HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

ワイン好き必見! 絶対入れておきたいワイン専用アプリ3選

ワインを飲む上で使えるアプリであるVivinoとVinica。ワイン好きなら絶対にインストールしておくべき、この二つのアプリについて紹介していきます。

ワインアプリ

Vivinoさん(@vivino)がシェアした投稿 -

Vivino

Vivinoさん(@vivino)がシェアした投稿 -

Vivinoとは?

Vivinoさん(@vivino)がシェアした投稿 -

Vivinoはワイン好きなら絶対にインストールしておくべき、一押しのアプリです。2009年にデンマークのコペンハーゲンで誕生したVivinoとは、ワインのボトルに貼られているラベルの写真をスマートフォンのカメラで撮ることによって、そのワインのレビューや、現在の価格、ワイン愛好家からの評価や意見をチェックすることができるアプリとなっています。

Vivinoには、十万ヶ所の世界中のワイナリーから、6百万以上のワインデータが保存されています。Vivinoをスマートフォンにインストールしている世界中の1000万人以上のワイン愛好家のコミュニティーが、世界中のワインを評価しており、世界中のワインのレビューを知ることができます。

このVivinoでは、それぞれのワインの評価だけではなく、そのワインに合った食事まで教えてくれます。まさに世界中のワインのデータベースと言えます。

https://itunes.apple.com/jp/app/vivino-wine-scanner/id414461255?mt=8

Vivinoの凄さは、ただワインの評価を教えてくれるだけではありません。自分がスキャンしたワインのデータ記憶し、自分の好きなワインと嫌いなワインをそれぞれ分別してくれるという、ワイン日記的な機能も搭載されています。

自分が最高だと思うワインや、好みのワインをお気に入りリストに入れることで、自分のヴァーチャルワインセラーを作り、直ぐにそのワインを手に入れたい場合は、Vivinoのオンラインストアで購入することもできます。無料で利用することができるVivinoですが、600円/月の課金をすることでVivino Premiumにアップグレードすることができます。

Vivino Premiumでは、Vivinoユーザーの評価だけではなく、著名なワイン評論家の評価を見ることができ、ワイン選びをさらに充実させてくれます。また、より簡単に快適にスキャンしたワインを管理するためのコレクションを利用することができるようになります。また、より素早いスキャンをしてくれるようにもなります。

Vivinoの使い方

Vivinoの使い方は非常に単純明快です。お手持ちのスマートフォンのカメラでワインのラベルをスキャンすることで、Vivinoが自動でそのワインを判別してくれます。そうすることによって、Vivinoにあるそのワインのレビューや情報、価格などのワインのデータが表示されます。またフェイスブックやツイッターなどでのシェアも簡単に行なえます。直感的に操作できるのがVivinoの特徴です。

Vinica

Vinicaとは?

Vinicaは日本で8万人以上が利用しているワインの記録アプリです。VinicaもVivinoと並びインストールしておくとワインライフをより便利に豊かにしてくれるアプリです。Vinicaは、Vivinoと同様にワインのラベルをお手持ちのスマートフォンのカメラで撮影しスキャンすることで、そのワインを識別し、そのワインの名前、年代などのデータを自動で収集し登録してくれるアプリとなっています。

また、Vinicaの特徴として、フィードが存在しており、ソーシャルネットワーク感覚でワインをVinicaのユーザー同士でシェアすることができるという特徴が挙げられます。13万本以上のワインが登録されており、それを実際に飲んだVinicaユーザーの生の評価を知ることができるため、ワイン選びにかなり役立ちます。また、Vinicaでは、ワインの味わいを記録する上でボリューム、タンニン、甘みなどの基本的な5項目に、香りが64項目から選択して記録することができます。そのため、非常に詳しい情報を記録して改めて飲みたいと思ったときに、どんな味だったかを思い出す役に立ちます。完全無料で使うことができる点も嬉しいところです。

https://itunes.apple.com/jp/app/vinica-ヴィニカ-ワインを写真で記録する無料アプリ/id601305612?mt=8

Vinicaの使い方

Vinicaの使い方は非常にシンプルです。セラーに登録したいワインのラベルをスマートフォンのカメラでスキャンするだけで、そのワインの名前や年代などのデーターを自動で入力してくれます。気になるワインがあったら楽天市場でオンライン購入することも可能。Vivino同様直感的に操作できるのも嬉しいところです。

ワインマップ

ワインマップとは?

ワインマップはその名の通り、様々な国と地域のワイナリーや畑、そしてレストランをそれぞれの詳細な情報と共にマッピングしてくれるワインの地図と言えるアプリです。VivinoとVinicaと共にインストールしておくと便利なアプリと言えます。ワインマップ上のデータには写真付きの記事を投稿することが可能。さらにアプリ上の「みんなのワインダイアリー」の登録ワインを紐付けすることも可能となっています。さらに、レストランのデータにはお店評価の投稿することができ、ワインマップユーザ同士でワインを提供してくれるレストランの情報を共有することができます。

2016年3月の時点で、927のワイナリー,66の産地と畑, 178のレストラン、そして11898本のワインが登録されています。ボルドーやブルゴーニュ、シャンパーニュなどのフランスワインの名産地から、スペインや日本、アメリカやイタリアなどの多くの地域に渡っての情報が登録されています。ワインマップを登録しているユーザーのレビューを回覧することも可能となっています。

https://itunes.apple.com/jp/app/ワインマップ/id400164581?mt=8

ワインマップの使い方

ワインマップの使い方は、非常に簡単です。アプリを開いたら、トップ画面の下部にある家マークをタップします。すると、ワイナリー、産地・畑、レストランなどといった項目が表示され、知りたい項目をタップ。すると、ワイナリー、産地・畑、レストランなどの一覧が表示され、知りたい情報をタップするだけです。実際にインストールしてワインマップを使ってみましょう。

アプリを入れてワインを楽しもう!

Vivino、Vinica、ワインマップと、3つのおすすめのアプリを紹介してきました。ワインライフを充実させる上で非常に役立つアプリがこの3つのアプリです。ワイン好きなら絶対にインストールしておくべきでしょう。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

ワインを飲む上で使えるアプリであるVivinoとVinica。ワイン好きなら絶対にインストールしておくべき、この二つのアプリについて紹介していきます。