HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

メイクについて知っていこう!化粧品を種類別に徹底解説!

メイクを始めるにあたって現在さまざまな化粧品が発売されていることで、“何を使えばいいの?”や“なにが必要なの?”なんて思う方も多いと思います。そこで今回は化粧品の種類や選び方をお伝えしていこうと思います。

化粧品の種類

現在ではさまざまな化粧品が発売されており、正直どれを使えばいいのかわからない!なんてこともあると思います。ですのでまずは化粧品の種類について紹介していこうと思います。

あなたに合った、または必要な化粧品を選ぶことでよりメイクの幅を広げお肌のトラブルを回避することでお肌も健康な状態を保てるようにしましょう。

メーキャップ化粧品

メーキャップ化粧品とは、みなさんがメイクをするにあたって思い浮かぶであろう、ファンデーション、口紅、アイライン、アイシャドーなどの、肌やお顔の印象をよく見せるために使う化粧品です。少し前からですが、女性の方だけでなく男性の方のためのメーキャップ化粧品も発売されています。ニキビやシミを隠すために使うのもメーキャップ化粧品になります。

基礎化粧品

メーキャップ化粧品が肌やお顔の印象をよく見せるための化粧品だったのに対して、基礎化粧品とは“肌そのものをキレイに保つ”ための化粧品なのです。主な基礎化粧品といえば、洗顔料、化粧水、乳液、クリーム、美容液、そして日焼け止めなども基礎化粧品に含まれます。テレビCMや広告などで聞いたことがあるかもしれませんが、スキンケア化粧品とも呼ばれています。

メイクをするうえで、肌そのものの状態によって“メイクのノリ”も変わっていきますし、ニキビやシミを隠すのではなく、できないようにしていくため、メーキャップ化粧品頼り・・・なんてことも防ぐこともできるため、本来お肌のために一番大切なのがこの基礎化粧品と言えるでしょう。

薬用化粧品

薬用化粧品とは、その名のとおり効果効能が認められた成分が配合されている化粧品のことです。ですがいくら薬用成分配合だからとはいえ、全ての方の症状が完治するというわけでもありません。

ですので状況に応じて“メーキャップ化粧品を薬用化粧品に変えてみる”などが効果的ですが、それはあくまでメーキャップ化粧品には配合されていない薬用成分が入っているために、症状が緩和すると考えるのがいいでしょう。

今からメイクを始めるにあたって必要なものって?

先ほどは化粧品の種類についてご紹介させていただきました。今度は選び方をご紹介。そしてさまざまなコスメブランドがありさまざまなアイテムがある中でオススメのコスメブランドなどご紹介していこうと思います。

化粧品の選び方

まずは化粧品の選び方です。先ほど紹介しましたが、メーキャップ化粧品だけを揃えると大丈夫!などではなく、メーキャップ化粧品や薬用化粧品+基礎化粧品が必要になります。では実際に用途別に考えていきましょう。

基礎化粧品の選び方

まず大切な基礎化粧品についてご紹介します。先ほどお伝えしましたが、基礎化粧品は本来のお肌の調子を整える大切な化粧品です。若い頃のお肌のお手入れをおろそかにしてしまうことで年齢を重ねるにつれて、メーキャップ化粧品では隠せないお肌トラブルが発生したりしてしまうのです。

メイクを落とすということは大切なお肌ケア(ニキビやシミ予防にも)なりますので、洗顔料(メイク落とし)が必要になります。また洗顔後のお肌を化粧水、乳液などで保湿してあげることでお肌をケアできるのです。

また紫外線はお肌トラブルの元になります。ですので夏の日差しが強いときはもちろんのことですが、曇りのときでも油断は禁物です。日焼け止めを塗ることで紫外線からの影響を少なくしてあげましょう。(日焼け止めのオフも大切です)

メーキャップ化粧品、薬用化粧品の選び方

10代などの若い頃にはニキビなどで悩む方も多いと思います。まただんだんと年を重ねることによって、シミなども気になり始めると思います。普段のスキンケアとは別にメイクで隠したい!そんなときに活躍してくれるのがメーキャップ化粧品や薬用化粧品です。

ニキビを隠すために使われる化粧品で1番に浮かぶのはファンデーションではないでしょうか?このファンデーションを薬用化粧品に変えることで症状の緩和につながるかもしれません。また現在お肌にトラブルがない場合には、メーキャップ化粧品から揃えるといいでしょう。

基本としまして、まずお肌を保湿してあげます。それから下地→ファンデーション→パーツメイクの流れが多いでしょう。ですので下地やファンデーションを揃えたあと、ご自身がどのパーツにメイクしたいかで必要な化粧品は変わってきます。

オススメの化粧品

化粧品は全て消耗品です。ですが、お肌にいいものを使うことによってメーキャップ化粧品のノリをよくするとともに、薬用化粧品を使わずに済むようなお肌を保つこともできるのです。

基礎化粧品

コスメデコルテ 化粧液

多重層リポソームを採用した化粧品として、“モイスチュアリポソーム”の愛称とともに、長年親しまれているコスメデコルテの保湿美容液です。
洗顔後すぐ肌になじませると、直径0.1ミクロンのリン脂質のカプセルが角層深くまでスムーズに浸透。
外側の膜から少しずつ美容成分を放出するので、かさつく肌はいつまでもしっとり。
キメをふっくら整え、ハリのあるなめらかな肌をかなえます。

ハトムギ化粧水

こちらは口コミでの評判もよく(無香料、無着色、低刺激性)、驚きの500mlで650円(税抜)という安さに加え、使い心地もいいと人気の化粧水です。お値段は安いのですが、商品は信頼できるものです。

ですので普段使いはもちろんのこと、自宅で簡単コットンパックをするときにも使用することができます。容量も500mlとたっぷり入ってますので、いろんな用途に使えますね。

メーキャップ化粧品

RMK(アールエムケー)

RMK

こちらは数ある化粧品の中でもファンデーションにすごく人気のあるブランドです。画像の商品は「RMK リクイドファンデーション」です。30mlで4,860円(税込)で販売されています。他にもこのファンデーションは8色のお色が販売されています。

他にもさまざまな化粧品が発売されてますので、お試ししてみてください。

syu uemura

こちらはメイクアップアーティストとして活躍されている“植村 秀”が創業したブランドです。

“美しいメイクアップは美しい素肌からはじまる”というコンセプトで作られる化粧品はどの商品もお肌に優しいものになっております。そしてスキンケア商品からメーキャップ商品、またヘアケア商品の販売もしています。

さいごに

いかがでしたでしょうか?日々いろいろな化粧品が登場していますが、一番大切なのはスキンケアです。普段のスキンケアをきちんとすることでお肌の状態をよくしていき、それが結果的に普段のメイクのノリにもつながっていくのです。

メイクは魔法といえます!いろんな方法を試してみて、あなたに合った“かわいい”や“キレイ”などなりたい自分を目指してメイクを楽しんでいきましょう。ぜひ参考にしてみてくださいね。

INTRODUCTION of THE WRITER

kananchuchu
name. kananchuchu
執筆をしています。
元々美容で働いていたこともあり、美容関係は得意です。

よろしくお願い致します。

RELATED

メイクを始めるにあたって現在さまざまな化粧品が発売されていることで、“何を使えばいいの?”や“なにが必要なの?”なんて思う方も多いと思います。そこで今回は化粧品の種類や選び方をお伝えしていこうと思います。