HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

一度使ったらやめられないBoseの360度サウンドスピーカー "Bose SoundLink Revolve"

スマホやタブレットを使っていると時にはイヤホンではなく、キッチンで料理をしながらとか掃除や洗濯をしながら音楽をスピーカーで流したい時もあるでしょう。 スマホやタブレットに備えられているスピーカーも音が悪いわけではないかもしれませんが、少し音が小さく感じたり、もっと良い音で聞きたいと思うこともあります。 そのような時に活躍するのがBluetoothスピーカーです。Bluetoothというのはデジタル機器用の近距離無線通信の規格の1つです。 最近はBluetooth搭載のワイヤレススピーカーは沢山種類があり、価格も安いものであれば数千円から存在しています。その中でもオススメなのが、「Bose SoundLink Revolve」です。

Boseとは

Boseさん(@bose)がシェアした投稿 -

オーディオが好きな方ならもちろん、あまり詳しくない方でもBoseという名前を一度は聞いた事があることでしょう。
Boseはアメリカに本社がある音響メーカーでMITの教授であるDr.Boseが設立しました。
小さいスピーカーボディでも迫力のある重低音を発生し、プロ用としても一般用としても多くの人に愛される製品を作り続けています。

Bose SoundLink Revolveとは

Boseさん(@bose)がシェアした投稿 -

Bluetoothスピーカーはたくさんあるので、好みのデザインと価格でほぼ決めていたという方も多いかもしれません。
Bose SoundLink Revolveは指向性が360度ある円筒形のスピーカーで、音が均一に広がってゆきます。サイズはRevolveとRevolve+で2種類あり、Revolveは直径82mm、高さ152mm、重さ0.67kg。Revolve+は直径105mm、高さ184mm、重さ0.91kgとなっています。アウトドアで使うランタンのようなコンパクトなサイズですが、パワフルな音が出ます。
これが可能になったのはBoseの技術です。通常はこのように360度の指向性を持たせると音を発生させるドライバーを複数組み込む必要があります。そうすると、全体の重量は増し、サイズも大きくせざるをえません。これを1つのドライバーで再現することにより、コンパクトで迫力のある音をしかも360度に再現できるのです。

Bose SoundLink Revolveの魅力

Bose SoundLink Revolveの魅力はこのコンパクトなサイズとBose特有の重低音の効いた迫力あるサウンドです。それでいて、デザインはすっきりとした円筒形で持ち運びしやすくなっています。
バッテリーを搭載しており、SoundLink Revolveは12時間、Revolve+は16時間連続再生が可能です。
IPX4相当の防水性能も備えているので、アウトドアでキャンプや釣りをしながら使うこともできる他、普段の生活でもキッチンで料理をしながら利用したり、お風呂場で利用するにも便利です。
衝撃に強い素材でつくられているので、多少手荒に扱っても壊れません。バッグに放り込んだり、もし床に落下させてしまっても大丈夫です。どこにでも連れていけます。
操作は上面に集中しており、直感的に操作できる仕様になっています。
さらには、底面には三脚を取り付けられるネジ穴が付いています。テーブルなどの上に置いて再生した場合重低音がきつく感じる時があるかもしれません。そのような時には小さな三脚に乗せて設置すれば、響き具合をコントロールすることができます。
アウトドアで足場の悪い時に使いたいときも、この三脚のビス穴を活用し三脚の上でスピーカーを使えば安定して設置できます。

Bose SoundLink Revolveを2台同時に使う

Boseさん(@bose)がシェアした投稿 -

SoundLink Revolveが2台あれば、その2台を組み合わせて使うこともできます。同時に同じ音を再生するパーティーモードと左右のスピーカーとして使うステレオモードです。
この2台はSoundLink RevolveとRevolve+という違ったモデルとの組み合わせも大丈夫です。しかし、多少の違いはあるので、できれば同じモデルで統一した方が良いでしょう。

接続にはスマートフォンはタブレットで、Bose connectアプリを使うのが便利です。スピーカーの電源は2台ともONにしておく必要があります。アプリを起動するとBluetoothアイコンの横にスピーカーが表示されます。そのうちの1つを選択するとパーティーモードになり、もう1つのスピーカーを検索し、検索が完了するなら画面に表示されます。
スピーカーが表示されたらアプリ上で画面を下にスワイプします。最初の接続の時には画面の表示にしたがって接続するスピーカー本体のBluetoothボタンを1秒長押しします。
パーティーモードで接続するアナウンスが流れ接続がなされます。

ステレオモードでの接続はアプリ画面左下のステレオモードスイッチをONにするだけです。画面上で大きく映っているスピーカーが向かって左用、小さく映っているスピーカーが向かって右用となります。

パーティーモードでは、音の広がりを楽しむことができます。大きい部屋で全体に音楽を流そうとすると、スピーカーの近くでは音が大きくなりすぎ、スピーカーの遠くでは音が小さすぎるかもしれません。このスピーカーをパーティーモードで使えばこのばらつきが少なくなることでしょう。

ステレオモードで使うなら、臨場感のある音質を楽しめます。もともと重低音がしっかり感じられるスピーカーなので、右から左に音が流れるような音や、迫力のあるサウンドを感じられるでしょう。

音量操作は、本体からもアプリからも操作可能です。

Bose SoundLink Revolveの購入

Boseさん(@bose)がシェアした投稿 -

Bose SoundLink Revolveの購入はBose公式サイトから購入ができる他、電気店での購入も可能です。値段は基本的にどのお店でも同じになっているので、ポイントカードなどをすでに作っているお店や行き慣れているお店で購入すると良いでしょう。

公式サイト:https://www.bose.co.jp/ja_jp/products/speakers/portable_speakers/soundlink_revolve.html

INTRODUCTION of THE WRITER

Jun-.-nuj
name. Jun-.-nuj
旅行が大好きな30代です。プロトラベラーを目指して日々奮闘中です。

RELATED

スマホやタブレットを使っていると時にはイヤホンではなく、キッチンで料理をしながらとか掃除や洗濯をしながら音楽をスピーカーで流したい時もあるでしょう。 スマホやタブレットに備えられているスピーカーも音が悪いわけではないかもしれませんが、少し音が小さく感じたり、もっと良い音で聞きたいと思うこともあります。 そのような時に活躍するのがBluetoothスピーカーです。Bluetoothというのはデジタル機器用の近距離無線通信の規格の1つです。 最近はBluetooth搭載のワイヤレススピーカーは沢山種類があり、価格も安いものであれば数千円から存在しています。その中でもオススメなのが、「Bose SoundLink Revolve」です。