HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

ニューオリンズのジャズと美味しい話

ルイジアナ州ニューオリンズ。 そこは世界三大カーニバルの1つ、マルディグラの街で、ケイジャン料理とクレオール料理の美味しい街で、なによりもジャズをこよなく愛する街です。 今回はニューオリンズでまもなく行われるニューオリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバルと、ニューオリンズで味わえる美味しい物のご紹介です。

We love you too, Shorty. #jazzfest2016 #acurastage 📷: @douglasscottmason // See y'all again next year. #jazzfest2017

New Orleans Jazz Festさん(@jazzfest)がシェアした投稿 -

ニューオリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバル。
ルイジアナ州ニューオリンズで開催されるこのフェスティバルは、1970年から始まり毎年数10万人もの動員数を誇るアメリカ随一のミュージックフェスティバルです。

ニューオリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバル・ファウンデーション主催でスタッフは全員ボランティア。チケット代は全て街の活性化のために使われるそうで、街を愛し、音楽を愛する人々の意気込みが感じられます。

ジャズフェスティバルと銘打ってあるもののジャズだけではなく、ゴスペルにブルース、ロックやファンクにケイジャンと、多彩な音楽が楽しめるのがこのフェスティバルの特徴の1つ。
フェアグラウンド・レース・トラックという広大な競馬場におよそ10個のテントがジャンルごとに配置されていて、どこをのぞいても音楽が楽しめるというスタイルです。

ゲストも毎年豪華な顔ぶれで、2017年はスティービー・ワンダー、マルーン5、スヌープドッグなどが参加する予定です!
4月の28.29.30日(金曜日から日曜日)と、5月の4.5.6.7日(木曜日から日曜日)に開催されます。
音楽にどっぷり浸るゴールデンウイークなんて最高の贅沢ですね。

また音楽だけでなく、アートや食べ物のブースも数多く出ていて、ニューオリンズならではのケイジャン料理やクレオール料理の数々が味わえるようになっています。
音楽を聴いては食べ歩き、また音楽を聴きに行けるなんて夢のようなお祭りです!

オクラの入ったとろみのあるスープをお米にかけた料理、ガンボ。

Home sweet home 🏡 #ChefJoe #gumbo 😋#yummy

Marjorie Harveyさん(@marjorie_harvey)がシェアした投稿 -

パエリアのようなルイジアナ風のスパイシーな炊き込みご飯ジャンバラヤ。

コーンミールをつけたエビやカキなどの魚介類にレムラードソースというマヨネーズベースのソースをかけたサンドイッチのポーボーイ。
食べやすくて美味しいと大人気です!

ルイジアナの名物、ワニの肉のパイもぜひ一度チャレンジしてみたい一品です!
あっさりとしていて美味しいそうですよ!

ニューオリンズの超人気店、カフェ・デュ・モンドは「ベニエ」が看板メニュー。
四角い形のドーナツに粉砂糖がこれでもかと言うくらいたっぷりかかっていて、中がモチモチ。
もちろんこのベニエが味わえるお店も出店されています!
日本にもカフェ・デュ・モンドの支店がありますが、本場で食べるベニエの味はきっと格別です。

食べて飲んで踊っては音楽に酔いしれるジャズフェス。
ジャズを生んだニューオリンズの空気を心ゆくまで堪能できます。
音楽好きな方は間違いなく満足のできるお祭りですので、ぜひ足を運んでみてください!

INTRODUCTION of THE WRITER

佐藤 都
name. 佐藤 都
映画好き。英語・スペイン語勉強中。

RELATED

ルイジアナ州ニューオリンズ。 そこは世界三大カーニバルの1つ、マルディグラの街で、ケイジャン料理とクレオール料理の美味しい街で、なによりもジャズをこよなく愛する街です。 今回はニューオリンズでまもなく行われるニューオリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバルと、ニューオリンズで味わえる美味しい物のご紹介です。