HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

パーティも華やかにドレスアップ! 〝フルーツアート〟の魅力とは

最近ではフルーツカットが美しいデザートとして見て楽しめてとても人気です。以前はお店で提供されるものとして見ていたフルーツカットですが、今では「フルーツアート」として技術を習う教室もあります。フルーツの楽しくてかわいいおしゃれなカットの仕方と飾り方を学んでみるのはいかがでしょう。

フルーツカットとは?

フルーツカットとは文字どおり、フルーツを様々な切り方でアレンジして盛り付けるという技法です。別名「フルーツアート」とも呼ばれ、色とりどりのフルーツが多種多様な技法を駆使して盛り付けられる様は、まるでアートのような彩りを放ちます。

この「フルーツアート」の世界が、今、インスタグラムを中心に密かなブームになってきています。
それでは早速、「フルーツアート」の世界を覗いてみましょう。

フルーツアートは教室で習う事も可能!

フルーツアートは、ペティナイフ1本で作りあげられる世界。ある程度経験を積めば、10分程度で1つを作ることができるようになります。

フルーツを回して切ったり、捨てる皮を活かしたり、フルーツ自体をかごのように使ったり、技術を習得すれば様々なことができるようになります。

現在では、「日本フルーツアートデザイン協会」も発足していて、フルーツカット教室やフルーツアート教室などができています。フルーツカッティングのアート性を高めて「楽しい! 綺麗! 美味しい! 」のフルーツの新しい魅力が広がっています。

フルーツのカッティングの技法には、花びらのように薄く切って重ねたり、丸くくり抜いてボール状にする技法、ブロック状に切ったり、皮をギザギザにカットしたり、ハート型にカットする方法、飾り切りと言った方法などが各種あります。

その際に、皮を活用するのがとても大事な要素で、皮も活用しながら、それぞれを立体的に盛り付けていきます。

「日本フルーツアートデザイナー協会」による「フルーツアート」についての説明でも、この皮の活用が重要な要素となっています。

フルーツアートとは、これまでの【フルーツを食べやすくカットする技術】にアートの要素を加え、フルーツの葉や皮等通常捨ててしまう部分やB級品をも利用し、立体的かつ美しく見せることによりフルーツの付加価値を高める為に考案された技法です。

「日本フルーツアートデザイナー協会」で習うには

実際に習ってみたくなった方には「日本フルーツアートデザイン協会」の各目的毎の講座もおすすめです。

専門的に仕事として習得したい方への「フルーツアートプロフェッショナル養成講座」や趣味で楽しみたい方への「フルーツジェンヌ レッスン」「フルーツファンアドバーザー養成講座」などが実施されています。

おもてなしのこころや感謝の気持ち・・・
大切な方に〝こころ”を伝える「フルーツジェンヌスタイル」の講座は、全ての授業をVIPプライベートコースでご受講頂きます。

・お仲間を誘ってのグループレッスンも可能です
・4名様以上での出張レッスンも承ります
・いずれの場合もご都合に合わせたのレッスンです。

STEP1~STEP7で受講料金 220,000円(外税)20,000円
*2人様以上でのお申込みの場合はおひとり様あたり20,000円を割り引き致します。

身に付けたい! プレゼントしたくなるような「フルーツアート」の世界

自分でできるようになったら、いつも食べているフルーツが切り方1つで華やかなデザートになります。オリジナリティにあふれた「フルーツアート」を主役にパーティを開いてプレゼントしてみませんか。

誕生日やバレンタインデー、お友達とのパーティにいかがでしょう。テーマ性を持った「フルーツアート」を作ってみるのも素敵です。

「楽しい! 綺麗! 美味しい! 」おしゃれな世界をもっと楽しんで!

1つの皿をキャンバスと見立てて美しいデザートプレートとして絵を描いたり、色合いを考えながら立体感を出したり、時には季節感やテーマを作って飾る楽しみがある「フルーツアート」の世界です。

「楽しい! 綺麗! 美味しい! 」おしゃれな「フルーツアート」として楽しむ技術を一度専門的に習って身に付けてみるのもいいのではないでしょうか。きっとフルーツの世界が大きく広がります。

INTRODUCTION of THE WRITER

tryworks.oka
name. tryworks.oka

RELATED

最近ではフルーツカットが美しいデザートとして見て楽しめてとても人気です。以前はお店で提供されるものとして見ていたフルーツカットですが、今では「フルーツアート」として技術を習う教室もあります。フルーツの楽しくてかわいいおしゃれなカットの仕方と飾り方を学んでみるのはいかがでしょう。