HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

プジョーが誇るトップレンジ:Peugeot 508 GT

フランスを代表する自動車メーカーの一つであるPeugeotのフラグシップモデルである”508 GT”。圧倒的なドライビングフィールと印象的なスタイルを誇るマシンとなっています。

Peugeot 508 GT

Peugeot 508 GTとは?

1882年から自動車を作り続けてきた歴史あるフランスの自動車メーカーである”Peugeot(プジョー)”。歴史的企業”Peugeot”が展開しているマシンラインナップの頂点に位置するフラグシップマシンがこの”Peugeot 508 GT”です。5人乗りサルーンである”Peugeot 508 GT”は、新世代のクリーンディーゼルBlueHDiがもたらした高度なクリーン性能と、圧倒的なドライビングパフォーマンスを備えているとともに、ダイナミックで存在感のあるスタイルを持つ、魅力的な一台となっています。”Peugeot”のフラグシップサルーンであり、さらなる高みへと進化した”Peugeot 508 GT”の価格は434万円からとなっています。

新世代のクリーンディーゼルによる満足の走り

Peugeot Españaさん(@peugeotes)がシェアした投稿 -

”Peugeot 508 GT”に搭載されているエンジンは、パワーと高い環境性能を備える2.0リッターBlueHDiエンジンです。このエンジンは、基本的にはコモンレール式高圧直噴システムを持つ2.0L4気筒DOHCターボディーゼルエンジン、いわゆるクリーンディーゼルエンジンで、最高出力は133kW(180ps)/3,750rpm、最大トルクは400Nm/2,000rpmという強力なパワーを持っています。低回転域から立ち上がり、広い回転域で持続するそのトルク特性は、ダイナミックで力強い加速性能を実現しているとともに、6速オートマチック・トランスミッションとの組み合わせでシームレスな加速を実現しています。クリーンディーゼルエンジンとして、トルクだけではなく、燃費の良さも大きな特徴の一つで、その数値はリッター18kmと良好な環境性能となっています。”Peugeot 508 GT”は、GT(グランドツアラー)という名にふさわしいドライバビリティを備えた一台といえます。

ゆったりと身構えたスタイル

”Peugeot 508 GT”は、”Peugeot”のフラグシップモデルとして、余裕を感じさせるゆったりと身構えたスタイルを備えているのが特徴的で、全体的に重厚で落ち着きのある印象を持つマシンとなっています。”Peugeot 508 GT”のボディは全長4.8mで、ホイールベースが2.8m、全幅1.85mとなっており、サルーンとしての存在感も十分に持ち合わせています。また、”Peugeot 508 GT”の端正でのびやかなボディはエアロダイナミクスの観点からも効率的であるとものに、グランドツアラーらしい特徴のひとつとなっています。

Peugeotが誇るフラグシップサルーン:Peugeot 508 GT

@photoshop_autoがシェアした投稿 -

フランスの自動車メーカーである”Peugeot”が販売しているフラグシップモデルである”Peugeot 508 GT”について紹介してきました。”Peugeot 508 GT”は、長い歴史を持つ伝統的な自動車メーカーである”Peugeot”の最上位モデルとしての威厳を備えた一台です。ディーゼルエンジンによる力強いトルクと高い環境性能を両立させている点も大きな魅力の一つです。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

フランスを代表する自動車メーカーの一つであるPeugeotのフラグシップモデルである”508 GT”。圧倒的なドライビングフィールと印象的なスタイルを誇るマシンとなっています。