HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

ル・マンに勝つために作られた一台:Jaguar C-TYPE

イギリスの名門自動車メーカー”Jaguar”が1951年に生み出したレーシングカーです。Jaguar XK-120で成功を収めたJaguarがよりスポーティーなブランドイメージを確立するために生み出したマシンが”Jaguar C-TYPE”で、攻撃的なパフォーマンスと魅力的なエクステリアを持つ一台となっています。

Jaguar C-TYPE

Jaguar C-TYPEとは?

”Jaguar C-TYPE(ジャガー・Cタイプ)”は、イギリスの名門自動車メーカーである”Jaguar”が1951年から1953年までの間に販売開発をしたレーシングカーです。1948年に販売されたマシンである”Jaguar XK-120”の大成功を受け、よりスポーティーなブランドイメージを確立するために開発されたマシンが”Jaguar C-TYPE”で世界三大レースの一つである”ル・マン24時間レース”に参戦するために作られました。流麗なボディデザインと圧倒的なパフォーマンスを持つ”Jaguar C-TYPE”は、1951年と1953年のル・マンにおいて勝利を収めています。

ル・マンに二回勝利した攻撃的なパフォーマンス

”Jaguar C-TYPE”は、世界一過酷なレースの一つである”ル・マン24時間レース”に勝利を収めるために開発されました。そのためには、”Jaguar C-TYPE”のパフォーマンスを世界最高レベルにする必要がありました。”Jaguar C-TYPE”のエンジンは、3.4リッター直列4気筒XKエンジンを採用し、160hpの出力からチューンナップすることで200hpまで引き上げられました。4速マニュアルトランスミッションが組み合わされ、当時の航空機のような空力性能の高いスタイルのボディによって、0-60mph加速は8秒、トップスピードは225km/hまで到達しました。この設計は抜群の効果を発揮し、”Jaguar C-TYPE”は。1951年および1953年のル・マンで優勝を飾りました。

D-TYPE/E-TYPEへと続く流麗なボディデザイン

”Jaguar C-TYPE”のボディデザインは、イギリスの飛行機メーカーであった”ブリストル飛行機”から移ってきた技術者によって施されました。”Jaguar C-TYPE”の後継マシンとなる”D-TYPE”やその後継モデルとなる”E-TYPE”へと続く有機的なデザインはここから始まり、高い空力性能はもちろんのこと、見た目にも美しいスタイルを生み出しています。アルミ製ボディによって重量は1トンを下回っており、車高は1m未満と現代のマシンと比較すると極めて低い設計となっています。

N.A.S.Aさん(@aschots)がシェアした投稿 -

Jaguarのイメージを確立した一台:Jaguar C-TYPE

Oficinaさん(@oficinagoods)がシェアした投稿 -

イギリスの名門自動車メーカー”Jaguar”によって1951年から販売されたレーシングカー”Jaguar C-TYPE”について紹介してきました。”Jaguar C-TYPE”は、後の”D-TYPE”や世界で最も人気の高いクラシックカーである”E-TYPE”へと続くデザインのエッセンスを数多く生み出したモデルであり、その抜群のパフォーマンスも魅力的な一台です。現在この’Jaguar C-TYPE’は4億円近い価格で取引されており、クラシックカーの中でも特に高額な一台となっています。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

イギリスの名門自動車メーカー”Jaguar”が1951年に生み出したレーシングカーです。Jaguar XK-120で成功を収めたJaguarがよりスポーティーなブランドイメージを確立するために生み出したマシンが”Jaguar C-TYPE”で、攻撃的なパフォーマンスと魅力的なエクステリアを持つ一台となっています。