HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

マセラッティ伝説のスーパーカー”MC12”とは?

マセラティからかつて販売されたスーパーカー”MC12”をご存知でしょうか?マセラティといえば、スポーティーかつラグジュアリーなセダンやクーペで知られており、非常に高いパフォーマンスを誇るスーパーカーのイメージがないメーカーでしょう。そんなマセラティの伝説のスーパーカーであるMC12について紹介していきます。

マセラティ・MC12

マセラティ・MC12とは?

マセラティMC12は、イタリアの自動車メーカーであるマセラティが開発販売したスーパーカーです。2004年にジュネーブ・モーターショーでデビューしたMC12は、フェラーリのスーパーカーであるエンツォフェラーリの部品を流用して開発されました。これは、もともとマセラティがエンツォ・フェラーリをベースとしたマシンでFIA GT選手権に参戦する予定であったものが、キャンセルになり、自前でマシンを開発する必要に迫られたためです。MC12は一台1億円という価格で、2004年には30台、3005年には25台が製造されました。また、このMC12はマセラティ90周年を記念してデビューしたことでも知られています。

マセラティ・MC12の優れたパフォーマンス

マセラティ・MC12のパフォーマンスは当時の最高レベルであり、現代のマシンと比較しても非常に高い能力を持っています。MC12のエンジンは、エンツォフェラーリ用のエンジンをベースに改良が加えられた6.0リットルV型12気筒 DOHCエンジンを採用しています。このエンジンは5500rpmで、652Nmという強大なトルクと7500rpmで、630psという爆発的な馬力を発揮します。また、車体はスペースシャトルなどにも用いられている軽量なカーボンセラミックで作られるカーボンモノコック構造で、車両重量は1335kgと軽量化を実現。0-100km/hを3.8秒で加速し、0-200km/hへ9.9秒で加速、最高速度は330km/hを誇ります。また、MC12はFIA GT選手権に参戦するために開発されたマシンであり、つまりグランドツアラーであります。そのため、高速走行でも安定した走行性能、ドライバーの快適性を実現しているマシンでもあります。

無駄のない走りを意識したスタイリング

MC12は、レースに参戦するために開発されたため、スタイリングにも無駄がなくレースカーのデザインとなっています。エンツォ・フェラーリベースのマシンであることから、エンツォ・フェラーリの兄弟のようなスタイリングであり、左右にワイドなボディ、非常に低い車高、そしてルーフにはエアダクトが装着されています。フロントグリルはマセラティのアイコニックなデザインで、マセラティのロゴであるトライデントが輝いています。また、デフォルトの青と白のボディーカラーは富士山をイメージしたカラーリングで、ビアンコ・フジと呼ばれています。

限定12台。サーキット専用”MC12コルセ”

MC12には、世界限定12台のサーキット専用モデルMC12コルセというモデルも開発されました。2006年のボローニャ・モーターショーでデビューしたMC12コルセは、正式名称をベルシオネコルセといい、755PSまで強化された6.0リットルV型12気筒エンジンを採用し。最高時速は323km/h、0-200km/h加速は6.4秒というずば抜けたパフォーマンスを誇っています。公道での走行はできません。

マセラティの最高峰”MC12”

マセラティから販売された最高峰のマシン”MC12”について紹介してきました。MC12は、フェラーリからデビューしていた伝説のスーパーカー”エンツォ”や、ポルシェ最高峰のマシン”カレラGT”などと肩を並べる伝説的なマシンです。圧倒的なパフォーマンスとスーパーカーらしいスタイリングを併せ持つ希少なMC12は、まさにキングオブマセラティといって良いマシンでしょう。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

マセラティからかつて販売されたスーパーカー”MC12”をご存知でしょうか?マセラティといえば、スポーティーかつラグジュアリーなセダンやクーペで知られており、非常に高いパフォーマンスを誇るスーパーカーのイメージがないメーカーでしょう。そんなマセラティの伝説のスーパーカーであるMC12について紹介していきます。