HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

ワンメイクレース専用マシン:Ferrari 488 Challenge

Ferrari(フェラーリ)から販売されているミッドシップスーパーカーの”488”。そのワンメイクレース専用モデルが”488 Challenge”です。世界各国で開かれているフェラーリ・チャレンジの規定マシンとなっている488 Challengeについて紹介していきます。

Ferrari 488 Challenge

Ferrari 488 Challengeとは?

”488 Challenge(488・チャレンジ)”は、イタリアの自動車メーカーであるFerrariによって開催されているワンメイクレース、”Ferrari Challenge”に使用されているレースカーです。2017年にこのワンメイクレースが25周年を迎えることに合わせて発表されたこのマシンは、Ferrariのミッドシップスーパーカーである”488”をベースに設計されています。初のターボチャージャーを搭載したエンジンを採用していることや、レースカーであるため、見た目にも迫力のあるエアロが数多く搭載されていることが特徴的です。Ferrari Challengeは、レース初心者からセミプロレベルのドライバーが参戦しており、参戦するためにはFerrariのディーラーを通してこの”488 Challenge”を購入する必要があります。

ワンメイクレース専用に高められたパフォーマンス

Ferrariさん(@ferrari)がシェアした投稿 -

”488 Challenge”のパフォーマンスはワンメイクレース専用に開発されているだけあって、極めて高いものなっています。”488 Challenge”のエンジンには、量産”488シリーズ”に採用されている3.9リッターV型8気筒エンジンに、ターボチャージャーを搭載したものが採用され、最大で670ps/760Nmものパワーを発揮します。加えて、見た目にも強烈なエアロパーツによってFerrariのテストサーキットである”フィオラノ・サーキット”におけるラップタイムでは先代の”458 Challenge EVO"のタイムを1秒短縮した1分15秒5を記録しています。

エアロが最適化されたマシンデザイン

Ferrariさん(@ferrari)がシェアした投稿 -

”488 Challenge”のエクステリアは、量産されている”488”とは全く異なり、レースに特化したプラクティカルなデザインとなっています。フロントのヘッドライトにはカバーが取り付けられ、大きく口を広げた開口部や、カナードなどがマシンの高いパフォーマンスを印象づけています。ボンネットにはデザイン的にも印象的なダクトが装着され、リアにはレースカーには必須のウィングが装備されています。これらのエアロパーツによって冷却効率と空力特性を改善しているとともに、見た目にもアグレッシブでクールなデザインとなっています。

Ferrariのワンメイクレース専用マシン:Ferrari 488 Challenge

イタリアの自動車メーカー”Ferrari”によって開催されている”Ferrari Challenge”用のレースカー”488 Challenge”について紹介してきました。”488 Challenge”は、量産モデルである”488”を改良したレース専用マシンで、パフォーマンスの大幅な向上はもちろんのこと、そのルックスもより攻撃的でダイナミックな仕上がりとなっています。Ferrari Challengeはセミプロからレース初心者まで参戦することができるレースで、この488 Challengeを購入すれば実際に競い合うことができます。Ferrari好きなら腕試しにぴったりのレースといえます。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

Ferrari(フェラーリ)から販売されているミッドシップスーパーカーの”488”。そのワンメイクレース専用モデルが”488 Challenge”です。世界各国で開かれているフェラーリ・チャレンジの規定マシンとなっている488 Challengeについて紹介していきます。