HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

ロシアの天才ピアニスト、「ダニエル・ハリトーノフ」に世界が注目

ダニエル・ハリトーノフは、今、世界が注目しているピアニスト。2015年に行われたチャイコフスキー国際コンクールでは第3位を受賞し、その後も高い評価を受け続けています。端正なルックスから、「ピアノ界の貴公子」とも呼ばれる彼について、詳しくご紹介いたします。

ダニエル・ハリトーノフとは何者?

若き天才の、華麗なる経歴

1998年サハリン生まれ。5歳よりノヴォシビルスク中央音楽学校でピアノを学ぶ。その後モスクワ音楽院の高名な教授ヴァレリー・ピセツキーに師事し、研鑽を積む。2005年にはわずか7歳でモスクワ・フィルハーモニー管弦楽団との共演を果たし、11歳の頃にはロシア国立交響楽団とラフマニノフのピアノ協奏曲第一番で共演をした。

12歳からはモスクワを本拠地とし、スピヴァコフが指揮を務めるモスクワ・ヴィルトゥオーゾ室内管弦楽団と定期共演をしている。その他、ゲルギエフ指揮のマリインスキー劇場管弦楽団やロシア・ナショナル管弦楽団、モスクワ放送チャイコフスキー交響楽団、ウクライナ国立交響楽団、モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団などともソリストとして共演している。

ロシア国内のみならず、ドイツ、スペイン、フランスをはじめとするヨーロッパ各国の著名なホールでコンサートを行い、2013年3月には、カーネギーホールにて本格的にデビュー。更にフランスのアヌシー音楽祭などの国際音楽祭にも参加し、世界中から高い評価を受けている。最近ではロシア文化省から贈られる最も権威のある賞“National Pride of Russia”を受賞し、2015年のチャイコフスキー国際コンクールでは三位入賞に輝いた。

プロフィールを見てわかるとおり、彼の活躍は目覚ましく、まさに天才といえます。ピアノを始めてわずか2年で、一流であるモスクワ・フィルハーモニー管弦楽団との共演を果たすという経歴は、にわかには信じがたいものです。天才の1年とは、凡人とは比べ物にならないくらい濃密なものに違いありません。

チャイコフスキー国際コンクールは、エリザベート王妃国際音楽コンクール、ショパン国際ピアノコンクールと並ぶ、世界的に最も権威のあるコンクールのひとつ。このコンクールで16歳という若さで3位に輝いた彼の才能は、驚異的です。今後も多くのコンクールで成功を収めることでしょう。その活躍に、これからも目が離せません。

弱冠11歳での演奏です。タッチは軽いながらも、既に観客を魅せる技術力、表現力を持っていることが分かります。
堂々とした弾きぶりからは、一流ピアニストの風格さえも感じられます。それは、彼が7歳からオーケストラと共演するなど、ピアニストとして場数を踏み、申し分のない実力を持ち合わせているからこそ滲み出るものでしょう。

その実力と音楽性

チャイコフスキー・コンクールで年長者に伍して3位を得るほどだから、テクニックはむろん申し分ない。それ以上に感心したのは、全音域ムラのない音、滑らかなフレージング、抑制の効いた表現、そして確かな構成力である。

ハリトーノフの演奏するフォルテッシモは、グランドピアノ全体が揺れるほど力強く、迫力のあるものです。それに対し、ピアニッシモでは、粒の揃った繊細な音を奏でます。

テンポの速い難曲も軽やかに弾きこなし、ゆったりとした叙情的な曲も豊かな表現力で聴衆を魅せます。彼は、力強い打鍵や技巧を誇示する、若いだけのピアニストではありません。経験豊かで、緩急自在の演奏をする、「大人」のピアニストなのです。

端正なルックス

「天は二物を与えず」と言いますが、それが嘘だということは言わずと知れたこと。ハリトーノフは、二物を与えられた典型的なケースでしょう。端正なルックスで、彼の写真をまとめたファンページもあるほど。感情を込め、表情豊かに演奏する姿は美しく、多くのファンを獲得しています。

190cmを超えているであろう長身で、足も長く、なんとも恵まれたスタイル。ステージの上に、スタスタと早足で登場する姿は、ハリトーノフのコンサートではお馴染みです。そんな彼の姿に夢中になっている方も多いはず。

こちらは日本公演での写真です。私が足を運んだ公演では、女性ファンが多い印象を受けました。女性ファンからの手紙や花束を笑顔で受けとる姿は、まさに貴公子。これからも、ファンが増え続けること間違いなしです。

2017年、彼の演奏はどこで聴ける?

直近の演奏会ですと、以下になります。

2017/8/28(月)

読響サマーフェスティバル2017<三大協奏曲>

会場:東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル (東京都)
所在地: 〒160-0023 東京都新宿区西新宿3丁目20−2
電話: 03-5353-0788

販売期間:2017/4/22(土) 10:00~~2017/8/28(月) 18:30

そのほかにも、12/2(土)に東京オペラシティでリサイタルがあります。若き天才ピアニスト、ダニエル・ハリトーノフの才能をどうぞお見逃しなく。

INTRODUCTION of THE WRITER

みずの薫
name. みずの薫
絵画・音楽鑑賞と読書が趣味です。日々の生活がより豊かになるような、情報を発信できたら幸いです。

RELATED

ダニエル・ハリトーノフは、今、世界が注目しているピアニスト。2015年に行われたチャイコフスキー国際コンクールでは第3位を受賞し、その後も高い評価を受け続けています。端正なルックスから、「ピアノ界の貴公子」とも呼ばれる彼について、詳しくご紹介いたします。