HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

ブルガリ( BVLGARI )トレンドを生み続ける元祖イタリアンジュエラーのフロンティアスピリット

イタリアを代表するハイジュエラーとして知られるブルガリ(BVLGARI)。世界5大ジュエラーとして数えられる富裕層御用達のイタリアンジュエラーのパイオニアであるブルガリ。アメリカのティファニー、フランスのカルティエ、そしてイタリアの、ブルガリと称されるイタリアのナンバーワンジュエラーです。ティファニーやカルティエに比べ創業は遅いものの、130年以上の歴史を誇る老舗ジュエラーです。大胆で独創的なデザインで、ハイジュエリーの歴史を塗り替えてきた、ブルガリは、王侯貴族を始め莫大な富を持つ富裕層の寵愛を受けてきました。ハイジュエリーから高級腕時計、そしてレザーグッズにチョコレートと、全てにおいてハイエンドなプロダクツをリリーする、元祖イタリアンハイジュエラーに迫ります。

ブルガリ(BVLGARI)とは?

イタリアを代表するハイジュエラー

ブルガリ(BVLGARI)を、イタリアで最も有名なジュエラーであると断言しても差し支えないかと思います。

イタリアを代表するハイジェラーであり、世界の富裕層から絶大な支持を得る、ラグジュアリーブランドのブルガリは、世界5大ジュエラーに数えられます。

ティファニーがハイエンドでモダンな、ニューヨークスタイルを確立し、カルティエが、アールデコや、アールヌーボー様式からインスピレーションを受けた、クラシカルで、エレガンスな、ジュエリーを発表したように、ブルガリもジュエリー界に革命を起こしたブランドでした。

ブルガリが、宝石商としてスタートをした時には、ティファニーとカルティエは既にハイジュエラーとして、王侯貴族や富裕層の寵愛を受けていました。

ブルガリはティファニーやカルティエが築き上げた当時のトレンドのジュエリーとは全く異なるデザインと様式のジュエリーで勝負をし、見事、富裕層を夢中にさせます。

緻密で繊細な細工と大胆で独創的なエレガンスなデザインにオリエンタル要素を加えたブルガリのジェリーは、当時のトレンドであった、アールデコや、ロココ調のクラシカルモダンなハイジュエリーとは一線を画していました。

ダイヤモンドにプラチナ台のジュエリーが、トレンドとして、持て囃されていた時代に、大粒のカラーストーンにゴールドをふんだんに使用した大胆且つ、ゴージャスなジュエリーを発表。その躍動感と生命力に溢れた、ジュエリーに多くの富裕層は心を奪われます。

ブルガリのゴージャスでモダンなジュエリーは、イタリアンハイジュエリーの基礎を構築したと言われています。

そして、当時ダイヤモンドに比べ、かなり低い価値とされていた、カラーストーンの価値を向上させたパオイニアも、ブルガリであることは間違いありません。

ブルガリはいつしか、”カラーストーンを使ったモダンでゴージャスなジュエリーなら、ブルガリの右に出るものはない”とまで称されるようになります。

現在でも、ブルガリは大粒のダイヤモンド以上に、上質なカラーストーンを使用したグラマラスなジュエリーがアイコニックアイテムであり、多くのブルガリのグッドカスタマーが、カラーストーンのハイジュエリーを求め、ブティックへ訪れます。

カラーストーンと共にアイコニックモチーフの”スネーク”

ブルガリのジュエリーの特徴ともいえる大胆で官能的なデザイン。老舗ハイジュエラーの中で最も官能的で、エレガンスなハイジュエリーをリリースする事でも有名なブルガリは、スネークをモチーフとしたジュエリーを数々リリースしています。

スネークモチーフのハイジュエリーはブルガリのアイコニックアイテムであり、多くの富裕層から支持されています。

スネークモチーフのジュエリーはブレスレットから、リング、ネックレス、そして腕時計にまで派生しています。

”セルペンティ”と呼ばれるスネークモチーフのコレクションは、1940年代に初めて登場しました。レディースのブレスレットタイプのジュエリーウォッチから、セルペンティコレクションは始まりました。

官能的でグラマラスなスネークモチーフが腕に絡みつく大胆なデザインの腕時計は、現在もブルガリを代表するドレスウォッチです。

ブルガリは、知性と生命力、官能の象徴としてスネークモチーフを愛用しています。

”セルペンティ”はブルガリの最も有名なコレクション

ここまで明確なアイコニックモチーフを掲げる、ハイジュエラーもブルガリが登場する以前は皆無でした。

現在ではアイコニックモチーフを掲げるジュエラーも増えてきてはいますが、勿論ブルガリが先駆者です。

”セルペンティ”コレクションは、ブルガリの数あるシリーズの中でも富裕層から、断トツの人気を誇っています。

つまり、ブルガリは優れたデザイナーズジュエラーのパイオニアでもありました。この独創的な発想力で唯一無二の存在感と価値を持つハイジュエラーとして、ラグジュアリーブランドへと上り詰めました。

今では、ハイジェエラーとして誰も疑う事の無いブルガリの歴史の迫ります

ブルガリ(BVLGARI)の歴史は?

1884年にソティリオ・ブルガリによって設立

ブルガリは、1884年にソティリオ・ブルガリがローマにショップをオープンさせる事で歴史が始まります。

ギリシャ人である、ソティリオ・ブルガリは、代々、銀細工を生業としている職人の家系に生まれます。幼い頃から、銀細工を間近で見ていた影響もあり、ジュエリーに対して強い興味を抱いていました。

手先が器用だったソティリオ・ブルガリは、思い通りの銀細工を製作できるようになりまでに、長い時間を必要としませんでした。

銀細工職人の家系に生まれた、天才銀職人は、当然のように家業を継ぐ事を心に決めます。しかし、バチカン戦争が勃発した事で、一家でイタリアへ移住します。

この移住が無ければブルガリは、イタリアンジュエリーのパイオニアとして存在していなかった可能性もあります。

イタリアに移ったことで、本格的に銀細工師としてのキャリアを歩みだした、ソティリオは1884年にローマにショップをオープンします。

銀細工の工房としてスタート

イタリアに移住し、まもなくショップをオープンさせた、ソティリオ・ブルガリですが、ブルガリは当初は、銀細工の工房でした。

繊細で緻密な銀細工がイタリアの富裕層の間で好評となり、ショップをオープンさせたブルガリでしたが、銀細工工房から宝石商へと昇華させます。

ブルガリの銀細工の技術は非常に高く、当時のブルガリの顧客から、ジュエリーのオーダーが入るようになったことが、ジュエラーとして歩みだすきっかけと言われています。

ギリシャ人であるブルガリは、ギリシャ建築にも精通していました。元々、ギリシャの建築技巧やデザインからインスピレーションを受け、シルバー製品を生み出していたソティリオ・ブルガリは、そのアイディアをジュエリーにも応用します。

ブルガリは最も華やかなジュエラーとして富裕層の間で浸透する

こうして、ギリシャ建築のデザインを取り入れたオリエンタルなジュエリーが誕生します。当時のヨーロッパのハイジュエリーといえば、カルティエがブレークさせた、アールデコ調や、アールヌーボー様式のクラシカルなヨーロピアンデザインがトレンドでした。

新生ブランドである、ブルガリの独創的なデザインのジュエリーに、イタリアの貴族や富裕層は、衝撃を受けます。

オリエンタルなテイストをより明確にするために、カラーストーンをふんだんに使用し、重厚でグラマラスなデザインのジュエリーを、矢継ぎ早にリリースするブルガリに、感度の高い富裕層は当然夢中になります。

ルネサンス様式とオリエンタルテイストを融合させた、ブルガリのジュエリーは、”世界で最も華やかなジュエリー”と称され、貴族はカラーストーンの大振りなジュエリーをブルガリでこぞってオーダーするようになります。

エメラルドやサファイアは、カルティエやティファニーでも扱いはありましたが、ダイヤモンドを使用したジュエリー以上の人気はありませんでした。

ダイヤモンドジュリーに比べ、著しく価値が低いとされていた、カラーストーンがスタイリッシュでエレガントなジュエリーだと、認識させたブランドもブルガリです。

ブルガリは宝石の価値観を大きく変えたジュエラーでもありました。

新たなジュエリーの様式を確立し、それまでのハイジュエラーの常識を覆した、ジュエラー界の異端児とも言えるブルガリは、クラフトマンシップ溢れる超絶技巧と、抜群のセンスにより唯一無二のハイジュエラーとして、確固たる地位を築き上げます。

「ティファニーでも、カルティエでもない、第3のハイジュエラー」とイタリアの富裕層の間で称されるのは、ソティリオ・ブルガリがこの世を去る、1930年前後の事です。

ソティリオの息子がブルガリを継ぎ、さらにブランドを飛躍

ソティリオには、コンスタンティノとジョルジオの二人の息子がいました。1905年に、二人の息子がブルガリの事業に関わります。

ブルガリが飛躍的に成長した影には、二人の息子の協力が必要不可欠でした。優れた銀細工師でありジュエリーデザイナーでもあった、父のソティリオから、技術を学んだ二人は、経営学も受け継ぎます。優れた職人でありながら、有能な経営者であった、ソティリオ。特に時代の流れを読む先見の明には優れていた人物でした。

その血を受け継ぐ、息子の二人も、優れた経営者でありビジネスマンでした。イタリアの富裕層の間で、絶大な人気を博した、ブルガリは、海外の富裕層にも目を向けます。

イタリアへ旅行で訪れる、エグゼクティブクラスの、アメリカ人やイギリス人を顧客として迎え入れる為に、骨董店を意味する”Old Curiosity Shop”という英語表記の看板を掲げます。

更にスイスのサンモリッツにも店舗をオープンさせます。スイスのサンモリッツは、ヨーロッパやアメリカの富裕層が、ヴァカンスを楽しむ場所としても有名でした。

海外の富裕層にもジュエリーを販売し、浸透させることで、ブルガリは、世界中の富裕層の間で、その名を轟かせます。

特にアメリカの富裕層には、大胆で色彩豊かなグラマラスなジュエリーが好まれ、ブルガリは、アメリカ人紳士からも寵愛を受けます。

アメリカ人好みのグラマラスなジュエリーをリリースする事で、後に、ブルガリは、ハリウッドスター御用達ジュエラーとしても絶大な人気を得る事となります。

1950年代から1960年代にはファッションアイコンがブルガリのファンを公言

ブルガリのハイジュエリーが世界的に浸透した1950年代から1960年代は、ドルチェ・ヴィータと呼ばれた時代です。甘い生活を意味する言葉は、当時の華やかなブルガリを表現するには最適です。

創立者のソティリオがこの世を去った、1932年以降も、二人の息子の手により、着実にブルガリは成長しました。

1950年代から1960年代は、多くの著名人がブルガリを訪れ話題となりました。特に、ハリウッドスターであり、ファッションアイコンとしても絶大な支持を得ていた、オードリー・ヘップバーンがブルガリのファンである事を公言したことは、ブルガリにとってかなり大きなコマーシャルとなりました。

オードリー愛用ジュエラーとしてセレブレティ以外にも、多くのファッショニスタや、映画ファンにもブルガリの名前は浸透しました。

英国人女優のエリザベス・テイラーもブルガリのグッドカスタマーとしても有名で、ブルガリの貴重なコレクションを多数所有していたと言われています。

生前、彼女が愛用していたブルガリのハイジュエリーがオークションに登場し、かなりの高額で落札されたと言うニュースが、世界中を駆け巡りました。

ファッションアイコン御用達ジュエラーとしても認知されたブルガリは、ハイジュエリー以外の分野にも進出します。

1977年ブルガリ初の腕時計を発表

ハイジュエラーであり、高級時計ブランドとしても高い評価を得ているブルガリ。ブルガリは1977年に念願の腕時計を発表します。

今でもブルガリを代表するモデルである”ブルガリ・ブルガリ”の誕生です。ブルガリ・ブルガリが誕生したのが1977年ですが、1940年代には、ブルガリのアイコニックモチーフである、スネークが腕に巻きついたデザインの、ブレスレットウォッチである、”セルペンティ”を発表しています。

つまり、ジュエリーウォッチではなく、本格的な機械式時計として、生まれた腕時計が、ブルガリ・ブルガリです。

無駄を省いた、ミニマムで、シンプルなアナログ式のノーブルな腕時計のブルガリ・ブルガリは、世界中で大ヒットを記録します。ブルガリ・ブルガリのヒットを受け、ブルガリは本格的に時計分野に進出していきます。

1982年に”ブルガリ・タイム”を設立

1980年代に入るとブルガリの顧客から、腕時計のオーダーが殺到します。ブルガリは1982年にスイスに、”ブルガリ・タイム”を設立し、本格的な高級腕時計の開発に挑みます。

複雑機構を搭載した機械式腕時計で、多くの時計ファンからも高い評価を得ていたブルガリですが、2000年に、スイスの高級腕時計ブランドの、ジェラルド・ジェンタ、ダニエル・ロート、を傘下に収めます。

複雑機構を得意とする時計ブランドを買収した事により、ブルガリは、自社ムーブメントの開発に乗り出します。

2010年に自社ムーブメントを発表

これによりブルガリは、複雑機構であるトゥールビヨン搭載モデルのハイエンドな腕時計を発表する事が可能となりました。

2010年にはついに念願の自社ムーブメントである、”Cal.BVL"を発表し、”ソティオ・ブルガリ”に搭載しました。

2012年には完全、マニュファクチュールモデルとして、”ブルガリ・オクト”を発表します。2017年には、”オクト フィニッシモ オートマティック”と”オクト フィニッシモ トゥールビヨン スケルトン”が、ジュネーブ時計グランプリを受賞、ブルガリは時計ブランドとしても高く評価されました。

ブルガリ(BVLGARI)のアイコニックジュエリーは?

セルペンティ

ブルガリを語る上で外せないコレクションである、セルペンティ。スネークモチーフの大胆で官能的なデザインは、ギリシャ神話やローマ神話に登場する神聖なスネークからインスピレーションを受けて誕生しました。

ブルガリのグラマラスで官能的なイメージは、セルペンティコレクションに由来するように思います。ハイジュリーをメインコレクションとした、セルペンティは、ゴージャスなカラーストーンやダイヤモンドで装飾された、スネークモチーフのブレスレットやネックレスが、印象的です。

登場以来、セレブレティやファッションアイコンに愛され続けた、セルペンティコレクションはブルガリの全てを象徴するコレクションと言っても過言ではありません。

ビー・ゼロワン

モダンで都会的なデザインの”ビー・ゼロワン”コレクションは、女性メインのジュエリーが多いブルガリの中で男性にも人気の高い、ユニセックスで楽しむ事ができるシリーズです。

ボリューム感のあるリングがあまりにも有名な、ビー・ゼロワンコレクションですが、ブレスレットやネックレスそしてカフリンクスのラインアップまで存在します。

ハイジュエラーとしてのイメージが強いブルガリの中では、デイリーユースの楽しむ事のできるジュエリーで、サイズや種類が豊富な、ビー・ゼロワンのリングをマリッジリングとして愛用するハイセンスなセレブレティも多いと聞きます。

ローマのコロッセオからインスピレーションを受けて生まれたと言うデザインも魅力的です。洗練されたデザインとクラシカルさを融合させた、ブルガリが得意とするハイブリッドなジュエリーを代表するコレクションです。

18Kのイエローゴールドをはじめ、ホワイトゴールドや、イエローゴールドとホワイトゴールドのコンビや、ダイヤモンドをあしらったものまで幅広ラインアップも人気の秘密です。

ブルガリ・ブルガリ

ブルガリ初の本格派腕時計でもお馴染みの名称の”ブルガリ・ブルガリ”です。アンティークコインに刻まれている文字からインスピレーションを受けて誕生したジュエリーコレクションです。

クラシカルでありモダンなデザインが多くのセレブレティから愛されている、ブルガリを代表するコレクションです。

大振りでグラマラスなデザインが多いブルガリの中では、小振りでシンプルなデザインが多い、ブルガリ・ブルガリシリーズは、普段使いにも最適なジュエリーが多い事でも知られています。

エレガントでグラマラスなデザインが多い事でも知られている、ブルガリのジュエリーの中では、キュートでポップなデザインのジュエリーが目立つ、ブルガリ・ブルガリはヤングセレブレティからも支持されています。

ネックレスがあまりにも有名なコレクションですが、ブレスレットや、イヤリング、そしてマリッジリングにも最適な、リングのラインナップも充実しています。

ブルガリ(BVLGARI)を代表する腕時計は?

ブルガリ・ブルガリ

ブルガリの時計の歴史は、”ブルガリ・ブルガリ”からスタートしました。1977年に登場して以来、絶大な人気を誇る、ブルガリを代表する腕時計です。

メンズ、レディース共に豊富なラインアップを取り揃えてるブルガリ・ブルガリは、初めて登場したと時と変わらないルックスもこの時計の魅力の一つだと思います。

ジュエリー同様に、アンティークコインに刻まれた文字からインスピレーションを受けた、ブルガリのロゴは、しっかりとベゼルに刻まれています。このベゼルに刻まれたブランドロゴには、ブルガリが、本格派腕時計をリリースした事に対する、達成感を、プライドを感じる事ができます。

ジュエラーが手掛けるハイエンドはドレスウォッチから、本格派機械式時計を生産するようになったブルガリの、出発点はこのブルガリ・ブルガリです。

レディースの華やかなドレスウォッチから、メンズのタフなカーボンモデルや複雑機構であるトゥールビヨン搭載モデルまでラインナップされています。

ミニマムなモデルからハイエンドモデルまでライフスタイルに合わせて、ピックアップする事ができる腕時計コレクションです。

セルペンティ

全てにおいてブルガリのアイコニックコレクションである”セルペンティ”は腕時計から始まったコレクションです。

1940年にレディースのドレスウォッチとして発表した事が始まりで、その官能的でグラマラスなデザインに、世界中の富裕層を虜にします。

世界で最も官能的でエレガンスな腕時計として知られる、セルペンティは、ハリウッドセレブやファッションセレブが愛用して世界中にその存在を知らしめました。

正確には、ブルガリが初めて、発表したドレスウォッチですが、当時は、ブレスレットとしての役割の方が大きいハイジュエリーとしての扱いだったようです。

そのため時計の中身は既存のクォーツムーブメントでした。

現在でもクォーツ式ムーブメントを搭載しているものが殆どですが、ブルガリが開発した、クォーツムーブメントを搭載している為、時計としてのグレードもかなり向上しています。

腕に絡みついたスネークデザインと、存在感のあるゴージャスなデザインは、ハイジュエリーとしての評価が著しく高く、ブルガリのグッドカスタマーは、デザインや素材違いで、セルペンティのドレスウォッチを購入すると言います。

ブルガリを代表する腕時計であり、ドレスウォッチの歴史を変えた腕時計です。

ゴールドやホワイトゴールド素材のラグジュアリーなアイテムがメインでしたが、最近ではレザーストラップを手首に巻きつけて着用する、デイリーユースに最適なミニマムな、セルペンティコレクションも登場し、ビジネスシーンで、セルペンティの腕時計を楽しむ事ができるようになっています。

オクト

ジュエラーが創り上げた腕時計とは到底思えない、本格派腕時計が、オクトです。ブルガリがリリースするメンズ腕時計の最高峰が、オクトであるといっても過言ではありません。

ブルガリが複雑時計メーカーとして創り上げた、自社ムーブメントを搭載した、オクトはブルガリの時計作りに対する情熱が注ぎ込まれた腕時計です。

2012年に登場して以来多くの時計好事家を夢中にしてきた、ブルガリのオクトは、ハイジュエラーが作った時計ではなく、マニュファクチュールが作る上げた腕時計です。

美しくコンテンポラリーなデザインは、数々の名作を産み落としてきた、天才、時計デザイナー、ジェラルド・ジェンタのデザインによるものです。

八角形のケースにラウンドのベゼルのバランスがラグジュアリーでモダンです。41ミリにケースに薄型の機械式ムーブメントを搭載する超絶技巧もこの時計の魅力の一つです。

薄型のケースはエレガントで、ドレススタイルにも最適です、ムーブメントは、勿論、ブルガリが試行錯誤を繰り返して誕生させた、自社ムーブメントの、”BVL191”です。

精密性の高いムーブメントで、多くの時計評論家からかなり高い評価を受けている名機です。

ブルガリのオクトが時計として素晴らしい事は、ジュネーブグランプリの受賞が証明してくれています。

ブルガリのオクトは、ハイジュエラーがリリースする時計に興味を示さなかった、ストイックな時計マニアをも唸らせた、本物の腕時計です。

シンプルなアナログモデルから、グランプリを受賞した、トゥールビヨン搭載モデルまで、幅広いラインナップで多くの富裕層を魅了しています。

今最も気になる、機械式時計であることは間違いありません。

ブルガリ(BVLGARI)の揺ぎ無いフロンティアスピリット

チョコレートからホテルまで

銀細工工房からスタートした、ブルガリは、現在はチョコレートからホテル経営まで行う、トータルラグジュアリーブランドへと成長しました。

創立者であり、ソティリオ・ブルガリの”挑戦し続ける”と言う、DNAは創業から130年以上経った今でも脈々と受け継がれています。

ハイジュエラーが、腕時計や、レザーグッズ、パフュームのコレクションを展開する事は珍しいくありませんが、ブルガリは、それに加え、チョコレートや、レストランのプロディースからホテル経営まで、幅広く行っています。

そして全ての事業やコレクションにおいて、当然一流であり、ラグジュアリーに徹しています。

元々、富裕層や貴族を顧客に持ち、急成長を遂げた、ハイジュエラーのブルガリにとって、ホテル経営も、上質なチョコレートの製造販売も、根幹は大して変わらないのかも知れません。

ブルガリが求めるものは、極上のエレガンスとラグジュアリーさです。

現在、フランス最大のコングロマリット企業である、LVHMの傘下となったブルガリは、莫大な資金源の下、安定した経営を続けています。

常に新たな可能性を追求する、イタリアを代表するハイジュエラーの次の展開に、世界中が注目しています。

INTRODUCTION of THE WRITER

hansu719
name. hansu719
ショップバイヤー、スタイリストを経てフリーライター兼シンガーソングライターが生業です。ハイブランドからストリートstyleまでラグジュアリーな香りのするstyleが好みです。

RELATED

イタリアを代表するハイジュエラーとして知られるブルガリ(BVLGARI)。世界5大ジュエラーとして数えられる富裕層御用達のイタリアンジュエラーのパイオニアであるブルガリ。アメリカのティファニー、フランスのカルティエ、そしてイタリアの、ブルガリと称されるイタリアのナンバーワンジュエラーです。ティファニーやカルティエに比べ創業は遅いものの、130年以上の歴史を誇る老舗ジュエラーです。大胆で独創的なデザインで、ハイジュエリーの歴史を塗り替えてきた、ブルガリは、王侯貴族を始め莫大な富を持つ富裕層の寵愛を受けてきました。ハイジュエリーから高級腕時計、そしてレザーグッズにチョコレートと、全てにおいてハイエンドなプロダクツをリリーする、元祖イタリアンハイジュエラーに迫ります。