HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

ロシア発のスポーツカーメーカー! マルシャの魅力

ロシア発のスポーツカーメーカーのマルシャをご存知でしょうか?残念なことに2014年に自動車事業の廃止をしてしまいましたが、前衛的なマシンを製造していました。そんなマルシャについて紹介していきます。

マルシャ

マルシャとは?

マルシャは2007年にロシアで設立された、新興自動車メーカーです。2014年に撤退してしまいましたが、2台のスポーツカーと、一台のSUVを開発しました。また、マルシャは2012年から2015年までF1にも参戦していました。マルシャは、2008年にソ連とロシアを通じて初のスーパーカーとなるマルシャ・B1、2009年にマルシャ・B2、2010年にはSUVのマルシャ・F2を発表しました。

マルシャのラインナップ

B1

マルシャ・B1はロシア初のスポーツカーです。2008年に発表されたB1はフェラーリの影響を受けたとも言われており、非常に近代的で美しいデザインとなっています。2009年から2014年まで製造販売されました。300馬力のコスワース3.5リッターV6エンジンか、360馬力か420馬力の2.8リットルターボチャージドV6エンジンから選択することができました。0-100kphの加速は3.8秒、最高速度は控えめの250kphとなっています。

B2

B2はマルシャが、B1についで2009年に発表した二代目のマシンです。エクステリアはB1より前衛的になり、まさにスーパーカーといった見た目となっています。パワートレインに大きな変化はなく、300馬力のコスワース3.5リッターV6エンジンか、360馬力か420馬力の2.8リットルターボチャージドV6エンジンから選択するという点は代わりありません。パフォーマンス面は向上しており、最高速度は310 kph、加速は変化なしと若干アップデートされました。10万ユーロ程度の価格のマシンでしたが、生産がうまく行かず、販売数も伸びなかったようです。それがマルシャの撤退に繋がったと考えられています。

F2

F2は2010年にマルシャが発表したSUVです。近代的かつ重厚なデザインが特徴のSUVで、エンジンは245馬力のコスワース3.5リットルV6エンジンを搭載しています。一般ユーザーだけでなく、軍や警察、消防などへの納入も予定していましたが、2014年の突然の撤退で実際に何台生産、販売されたのかはわかっていません。

撤退してしまったのが惜しい、マルシャ

ロシアのスポーツカーメーカーであったマルシャについて紹介してきました。マルシャはロシア初のスポーツカーメーカーとしてB1、B2、F2という前衛的なマシンを発表しました。パフォーマンスはこれからと言ったところでしたが、今後の成長が期待できるメーカーであったといえます。マルシャのホームページには、今後予定していたであろうマシンの画像を見ることができ、撤退してしまったのが非常に惜しい自動車メーカーです。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

ロシア発のスポーツカーメーカーのマルシャをご存知でしょうか?残念なことに2014年に自動車事業の廃止をしてしまいましたが、前衛的なマシンを製造していました。そんなマルシャについて紹介していきます。