HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

パブリックスクール( PUBLIC SCHOOL )2018春夏ウィメンズコレクションおすすめアイテム5選

2018.03.12
名称未設定 1

パブリックスクール(PUBLIC SCHOOL)2018春夏ウィメンズコレクション特集。先シーズンに引き続きダイバーシティ(多様性)にフォーカスしながら、「COME AGAIN」のメッセージをフィーチャーした今シーズンのおすすめアイテムをご紹介!

パブリックスクール(PUBLIC SCHOOL)2018春夏ウィメンズコレクション特集

排他的な移民政策やマイノリティに対する社会的抑圧へのメッセージとして、「COME AGAIN」のスローガンをフィーチャーし、ダイバーシティ(多様性)にフォーカスしながら、スポーツとアウトドア、ストリートをマッシュアップしたパブリックスクール(PUBLIC SCHOOL)2018春夏ウィメンズコレクション。

解体・再構築によるギミックで組み合わされたハイブリッドなスポーツウェアにドローコードやベルトディテールのフェティッシュなワードローブなど、様々なスタイルをミックスしたアイテムが提案されています。

Public School | Spring Summer 2018 Full Fashion Show | Exclusive

パブリックスクール(PUBLIC SCHOOL)2018春夏ウィメンズおすすめアイテム紹介

1、ブルゾン:Kris レザーフーディー

袖口と裾に伸縮ディテールを施した、ラムレザーのフーテッドジップアップジャケット。大きめフードとゆったりシルエットで、エフォートレスなスタイルに仕上げています。

【商品詳細はこちら】
Kris レザーフーディー

 

2、ドレス:Casside ドレス

テクスチャードチェック生地をフロントのスカート部分に使用した、マンダリンカラーのミディドレス。スニーカーやスポーツサンダルとコーデして、リラックス感のあるスタイルで着こなしましょう。

【商品詳細はこちら】
Casside ドレス

 

3、デニムジャケット:Polly デニムジャケット

過激なダメージ加工を施して、オーバーサイズをリアジャステッドデザインにアレンジしたデニムジャケット。ある意味今シーズンのテーマを象徴する、強烈なメッセージを持つワードローブです。

【商品詳細はこちら】
Polly デニムジャケット

 

4、スウェット:Ashlei スウェットシャツ

フロントとバックにルーシュディテールをあしらった、クルーネックのスウェットシャツ。本来フェミニンなルーシュディテールが、こちらのワードローブではエッジーなアクセントを効かせています。

【商品詳細はこちら】
Ashlei スウェットシャツ

 

5、パンツ:Tess パンツ

サイドにスナップボタンをあしらった、クロップド丈のワイドパンツ。リラックスしたスタイルに、ほどよくエッジを効かせたガウチョタイプのカジュアルボトムです。

【商品詳細はこちら】
Tess パンツ

 

パブリックスクール(PUBLIC SCHOOL)2018春夏ウィメンズコレクションに注目!

先シーズンに引き続きダイバーシティ(多様性)にフォーカスしながら、「COME AGAIN」のメッセージをフィーチャーし、スポーツとアウトドア、ストリートをマッシュアップしたパブリックスクール(PUBLIC SCHOOL)2018春夏ウィメンズコレクション。

今回ご紹介したアイテム以外にも、魅力的なワードローブが数多く提案されていますので、是非ブランドの公式サイトや取扱通販サイトをチェックしてみてください。

【パブリックスクール(PUBLIC SCHOOL)公式ウェブサイト】
https://publicschoolnyc.com/

INTRODUCTION of THE WRITER

breath
name. breath
映画とアートをこよなく愛するサブカル系ファッションライターです。オールドスクールからニューウェーブまで、丸いものより尖ったモノに惹かれます。

RELATED

パブリックスクール(PUBLIC SCHOOL)2018春夏ウィメンズコレクション特集。先シーズンに引き続きダイバーシティ(多様性)にフォーカスしながら、「COME AGAIN」のメッセージをフィーチャーした今シーズンのおすすめアイテムをご紹介!