HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

パワフルで若い日本酒 「 AKABU 」

数あるお酒の中で日本の誇る日本酒はみなさんお好きですか?日本酒といえば代々受け継がれていく酒蔵で作られるお酒、というイメージがあるかと思います。今回はそんな日本酒の常識を覆すような若い日本酒「AKABU」をご紹介させていただきます。

赤武酒造とは?

桜本商店さん(@sakuramoto_shop)がシェアした投稿 -

赤武酒造は1896年に岩手県大槌町で創業した酒造です。代表的な銘柄としては「浜娘」が有名です。蔵の伝統銘柄を持っている老舗の酒造でしたが、2011年3月11日、誰もが忘れることのない東日本大震災により、蔵は津波と火災で失われました。

蔵が失われたことで日本酒造りが出来なくなってしまいましたが、地元に愛されていた「浜娘」の製造をストップさせるわけにはいかないと蔵元が奔走し、岩手県盛岡市にある桜顔酒造で設備を借りながら「浜娘」の製造を続けることができました。

新しい酒蔵は無理でも、使っていない酒蔵をなんとか見つけて再建しようとしていましたが、2013年に国の補助金を利用して、赤武酒造は盛岡市内に「盛岡復活蔵」を建てることができました。現在は6代目杜氏の古舘龍之介さんを中心に酒作りが行われています。

赤武酒造の特徴は?

赤武酒造の大きな特徴は「若い杜氏である」ということです。杜氏である古舘龍之介さんは震災のあった2011年、東京農業大学醸造科の1年生でした。蔵元の父、古舘秀峰さんが「盛岡復活蔵」を作った翌年、2014年に大学を卒業した龍之介さんは、関東にある酒蔵と日本酒の研究を行う独立行政法人酒類総合研究所で短期間の研修を行い、赤武酒造の杜氏となりました。まだ22歳の杜氏ということで大きな注目を浴びました。

<若い杜氏による新しい働き方>

日本酒作りは後継者の不足、早朝から深夜までの手を抜くことのできない職人仕事の大変さもあり、杜氏の平均年齢は高齢化しています。時代が変わっても日本酒の味を変えることはできません。しかし、龍之介さんは酒造では考えられない週休2日シフト制を導入し、作業工程も頼れるところは機械に頼るなど、「酒造りは手作り」というイメージを覆しました。
日本酒はちょっとした誤差が味に大きな差をもたらしてしまいます。体が疲れているとどうしても手を抜いてしまうことも出てきてしまいます。細かい作業の多い日本酒作りの質を落とさないために、「いいお酒を作るためにはしっかり休んで、集中力を切らさないことが必要」という若い杜氏ならではの発想です。

<若い杜氏の新しい日本酒>

杜氏の高齢化は体の負担だけではなく、新しい商品の開発が進まないという問題もあります。日本酒をたくさんの年代の消費者に飲んでもらうためにも、新しい商品開発は必要です。
さらに「浜娘」を始めとする赤武酒造の日本酒は地元で販売されることがほとんどでした。龍之介さんは首都圏の地酒専門店との取引も始め、担当者を蔵に招待するという新しいスタイルを取り入れています。

AKABU人気の秘密は?

Seiki Sasakiさん(@s.s.8.8)がシェアした投稿 -

赤武酒造の若い杜氏の作った「AKABU」は、震災で注目を集めたにも関わらず、時間の経過とともに出荷数が落ち着いてしまった「浜娘」に変わる蔵の看板商品を目指して作られ、その期待通り人気を集めています。人気の秘密を見てみましょう。

① 若い人にも飲みやすい味

若い杜氏の作る日本酒は、「若い人にも飲んでもらいたい」、そんな思いが詰まっています。龍之介さんの求めた「きれいでフレッシュ、かつしっかりした味のお酒」はしっかり表現され、若い人からの支持を集めています。

② 豊富なラインナップ

AKABUは純米吟醸酒、純米酒、AKABU F、熟成生酒、純米大吟醸、など13種類ものラインナップがあります。飲み比べをしたり、自分好みのものを探したりと楽しみながら飲めることも人気の秘訣です。

「AKABU」美味しさの秘密は?

熊谷 翼さん(@kumagaitasuku)がシェアした投稿 -

若い杜氏が作っただけでなく、その美味しさからも人気が高まっているAKABUですが、美味しさの秘密に迫ってみます。

① 吟醸である

AKABUにはたくさんの種類がありますが、そのほとんどが吟醸になっています。
吟醸とはお米を削ぎ落とし、低温でじっくりと発酵させたものを使用したものです。パンの「自家製酵母」と似ています。この作業は「吟醸作り」と呼ばれており、とても手間と時間がかかる作業です。そのため、吟醸酒は価格も高めになっています。

低温で発酵させることによりフルーティーな味わいが出ることが特徴で、日本酒が苦手な方でも飲みやすく人気です。

② お米の種類

日本酒に使用されるお米にも種類があります。「酒造好適米」と呼ばれる、お酒作りに適したお米を使用します。AKABUは地元岩手県の酒造好適米を使って日本酒を作っています。
特に「AKABU 結の香」は名前の通り岩手県オリジナルの「結の香」を使用しています。このお米は大吟醸専用の酒米で、10年かけて開発されたお米です。地元岩手県の、恵まれた酒造好適米を使用しているところも美味しさのポイントです。

「AKABU」はどこで買える?

赤武酒造の新しい日本酒「AKABU」、どんな印象を持たれたでしょうか。

最後にAKABUはどこで購入できるのかご紹介させていただきます。
AKABUは百貨店のお酒コーナーでの取り扱いは少なく、酒屋での取り扱いが中心です。大きなチェーン店ではなく、個人店のほうが取り扱っていますが、チェーン店でも取り寄せは可能なことがありますので、ぜひ店員さんに聞いてみましょう。

楽天などのインターネットショッピングサイトからも購入可能です。

若い杜氏がこだわり抜いて作ったAKABU、ぜひお試しください。

AKABU公式サイト:https://www.akabu1.com/

INTRODUCTION of THE WRITER

Jun-.-nuj
name. Jun-.-nuj
旅行が大好きな30代です。プロトラベラーを目指して日々奮闘中です。

RELATED

数あるお酒の中で日本の誇る日本酒はみなさんお好きですか?日本酒といえば代々受け継がれていく酒蔵で作られるお酒、というイメージがあるかと思います。今回はそんな日本酒の常識を覆すような若い日本酒「AKABU」をご紹介させていただきます。