HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

一度は乗ってみたい!一流ホテルの専用車を比較する!

外国映画ではよく登場するホテルのリムジンカー。温厚な運転手が美しい女性を乗せて車中しゃれた会話をするシーンや、ウォール街のやり手ビジネスマンがふんぞり返って乗るシーンなど、絵になりますね。日本にあるホテルにももちろんホテル専用の車があります。車種は何か、価格はどれくらいするのか、東京のホテルを比較してみました。

帝国ホテル東京はやはり日本車

日本の一流ホテルと言えば、帝国ホテルがまずあげられるでしょう。帝国ホテルでは、帝国ホテルハイヤーという会社がお客様の要望の応じて運営をしています。日本を代表するホテルの車はやはり日本製で統一。レクサス LS、トヨタ・センチュリー、トヨタ・アルファード、そしてクラウン ロイヤルが人数と目的に応じて用意されています。

【価格】
成田空港が、お迎えが48,840円、お送りは42,680円。
羽田空港は、お迎が27,360円、お送りは20,880円。
都内観光は、3時間まで 25,920円、以降1時間毎8,640円。消費税込、諸経費(通行料等)別。
(帝国ホテルHPより)

ザ・リッツカールトン東京は外車のみ

サービスでは定評のある外資系ホテルの代表ザ・リッツ・カールトン東京。ホテル特別仕様のロールス・ロイス ファントム、BMW7シリーズが用意され、車種により価格が異なります。
【価格】
・ロールス・ロイスファントム 成田空港送迎(片道)70,000円。羽田空港送迎(片道)40,000円
都内利用(1時間)16,000円
・BMW7シリーズ 成田空港送迎(片道)62,000円。羽田空港送迎(片道)30,000円。都内利用(1時間)10,000円
(ザ・リッツカールトン東京HP)

パークハイアット東京は日本車も外車もお好みで

車種は明記されていませんからハイヤー会社との提携しています。
【価格】
・成田空港から片道 日本製ラグジュアリーセダン 55,000円。ヨーロッパ製ラグジュアリーセダン 69,000円。ラグジュアリーミニバン 69,000円。
・羽田空港から片道 日本製ラグジュアリーセダン 35,000円。ヨーロッパ製ラグジュアリーセダン 37,000円。ラグジュアリーミニバン 48,000円。

テスラもミニクーパーもあるペニンシュラ東京

香港の老舗ホテルは全車両ペニンシュラ仕様にカスタマイズされています。空港送迎などのリムジンサービスや観光の際のハイヤーとして利用できるそうです。
車種は、ロールスロイス・エクステンディット・ホイールベース・ファントム(2台)やBMW 740Li(2台)に加え、1934年型ロールスロイス・ファントムII(1台)、ミニクーパーSクラブマン(2台)、テスラモデルS(1台)を導入。価格はお尋ねくださいとのこと。滞在中、あれこれ試したいお客様もいるのではないでしょうか。

日本のホテルはハイヤー会社と提携

帝国ホテルと並んで日本の代表的なホテルであるホテルオークラは「ホテルオークラハイヤー」という別会社の運営でサービスを行っており車種については明記がありません。ホテルニューオータニ東京はコンシェルジュによるハイヤー手配のようです。こうしてみると、外資系ホテルは専用車もブランディングとして重要視していることが分かります。

BGMもリクエストして優雅なドライブを!

pixaboy

さて、あなたが乗りたい車が見つかりましたか。ラグジュアリーな車はさりげなく、くつろいで乗るのがエレガント。誰かのためにホテルの車をアレンジするなら、その人の好みを考えたBGMをリクエストすることも忘れずに!お花もシャンパンもリクエストすればなんでも用意してくれるのがホテルのサービス。活用してみましょう。

INTRODUCTION of THE WRITER

Misheng
name. Misheng
世界各地のラグジュアリーな体験、ファッション、そしておもてなしについてご紹介します。

RELATED

外国映画ではよく登場するホテルのリムジンカー。温厚な運転手が美しい女性を乗せて車中しゃれた会話をするシーンや、ウォール街のやり手ビジネスマンがふんぞり返って乗るシーンなど、絵になりますね。日本にあるホテルにももちろんホテル専用の車があります。車種は何か、価格はどれくらいするのか、東京のホテルを比較してみました。