HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

ラグジュアリーな感動の国 South Afurica!

今、ハイステイタスな人たちの間で大注目の旅行先。 ヨーロッパのような都市や自然あふれるサファリなど魅力いっぱいの南アフリカ。その中から厳選した注目スポットをご紹介。

ヨーロッパなアフリカを体験

ケープタウン

ヨハネスブルクに次ぐ都市ケープタウン
いわゆる自然あふれるサファリがある南アフリカのイメージとは違い、この都市はオランダ統治時代のヨーロッパ感ただよう空気が楽しめます。

その中でも「ビクトリア&アルフレッド・ウォーター・フロント・ショッピングセンター」ではアクアリウム・ホテル・イタリアンや日本食のレストランなど全てが揃っています。
遊覧船で1時間ほどのクルーズもでき、テーブル湾からケープタウンの街並みやテーブルマウンテンなどの山の景色が楽しめ、夜には美しい夜景が見ることも。アフリカにいる事を忘れてしまうほど美しい景色が楽しめます。

ポップでカラフルな街並み!

マレークオーター

ケープタウンから500mほど西に位置するマレークオーター
パレットのようなカラフルな街並みはとてもフォトジェニック。カラフルな色合いを見ているだけで心が躍ります。
この地区はオランダ人によってマレーシアやインドネシアなどのアジアやアフリカ諸国から労働者として連れてこられた人々(ケープマレー)の多くの子孫が住んでいます。
カラフルな色合いは建物が似たような 間違わないように塗られたのだとか。南アフリカを訪れた時には絶対撮りに行きたいフォトグラフィックな場所ですね。

ビーチで野生のペンギンを

ボルダーズビーチ

シティを楽しんだ後はボルダーズビーチへ。
ペンギン村と呼ばれるビーチには無数のペンギンが。野生のアフリカペンギンを間近で
見ることができる場所として人気の場所となっています。
一生分のペンギンを見た!!という人がいるほどのペンギンの数は圧巻で、そのよちよちと歩く姿はとてもかわいいと評判です。

都会に定着したペンギンは住環境が激変し個体数が激減していきまし。そこでアフリカペンギンは2010年5月に絶滅危惧種に指定され周辺地域では保護活動を進めています。
そんな貴重なペンギンを無数に見る事ができるビーチを訪れてみませか?
このビーチ周辺には倉庫が置かれているのですが、この倉庫もなんともおしゃれ。インスタグラマーには思わずシャッターを切りたくなる場所です。

ハリウッドスターも訪れるワイルドなサファリゲームで感動の体験を

写真提供:南アフリカ観光局

Lion&safary park

http://www.lionandsafaripark.com/

ヨハネスブルク国際空港から車で約1時間の距離にあるLion&safary park
ライオンパークと呼ばれているこのサファリパークはライオンを中心に様々な動物を見る事ができます。
草食動物と肉食動物のエリアが分かれており、そのエリアをサファリカーで移動します。
日本でも動物を身近に見る事ができますが、ここまで近くまた動物の息遣いまで感じられる経験はできません。草食動物のエリアではキリンが車の中をのぞく事もあるそうです。このサファリでは様々なツアーが用意されています。

CHEETAH WALKというツアーは、45分から1時間をかけてゆっくりとチーターと散歩ができます。また、16歳以上から参加可能なのが、LION WALKツアー。ライオンと散歩できるのです。これほどチーターやライオンの肉食動物を近い距離で触れ合えるのはライオンパークならでは。
大迫力のチーターやライオンの姿にどきどきしながらも、動物の暖かい体温を感じ、一緒に歩いた時間はきっと忘れられない経験となるでしょう。

その他には夜行性動物の餌やり等があります。餌やりを見るのですが、ただの見学ではありません。ライオンが肉を噛みちぎり、骨をバキバキと食べる姿は迫力満点。
猛獣には近寄りがたい人には、赤ちゃんライオンと記念写真を撮影するプランも。
このパークでは、サファリ内を自分で運転する事も可能です。猛獣が現れても驚かない自信のある人はぜひチャレンジしてみて下さい。

ALEX TOURはライオントレーナーのアレックスと共に行動するツアーです。彼はライオンとの信頼関係があるため、おどろく事にライオンを引き寄せハグする事もあるそうです。サファリでは遠い距離でライオンを眺めることしかできない事も多い中、彼がいれば車のすぐそばまでライオンをみせてくれる事でしょう。

サファリの宿泊はゴージャスなロッジで

ロッジ「Singita」

リュクスな旅の宿泊にはこんなゴージャスなロッジはいかかでしょうか。国立公園クーガー公園の中で滞在できるホテル、ロッジ「Singita」

このロッジの部屋はとても解放感があり、公園内にロッジが建っている為自然の中で眠り目覚めるという特別な体験ができます。もしかすると、朝キリンがやってくるかもしれませんね。
ベッドやソファーに寝ころびながら本物の大自然が心ゆくまで眺められます。

ディナーにはこんな特別なロマンティックな空間で。
灯りがともされた空間は昼間みた荒々しいサファリの雰囲気とは違い、うっとりと時が流れるよう。美味しい食事とワインを楽しむ時間は美味しい食事とワインをゆっくりと楽しんでください。夜には火が灯され虫の音や風の音を感じるこの空間で、仲間や愛する人と灯を囲み、語り合う時間は特別なものになるでしょう。

shingita lodge
https://singita.com/lodge/singita-ebony-lodge/

写真提供:南アフリカ観光局

いかがでしたでしょうか。美しいヨーロッパを感じる街並みを楽しむ事もでき、自然豊かな場所で間近に動物を感じるサファリを楽しんだり、ラグジュアリーな空間から眺める大自然など、一つの国でこれほど豊かな経験ができる国は他にはありません。

ここでは紹介しきれなかった、オーシャンダイヤモンドサファリ、ホオジロザメ・ケージ・ダイビング・ツアーなどの驚くべきアクティビティやワインやなど魅力いっぱいの南アフリカ。世界中のセレブ達が今行きたい旅行先ナンバーワンの国です。
リュクスなあなたには今すぐ日本を飛び出し、本物の感動を体感する冒険にでかけてください。

INTRODUCTION of THE WRITER

nana
name. nana

RELATED

今、ハイステイタスな人たちの間で大注目の旅行先。 ヨーロッパのような都市や自然あふれるサファリなど魅力いっぱいの南アフリカ。その中から厳選した注目スポットをご紹介。