HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

ビットコインに投資する前に! 51%攻撃とは?

値上がりが止まらない暗号通貨のビットコイン。1ビットコイン200万円を超えたというニュースが話題をさらっていますが、ビットコイン取引にはリスクも存在しています。そんなビットコインへ投資する前に知っておきたいリスクの一つである”51%攻撃”について紹介していきます。

ビットコインの51%攻撃

そもそもビットコインとは?

ビットコインとは、ブロックチェーンというテクノロジーをベースに誕生した通貨のことです。ビットコインを始めとする暗号通貨は円やドルなどの法定通貨との変動相場制を取っており、ビットコイン価格、暗号通貨価格の値動きが存在しています。ビットコインやブロックチェーンの仕組みについては詳しいことは省きますが、簡単な説明として、ビットコインはブロックチェーンを保持管理するマイナーと呼ばれる人々への報酬として生み出されるという仕組みになっています。ブロックチェーンとは、ビットコイン取引の記録をいくつかのブロックにまとめ、それをチェーンのように前後につなぎ合わせていく仕組みのことです。ブロックチェーンは、銀行のシステムのように中央にあるサーバーによって管理されるのではなく、それぞれのマイナーのコンピューターによって分散して管理されています。ブロックチェーンを改ざんすることはその仕組み上、非常に難しいとされ、そのセキュリティの高さは各業界で注目を集めています。

ビットコインの51%攻撃

51%攻撃とは?

51%攻撃とは、悪意のあるグループまたは個人が、そのブロックチェーンのネットワーク全体の採掘速度の51%(50%以上)を支配し、不正な取引を行うある種の乗っ取り行為です。現在のブロックチェーンのシステムにおいては、ブロックチェーンを実質的に管理維持するマイナーと呼ばれる人々のコンピュータの多数決によって、その取引の正当性が決められる仕組みとなっています。例えば、51%のパソコンが「この取引はAである」という意見を提示し、49%のパソコンが「この取引がBである」という意見を提示した場合、多数の「この取引はAである」という意見が優先されます。51%攻撃はこれを逆手に取った乗っ取り行為のことで、ある悪意のある対象が51%の採掘速度を保持し、そのブロックチェーンを実質的にコントロールすることができるようになるということです。その暗号通貨およびブロックチェーンの根幹を揺るがす攻撃ですが、現在これにに対する有効な対策はありません。

正当な取引ができなくなるリスク

51%攻撃によって、悪意のある対象が正当な取引を拒否することが可能になります。これにより正当な方法で暗号通貨を利用としても、悪意のある対象によって決済が拒否されたり、送金ができなくなったりしてしまいます。

不正な取引が行われるリスク

また、ブロックチェーンを支配した対象によって不正な取引が行われるリスクも存在しています。例えば、10万円の送金という事実を100万円の送金のように偽ることができるということです。51%攻撃においては、51%の処理速度を得た悪意のある対象がこれにより、本来はありえない取引をしたり、残高を増やしたりするなどの不当な利益を得るという行為が行われるリスクがあります。

51%攻撃が起きにくい訳

価格の暴落

しかしながら、51%攻撃が起こることはないと言われています。その理由として、51%攻撃によってビットコインやそのブロックチェーンが被害を受けると、それら自体への信頼がなくなってしまうということが挙げられます。51%攻撃を仕掛けた時点で、そのブロックチェーンへの信頼がなくなってしまえば、その暗号通貨の売りが加速し、価格は暴落。その暗号通貨を利用しようとする人はいなくなるでしょう。つなり、悪意のある対象が51%攻撃によって利益を得ようとしても、価格が暴落してしまえば、利益を出すことはできなくなってしまうということです。これにより51%攻撃をしてもメリットはなく、骨折り損であるために、51%攻撃は起こらないとされています。

51%の採掘速度の支配の難しさ

51%攻撃が起こりにくいもう一つの理由として、ビットコインおよび暗号通貨のマイニングには莫大なエネルギーを必要とするということが挙げられます。その莫大なエネルギーとは電力のことです。マイニングには専用のコンピューターを稼働させますが、コンピュータにとっても難解な問題を処理するため、莫大な電力をマイニングに要することになります。そのため51%の採掘速度の支配には、51%攻撃をして得られる利益以上のコストがかかってしまうことになってしまいます。この電気代問題も51%攻撃は起こらない理由の一つとして挙げられています。

起きにくいとはいえ51%攻撃には注意

ビットコインにおける51%攻撃について紹介してきました。51%攻撃を仕掛けることは実質的に仕掛けた側の損となってしまいため、心配するほどのことではないと言われています。しかしながら、現在のビットコインのマイナーは企業化・寡占化が進んでおり、仮にマイナーたちが談合すれば、51%攻撃を仕掛けることが不可能ではない状態にあります。ビットコインをはじめとする暗号通貨に投資する上では、これらのリスクを認識することが重要です。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

値上がりが止まらない暗号通貨のビットコイン。1ビットコイン200万円を超えたというニュースが話題をさらっていますが、ビットコイン取引にはリスクも存在しています。そんなビットコインへ投資する前に知っておきたいリスクの一つである”51%攻撃”について紹介していきます。