HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

プジョーが提案するSUVグランドツアラー ”Peugeot 5008”

2017.11.28
名称未設定 1

フランスの自動車メーカー”Peugeot”のフラグシップ7シーターである”Peugeot 5008”。もともとミニバンスタイルであったこのフラグシップマシンがSUVクロスオーバーとして生まれ変わりました。優れたスタイリングとドライビングフィールをもたらすPeugeot 5008について紹介していきます。

Peugeot 5008

Peugeot 5008とは?

Peugeot 5008は、フランスの自動車メーカーであるPeugeotから販売されているフラグシップクロスオーバーSUVです。初代Peugeot 5008がミニバンスタイルのボディをもつマシンであったのに対し、2017年からフルモデルチェンジを果たしたPeugeot 5008は、大型クロスオーバーSUVとして再誕しました。Peugeot 5008は、初代Peugeot 5008よりもスタイリッシュでアーバンなデザインが特徴のマシンであるとともに、一新されたパワートレインや車内空間デザインでより優れたマシンになりました。そんなPeugeot 5008は、404万円から購入することができます。

スタイリッシュに生まれ変わったPeugeot 5008のスタイル

初代Peugeot 5008がミニバンタイプのマシンであったのに対し、2代目Peugeot 5008は、大型クロスオーバーSUVとして生まれ変わりました。初代に比べ非常にスタイリッシュでアーバンなデザインを持つPeugeot 5008は、ブラックダイヤモンドルーフの光沢とボディカラーが織りなすコントラストがかなり魅力的に仕上がっています。さらに、ベース車であるPeugeot 3008よりも190mm引き伸ばされた4640mmの大型ボディからはダイナミズムを感じることができます。フロント部は、他のモデルとも統一され、一新された新たなPeugeotのグリルにPeugeotのバッジが輝いています。このフロントデザインがPeugeot 5008のスタイルを引き締めています。

低回転域から訪れるトルクピークを持つ1.6リッターエンジン

@mondo_auto_がシェアした投稿 -

Peugeot 5008のエンジンには、1.6リッター直列4気筒ツインスクロールターボガソリンエンジンが搭載されています。このエンジンは、最高出力165ps/6,000rpm、最大トルク240Nm/1,400-3,500rpmを発揮するパワフルなエンジンで、自然吸気2.0リッタークラスのエンジンを凌ぐパワーとトルクを発揮する高性能パワーユニットとなっています。コンパクトで低排気量のエンジンのため、パワーの割に高い燃費も魅力となっています。このエンジンの特徴は、1.400rpmという低回転域から生み出される抜群のトルクで、優れた加速フィーリングを感じることができます。

多人数乗車を考えた広々スペース

Peugeot 5008は、3列シート7人乗りの車内デザインとなっています。1列目から3列目まで広々としてスペースが魅力的な車内レイアウトで、大型クロスオーバーとして、その実用性は抜群です。また、荷室容量は3列目のシートを倒した状態である5名乗車時では762リットルで、3列目シートに加えて2列目シートも畳んだ場合の2名乗車では1862リットルにもなります。更に1列目のパッセンジャーも倒せば最大で3.2メートルのものを載せることもできます。この広いラゲッジスペースと大人数乗車を考えた設計を持つPeugeot 5008は、実用性が非常に高いマシンいえます。

Peugeotの新しいフラグシップ”Peugeot 5008”

フランスの自動車メーカーであるPeugeotから販売されているフラグシップ大型クロスオーバーSUVであるPeugeot 5008について紹介してきました。Peugeot 5008は、初代から一新したスタイリッシュなデザインを持つマシンに仕上がっています。大きなラゲッジスペースと7人がらくらく乗れる設計は、普段使いにも抜群の力を発揮します。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

フランスの自動車メーカー”Peugeot”のフラグシップ7シーターである”Peugeot 5008”。もともとミニバンスタイルであったこのフラグシップマシンがSUVクロスオーバーとして生まれ変わりました。優れたスタイリングとドライビングフィールをもたらすPeugeot 5008について紹介していきます。