HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

ロックセレブ”レニー・クラヴィッツ”が陶酔! 【リックオウエンス(RICK OWENS】を徹底解説!

ハリウッドセレブやロックセレブに愛され、ファッショニスタに熱狂的なファンを持つブランドのリックオウエンス。玄人好みのマイノリティなデザインは流行なんてお構いなし。欲しいモノ、作りたいモノにとことん拘り生まれるリックオウエンスの洋服は、唯一無二の存在感を放っています。デザイナーやスタイリストと言ったファッション関係者にも多くのファンを持つリックオウエンス。ロックセレブセレブレティーとしてもお馴染みのレニー・クラヴィッツも愛用するリックオウエンス。流行ではない本物の服を作り上げる孤高のブランドを徹底解析いたします。

リックオウエンス(RICK OWENS)とは

唯一無二の孤高のブランド

リックオウエンスとは1997年にニューヨークコレクションにてデビューしたブランドです。デザイナーはリックオウエンス氏。リックオウエンス氏はアメリカ・カルフォルニア生まれのアメリカ人です。

その為デビュー当初はニューヨークを拠点として活動していましたが、現在はパリを拠点としています。当初はアメリカブランドのイメージが強かったリックオウエンスですが、現在はフランスのブランドとして認識されています。

世界中のエッジの効いたハイエンドなセレクトショップで取り扱われるリックオウエンスは、”本当の服好きが着こなす服”としても知られています。

ここでリックオウエンス氏の経歴について簡単に説明いたします。

リックオウエンス氏はロサンゼルスのオーティス・パーソンでファインアートを学びます。その後パターンを学び、アパレル会社に就職。アパレル会社に勤務しながらパターンの勉強に勤しみます。

アパレル会社には8年間勤め、その後パタンナーとして8年間活躍をします。リックオウエンスは非常に下積み期間が長かったデザイナーの一人です。

パタンナーとしての8年間はパートナーであるミシェル・ラミーのコレクションで活躍してきました。

36歳でニューヨークコレクションデビューを遂げたリックオウエンスは確かなパターンと美しいカッティングのクラシカルでモードなアイテムを矢継ぎ早にリリース。

彗星のごとく現れた新進気鋭のアメリカ人デザイナーに、世界中のファッショニスタから熱い視線が注がれた事は言うまでもありません。

デビューコレクションであるニューヨークコレクションは大盛況。一躍リックオウエンスの名前は世界中のファッショニスタの間で浸透します。

その証拠にリックオウエンスはアメリカで最も活躍したデザイナーに贈られる、”アメリカ・ファッション・デザイナーズ協議会”アワードでペリーエリス賞を受賞します。

ニューヨークコレクションを行った年に栄えある賞を受賞したリックオウエンス。この時点でリックオウエンスの輝かしい未来は約束されていたように思います。

2003年にはハイエンドなファーを扱うフランスブランドとして知られる”レビオン(Revillon)”のクリエイティヴ・ディレクターに就任。これによりプレタポルテコレクションがスタートします。

ラグジュアリーブランドのプレタポルテラインを任された自信も追い風となり、翌年の2004年にはコレクションの場所をパリに移します。

本格的にフランスブランドとなるのは2004年以降です。メンズのレザーアイテムやドレープ使いのイージーパンツのイメージの強いリックオウエンスですが、メンズコレクションを発表するのはパリコレ後の2005年以降です。

リックオウエンスのメンズラインのパリコレのランウェイによるコレクションは2006年からです。今ではレディース以上にメンズのコレクションが注目されるブランドとなりました。

2009年には勢いそのままに東京に待望のフラッグシップショップがオープン。日本のリックオウエンスファンを歓喜させました。

リックオウエンス(RICK OWENS)の魅力とは?

芸術的とも言われるドレープ使い

リックオウエンスの魅力を語る上ではずせないドレープ使い。かつては、レディースのラグジュアリーなドレスに用いる事が多かったドレープですが、今ではメンズのカットソーやイージーパンツにも多用されるリックオウエンスを代表するデザインのひとつです。

リックオウエンスの美しいドレープ使いはやわらかくエレガント。そしてモードな雰囲気を醸し出しています。グラマラスな中にエッジを効かせたドレープ使いの評価は高く、ハリウッドセレブもリックオウエンスのドレープアイテムをよく身に付けています。

クチュールのドレスに用いられる美しいドレープはリックオウエンスが腕のいいパタンナーであった証とも言えます。

世界中で評価される美しいドレープはリックオウエンスが愛してやまない”マドレーヌ・ヴィオネ”の影響も大きいように見受けられます。

20世紀を代表するフランス人デザイナーでありバイアスカットを開発した、”バイアスカットの女王”が作るクラシカルでドレッシーなドレスの影響はリックオウエンスのドレスにも見受けられます。

リックオウエンスはマドレーヌ・ヴィオネ以外にマダム・グレにも影響を受けたと公言しています。

クチュールを得意とするデザイナー二人の影響が受けているリックオウエンス。タイトでハードなライダースジャケットやワイルドなミリタリージャケットの評価の高いブランドだけに少し意外な印象を受けます。

ダークトーン

リックオウエンスの魅力であり特徴でもある色使い。リックオウエンスのアイテムは基本的に黒をベースとしたダークトーンがメイン。ランウェイでもオールブラックやモノトーン、ダークトンのグラデーション、そして中間色のスモーキーカラーと言った極端なほど色味を省いたアイテムが目立ちます。

あえてカラーバリエーションを絞ったことで、リックオウエンスの精悍で緻密なデザインはより浮き彫りになります。カラーで誤魔化さない正統派とも言うべき服つくりのマインドが、リックオウエンスの服からはひしひしと伝わってきます。

素材を全てビンテージ加工してから縫製するリックオウエンスのウエアは、一口の”黒”と言っても、深みや色合いが異なります。色味の異なる黒のスタイリングやレイヤードは神秘的な独特の世界観を強烈に打ち出します。

黒一色で様々な世界観を打ち出すことのできる数少ないブランドであり、黒の使い方が最も上手いブランドがリックオウエンスです。

リックオウエンス(RICK OWENS)の愛用者は?

ロックセレブ”レニー・クラヴィッツ”はリックオウエンスがお気に入り

リックオウエンスの服はセレブレティーがこぞって着用することでも知られています。レッドカーペットではリックオウエンスのお家芸でもある、グラマラスなドレープを多用したドレスをハリウッドセレブが着用しています。

そしてタフでエッジの効いたモード感溢れるメンズitemは”レニー・クラヴィッツ”が好んで着用していることでも有名です。

世界中に熱狂的なファンを持つロック界のカリスマであるレニークラヴィッツ。90年代に彗星のごとく現れ、飛ぶ鳥を落とす勢いでスターダムを駆け上がった今では、ロック界の重鎮。

ミュージックシーンのトップに君臨するレニークラヴィッツはパワフルで圧倒的なライブで世界中のファンを魅了し続けています。

絶対的なカリスマ性と抜群のファッションセンスでロック界きってのファッションアイコンとしてもお馴染みのレニークラヴィッツ。

レザーitemやスリーブレスitemをステージでは頻繁に着用するレニークラヴィッツはライブでもリックオウエンスのitemを頻繁に着用しています。

レニークラヴィッツがリックオウエンスを着用するのはステージ上だけに留まらず、プライベートやオフショットでもリックオウエンスを着用している姿が見受けられます。

ロックセレブレティー、レニークラヴィッツのお気に入りブランドであることは間違いありません。

ハリウッド界のファッショニスタ、ブラッドピットもリックオウエンスのファン。特にリックオウエンスのレザージャケットはかなりの数を所有しているそうです。

リックオウエンス(RICK OWENS)を代表するitemは?

レザージャケット

リックオウエンスを代表するitemであり、ファンも多いレザージャケット。しなやかなシープスキンを使用することが多いリックオウエンスのレザージャケットはシルクのような滑らかな肌触りです。

所謂アメリカテイストなハードな肉厚のバイカーズジャケットではなく薄手のエレガントなレザージャケットが多いことも特徴的です。

基本ベースは黒革のスムースレザーですがスウェードやカラーレザーのラインナップもシーズンによってはデリバリーもあります。

リックオウエンスのレザージャケットはタイトで袖丈長めのものが多く、袖にドレープのようなしわが入るデザインのモノが多く見受けられます。

しわでドレープをつくりエレガントに着こなすスタイルがリックオウエンスファンの間では常識となっています。

カタチはミリタリージャケットベースのモノも多く、ボマージャケットやフライトジャケットタイプのレザージャケットが人気です。

MA-1をロング丈にしたようなデザインのレザージャケットはリックオウエンスの人気レザージャケットです。

リックオウエンスのウエアはネックデザインが特徴的なものが多く、レザージャケットにも顕著に現れています。

ジップの閉め具合により様々な表情が見えるように計算され尽くされた、ハイネックレザージャケットは、リックオウエンスのレザージャケットの顔ともいえるitemです。

所謂ダブルライダースとは異なる独特のモード感溢れるハイネックライダースは、リピーターも多いitemです。

ムートンのようなベビーアウターを除き通年着用できるレザーitemが多いリックオウエンス。飛行機移動の多いジェットセッターは温度調節の為にリックオウエンスのレザージャケットの愛用者は多いと聞きます。

しわにもなりにくく、さらっと羽織れる上質なレザージャケットはセレブには欠かせないitemです。年中レザージャケットを愛用することでも有名なスタイリストの野口強氏もリックオウエンスのレザージャケットのファンです。

価格は20万円台後半からです。

スニーカー

ラグジュアリーなハイカットスニーカーのパイオニアでもあるリックオウエンス。バスケットシューズベースのボリューム感のあるスニーカーはヤングセレブレティーを中心にムーブメントを起こしました。

レザースニーカーは今ではハイブランドからも当たり前のようにリリースされるitemですが、ラグジュアリーなバスケットシューズベースのスニーカーをブレークさせたパイオニアはリックオウエンスです。

80年代のストリートキッズが好んで履いていたようなボリューム感のある”バッシュ”洗練されたフットウェアに昇華させたリックオウエンスのセンスには脱帽です。

野暮ったくなり勝ちなボリューム感のあるハイカットスニーカーをスーポーティーなブーツ感覚で履かせることに成功させたリックオウエンスの功績はかなり大きく、今トレンドのハイテクスニーカーブームの立役者であることは間違いありません。

ちなみにリックオウエンスはアディダスとのコラボレーションスニーカーもリリースしています。レニークラヴィッツもリックオウエンスのハイカットスニーカーを愛用しています。

最近では女性セレブもリックオウエンスのハイカットスニーカーの人気が高まっています。アディダスとのコラボレーション以外にクロムハーツとのコラボレーションも話題となりました。

イージーパンツ

リラックスしたスタイルとモードなエッジの効いた要素を持つリックオウエンスのイージーパンツ。得意なドレープを生かしたエレガントなイージーパンツは”ハイストリート”スタイルには最適なitemです。

リックオウエンスのイージーパンツを代表するサルエルパンツは流行り廃りのないリックオウエンスのアイコン的ボトムスです。

テーラードジャケットやレザージャケットにサルエルのイージーパンツを合わせたリックオウエンス独特のモードスタイルが多くのファッショニスタを陶酔させます。

カットソー

ロング丈のタイトなカットソーやドレープを使ったラグジュアリーなカットソーもリックオウエンスの得意なitemです。通年、リリースされるカットソーはシーズンによってデザインは異なりますが、リックオウエンスの特有のエッセンスはそのまま。

そして最もカッティングとパターンのよさを感じることのできるitemでもあります。上質なコットンやシルク、カシミアと言った肌触りのいい素材に拘って仕立てられるリックオウエンスのカットソーは病みつきになる着心地のよさ。

圧倒的に無地のカットソーが多いリックオウエンスですが、プリントモノの存在も皆無ではありません。

定番の無地のカットソーも飽きずに使えていいのですが、プリントモノも精悍なリックオウエンスのスタイルによく似合う。

リックオウエンス(RICK OWENS)は唯一無二のハイブランド

本当の服好きを虜にするモード界の寵児

唯一無二のデザインと圧倒的な存在感を放つモード界の寵児であるリックオウエンス。オールブラックの精悍なスタイルを武器に数々の服好きを虜にしてきたブランド。

リックオウエンス自身もストイックに鍛え上げた身体に自身のブランドをまとい、ファッションアイコンとしても活躍しています。

リックオウエンスの服は間違いなくリックオウエンス氏自身が一番似合う。それは、自分が着たいと思う服を拘り抜いて作っている証拠でもあります。

流行りを追わない、妥協知らずの鬼才が作り上げるリックオウエンスは、これからも多くの服好きを陶酔させることは、間違いありません。

INTRODUCTION of THE WRITER

hansu719
name. hansu719
ショップバイヤー、スタイリストを経てフリーライター兼シンガーソングライターが生業です。ハイブランドからストリートstyleまでラグジュアリーな香りのするstyleが好みです。

RELATED

ハリウッドセレブやロックセレブに愛され、ファッショニスタに熱狂的なファンを持つブランドのリックオウエンス。玄人好みのマイノリティなデザインは流行なんてお構いなし。欲しいモノ、作りたいモノにとことん拘り生まれるリックオウエンスの洋服は、唯一無二の存在感を放っています。デザイナーやスタイリストと言ったファッション関係者にも多くのファンを持つリックオウエンス。ロックセレブセレブレティーとしてもお馴染みのレニー・クラヴィッツも愛用するリックオウエンス。流行ではない本物の服を作り上げる孤高のブランドを徹底解析いたします。