスキーをショットグラスでストレートで味わうというスタイル」を形だけでなく本格的に楽しむために是非とも再認識しておきたいシングルモルトウイスキーについてのお話をしたいと思います。

ウイスキーのこと(歴史や特徴)

ウイスキーの原点はブランデー

ウイスキーという名前はラテン語の「aqua vite(アクア・ヴィテ):『命の水』」に由来するもの。aqua viteとは元々ブドウ酒を蒸留したもの、つまり今でいうブランデーのことです。

ウイスキーと宗教の関連

このaqua viteは主に修道士たちの手によってヨーロッパ中に広がっていき、その過程でブドウだけでなく、ブドウ以外の果実、大麦や小麦、ライ麦、穀物などを使ってつくられるようになりました。

リンゴを原料として造られた蒸留酒「カルヴァドス」や麦やジャガイモを原料として造られた「ウオッカ」もそうした同じ流れをくむものです。そしてaqua viteはドーバー海峡を渡ってアイルランドやスコットランドに伝わります。

アイルランドやスコットランドではaqua viteは同じ「命の水」を指す言葉「uisce beatya(ウイシュケ・ベァハ)という名前で呼ばれるようになります。この呼び方がなまって「whisky(ウイスキー)」となったのです。

ウイスキーはアイルランドで生まれた

まずアイルランドで大麦から発芽させた「麦芽=モルト」を原料としてモルトウイスキーが生まれました。この時作られたウイスキーアイリッシュウイスキーはモルトの甘味が強く色は無色透明のものでした。

スコットランドでさらに育った

ウイスキーにスモーキーな香りが

アイリッシュウイスキーに次いで、スコットランドで生まれたのがスコッチウイスキー。こちらは麦芽を乾燥させる工程で、泥炭(ピート)を焚くため、スモーキーな香りが付いているのが特徴です。

密造酒時代の産物とは

元来ウイスキーは嗜好品ではなく薬品として作られていたものであり、その製造は修道院が独占して行っていました。それが「宗教改革」により修道院が解散することで一般にも浸透していきウイスキーは嗜好品となりました。そんな背景の下スコットランドではウイスキーが課税される対象になり、密造酒時代を迎えます。

密造酒というとなにかマイナスなイメージがありますが、実はこの密造酒時代はウイスキーにある功績をもたらせることとなります。密造酒の販売は販売の時期を選ぶことができません。そこで多くの密造酒生産者は買い手がつくまで、ウイスキーを木の樽に入れて保管しておくことが必須となり、その必然性の結果として「樽熟成」という工程が発見されたのです。

そしてウイスキーは、無色透明なものではなく琥珀色でピートのスモーキーな香りだけではなく、樽熟成されたことによる豊かな香りを身につけることとなったのです。

スコッチウイスキー

スコッチウイスキーの歴史

スコットランドでウイスキー造りが始まったのは、スコットランドから製法がキリスト教と一緒に伝えられたという説が有力ですが、実際のところアイリッシュウイスキーとスコッチウイスキーのどちらが先に生まれたのかということについては、未だに決着はつけられていません。

ただしすでにご紹介したようにウイスキーが琥珀色になったのは、スコットランドで樽熟成という製法が発見されたからにほかなりません。この樽熟成の製法は、アイリッシュウイスキーを含め、北米や日本にも伝えられ世界5大ウイスキーを生み出していきました。

スコッチウイスキーの種類

これは読者諸兄も良くご存じのことでしょうがスコッチウイスキーは4つの種類に大別されます。

その分類はスコッチウイスキー以外の世界5大ウイスキー(アイリッシュウイスキー、スコッチウイスキー、カナディアンウイスキー、アメリカンウイスキー<バーボンウイスキー>、ジャパニーズウイスキー)にも共通することですので、まとめてみました。

スコッチウイスキーの4つの種類

■ピュアポットスティルウイスキー
原 料:モルトにした大麦と未発酵の大麦やオート麦など
蒸留方法:単式蒸留器で3回
■モルトウイスキー
原 料:大麦麦芽(モルト)
蒸留方法:単式蒸留器で2もしくは3回
■グレーンウイスキー
原 料:コラムスティルで蒸留する穀物(未発芽の麦、トウモロコシなど)
蒸留方法:連続式蒸留器を使用
■ブレンデッドウイスキー
原 料:複数のモルトの原種とグレーンの原種
蒸留方法:蒸留は上記それぞれの蒸留法により蒸留したものをブレンド

スコッチウイスキーの特徴

スコッチウイスキーがスモーキーなフレーバーを特徴として持っていることは、すでにご紹介したとおりです。
実はこのフレーバーもスコットランドがアイルランドに比べて湿度が高く、大麦を乾燥させるときに仕方なくピート(泥炭)を使って燻製乾燥させたというのがその背景。スコッチウイスキーはスコットランドならでは風土と歴史的背景が生み出した“世界遺産”と呼んでもよいような飲みものなのです。

シングルモルトはストレートで味わいたい

ストレートで自分のベストパートナーを見つける

軽やかな口触りでフルーティな香りのアイリッシュウイスキーとスモーキーなフレーバーが魅力的なスコッチウイスキー、それぞれ好みは分かれるところだと思います。

しかしいずれを選ぶにしても、その奥深い味わいを堪能するならばモルトウイスキー。それも1つの蒸留所で生まれたモルトウイスキーだけで造られた「シングルモルトウイスキー」がベストチョイスでしょう。蒸留所ごとの微妙な製法の違いによる、それぞれの特徴がありますから、飲み比べてみて自分のお気に入りの味を見つけると良いでしょう。

アイルランドは第二次大戦中に中立国となったため、国内供給を安定させる目的でウイスキーにも輸出規制がかけられました。
そうした影響もあってか、アイルランドには現存するウイスキー蒸留所は方手に余るほどの少数しかありません。そのためシングルモルトも種類が少なくなっており、世界的にもシングルモルトと言えばスコッチウイスキーかジャパニーズウイスキーがメインとなっています。

話を戻して、シングルモルトを飲むなら断然ストレート。ストレートで舐めるように飲むことで、モルトの旨味や熟成や燻製の工程で生まれた香りを存分に堪能することができます。

それというのも、ロックや水割りにして冷やしてしまうと香りが立ちにくくなり、甘さも感じられにくくなるからです。どうしてもストレートはきつすぎて無理だという方は、常温の水で水割りを飲むようにしましょう。

チェイサーはマストで

確かに一般的に日本人にはウイスキーのストレートは度がきつすぎるかもしれませんが、チビチビというレベルまでもいかなくて、本当に舐めるようにひと口一ひと口を味わうと良いでしょう。

そしてストレートにはチェイサーがマストです。「自分は酒が強いからチェイサーなんて必要ない」などという考え方は間違いです。もちろんチェイサーは口直しという役割を持つものですが、実はウイスキーの甘味や香りを口の中でより広げるという役割も持っています。ですから前出の「自分は酒が強いから~」などという台詞を口に出すことなど絶対にしないようにしましょう。

人気のシングルモルト10選

最愛のシングルモルトと出会うための道標

お話したように蒸留所ごとに違った味わいや香りをストレートで楽しみながら自分に一番合ったものを見つけるというのが、シングルモルトとのおすすめの付き合い方です。そうなると、人気なんて関係ないものであると言えます。

しかし、シングルモルトといっても、実に数多くの種類のウイスキーがあります。それらを全て網羅するというのは、何年間かをかけても困難であると言えるでしょう。ですので、あくまで目安、道標として、人気の高いシングルモルトを紹介しておきます。

とりあえず今回紹介する10種類を全て飲んでみて、自分の好みの傾向を把握し、バーの熟練バーテンダーに好みを伝えながらおすすめを紹介してもらうと良いでしょう。

今回は2014年度の国内におけるシングルモルト販売数のベスト10をご紹介させていただきます。
すでに言いましたが、あくまでも目安にしてほしいので順位はあえて伏せて紹介させていただきたいと思います。

国内売上10位に入ったスコッチウイスキー

ザ・マッカラン

ザ・マッカランは人気シングルモルトウイスキーとしてあまりにも名の知られたお酒。読者諸兄もご存じなのではないでしょうか。
蒸留所はスコットランドの「スペサイド地域」にあり、熟成樽にはシェリー種樽(一度シェリー種の樽として使われたもの)が使われています。

ザ・グレンリベット

ザ・グレンリベットは、スペサイド地域に位置しモルトウイスキーの蒸留所としては政府の公認をいの一番に受けた(かつて同エリアは密造酒のメッカででした)「グレンリヴェット蒸留所」で造られているお酒。比較的クセが強く無く甘い香りがするお酒です。

グレンフィディック

グレンフィディックもスペサイド地域にある蒸留所で造られたシングルモルト。世界で最も早くシングルモルトとして販売されたシングルモルトとしても知られています。

ラフロイグ

ラフロイグはスコットランド北西部のアイラ島にある同名の蒸留所の名前がそのままウイスキーの名前となったシングルモルトです。スコッチウイスキーならではの、ピートのスモーキーな香りが強いのが特徴です。

ボウモア

ボウモアもアイラ島にある蒸留所で造られたスコッチウイスキー。スモーキーさが比較的弱くフルーティーさもあるのが特徴のお酒です。

トマーチン

トマーチンは、ネッシーでお馴染のネス湖近くの「ハイランド地域」で造られているモルトウイスキーです。トマーチンの熟成方法は独特で、まずバーボン樽に貯蔵した後、アメリカンオークで造られた新樽に入れ替えて熟成、最後にシェリー樽で仕上げられます。

山崎

山崎は、その名をご存じの方も少なくないと思いますが、日本を代表するシングルモルトとして世界中に名を轟かせる名酒中の名酒。現在一般的な酒販市場で入手することはほぼ不可能で、ネット等でも高値で取引されています。

白州

余市

これはうまかった

Eui Songさん(@song.eui)がシェアした投稿 -

余市は、NHKでドラマ化され一躍日本国中にその名を知らしめることとなった日本のウイスキーの父「竹鶴政孝氏」の熱い情熱を受け継ぐジャパンウイスキーの最高峰クラスであるともいえるモルトウイスキーです。

宮城峡

宮城峡蒸留所は前出の竹鶴政孝氏が余市蒸留所に次いで造ったニッカウヰスキーが誇る第二の蒸留所で造られたモルトウイスキー。「シングルモルト余市」と「シングルモルト宮城峡」は、10年、12年、15年といった熟年年数の表示が無いノンエイジステートメントのシングルモルトですが、単に10年未満の若い原酒のみで造られたものでなく、20年以上の長期熟成された原酒をブレンドして造られています。

アイリッシュウイスキーのシングルモルトはなぜ売上ベスト10に入らないの?

アイリッシュウイスキーのシングルモルトは珍しいとはいっても、全くないわけではありません。
売上ベスト10に名を連ねていないのも単に珍しく希少だからというのが理由だとも考えられます。
そんな希少なアイリッシュウイスキーのシングルモルトと出会うための道標として、アイルランドを代表する蒸留所の名前を2ヶ所ご紹介しておきます。

ブッシュミルズ蒸留所

ブッシュミルズ蒸留所は世界で最も古いウイスキー蒸留所と言われています。同名を付けられた「ブッシュミルズ10年」というシングルモルトが販売されており、価格も2,000円代と超お手頃。飲みやすくてクセが無いので、ウイスキーを飲み慣れない(ウイスキー御ストレートでという意味も含めて)人には、自分用に自宅飲み用に購入して、ストレートで飲みながらシングルモルトショットグラスストレートの慣らし運転に活用するというのもおすすめです。

クーリー蒸留所

クーリー蒸留所は、ブッシュミルズ蒸留所とは対照的。ハーバード大学でアイリッシュウイスキーの歴史を研究してきた「ジョン・ティーリング」という人物が、1985年に国営のジャガイモのシュナップス(ドイツの蒸留酒、日本で言う焼酎的なお酒です)蒸留所を買収してウイスキー蒸留所へと転換した比較的歴史の浅い蒸留所です。

この蒸留所で造られているシングルモルトは「カネマラ」という銘柄。アイラ島産のスコッチウイスキーにも似た個性を持つピート香がつけられています。

INTRODUCTION of THE WRITER

nonoching
name. nonoching
東京都練馬区石神井公園で35年間在京、
フリーランスのライターを経て、
現在は福岡県北九州市に在住。
趣味は飲み食べ歩き、プロ野球観戦(阪神ファン歴半世紀超え)、写真撮影、読書

RELATED

由緒正しきBarでお気に入りのシングルモルトをショットグラスでじっくりと味わう。そんな姿こそ、一流の大人の男にはふさわしいBarスタイルだ。だからこそ、シングルモルトのことはちゃんと知っておきたい。