HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

ラグジュアリー極めしスーパーヨット:Aviva

98mもの全長を誇る巨大ヨット”Aviva(アヴィヴァ)”。バハマを拠点とするビジネスマンである”Joe Lewis”によって建造されました。ラグジュアリー極める巨大ヨット”Aviva”について紹介していきます。

Aviva

YACHTING CORNERさん(@yachtingcorner)がシェアした投稿 -

超巨大ヨット:Avivaとは?

Avivaは、ドイツに本拠地を構えるAbeking & Rasmussenによって建造された巨大ラグジュアリーカスタムヨットです。この巨大ヨット”Aviva"は、イギリス生まれでバハマを拠点とするビリオネアのビジネスマン”Joe Lewis”氏のために2017年に作られました。”Aviva"の全長は321ft(98.4m)と極めて大きく、船幅は18m、排水トン数は4600トンとなっています。航行距離は6000海里(約11112km)で、クルージングスピードは14ノット、トップスピードは20ノットと申し分なく、ハイブリッド・システムによって、メインエンジンを駆動させることなくモーターによって11ノットで航行することも可能となっています。

圧倒的な存在感と究極のラグジュアリー

100m近い全長と20m近い船幅を持ち、圧倒的な存在感を見る人に感じさせるスーパーヨット”Aviva"。”Boat International Design & Innovation Awards 2018”の”Best Lifestyle Feature Design”を受賞した”Aviva"のデザインは、極めてモダンで流麗、そしてラグジュアリー性の高さを感じさせるものとなっています。4階層に別れたキャビンはどこを見ても洗練されており、スタイリッシュな印象を持っているのも特徴的です。さらにその巨大なボディは見る人を圧倒します。

数多く備え付けられた至れり尽くせりの装備

Carol 🍒さん(@carolfeith)がシェアした投稿 -

超巨大スーパーヨットである”Aviva"には、6つのステートルームが用意されており、最高で12名を宿泊させることができます。パーティーを開いたりする際には、最高で35人のゲストを招くことができ、この極めてラグジュアリーで快適なヨットを楽しんでもらうことができます。また、”Aviva"は、ラグジュアリーヨットとして、装備されている施設も極めて豪華絢爛で、デッキにはジャグジーがあり、他にもビーチクラブ、スイミングプラットフォーム、エアーコンディショナー、水中ライト、入浴施設、ジム、ピアノなどが備え付けられています。これらの施設で招待した大切なゲストをおもてなしすることができます。

究極のラグジュアリーヨット:Aviva

ドイツに本拠地を構えるAbeking & Rasmussenによって建造されたエクスクルーシブな巨大ラグジュアリーカスタムヨット”Aviva"について紹介してきました。”Aviva”は極めて巨大なラグジュアリーヨットで、圧倒的な存在感を持つエクステリアや豪華絢爛なインテリアが魅力となっています。2017年に進水した新しいヨットであるため、装備も最新であり飽きることのないクルージングを一年中楽しむことができます。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

98mもの全長を誇る巨大ヨット”Aviva(アヴィヴァ)”。バハマを拠点とするビジネスマンである”Joe Lewis”によって建造されました。ラグジュアリー極める巨大ヨット”Aviva”について紹介していきます。