HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

トムブラウン(THOM BROWNE)ネオトラッドで作るダンディズムとモダニズム

2000年初頭に突如、彗星の如く現れたトムブラウン。クラシカルなテーラードジャケットやスーツをメインとした上質でラグジュアリーな紳士服のように見え、漂う雰囲気はかなりアヴァンギャルド。アメリカントラッドをベースとした服作りでありながら、カジュアルさよりも遥かにラグジュアリーな印象を受けるトムブラウンのウエア達。モダンで斬新なネオトラッドを創り上げた鬼才トムブラウン。トラッドのあり方やアメリカンブランドのイメージを覆したネオトラッドブランドを徹底解析いたします。

トムブラウン(THOM BROWNE)が大きく変えた紳士服の在り方

ファッションにタブーが存在しないことを証明

ファッションは自由です。言い換えれば自由の表現方法としファッションがあるとも言えます。特に日本は、どんなファッションをしていても自由であり、どんなスタイルも受け入れられる土台が出来上がっているように思います。

ファストファッションブランドがリリースするマス層向けのデイリーウエアもオートクチュールブランドで誂えるドレスも、自己満足に近い数百万円するデニムも全てファッションです。

しかし、メンズファッション、紳士服には暗黙のルールがあると言われてきました。元々富裕層の紳士が身に着けるビスポークのスーツや靴にはルールに近い拘りが随所に散りばめられています。

そしてその拘りを楽しむのも紳士の嗜みとして考えられてきました。

ビスポークからプレタポルテがメインとなった今現在でも紳士服の自由度は少ない。ふり幅が狭いと思われてきました。

限られた範囲の中で最大限に着飾ることこそがジェントルマンの証でもありました。100年以上続くこの暗黙のルールを簡単に崩し、紳士服に革命をもたらしたブランドがトムブラウンです。

英国紳士が創り上げ、世界中の富裕層が伝統に右に倣えだった紳士服に、旋風を巻き起こしたトムブラウンが創り上げたネオトラッドスタイル。

2000年初期の登場した新進ブランドに世界中の紳士が驚愕しました。正しいと思っていた紳士服の装いが古臭く堅苦しく思えた富裕層もかなり多かったように思います。

紳士服でさえ自由で構わない。アンタッチャブルとも言われる紳士服のタブーに果敢に挑んだブランドです。

アメリカントラッドベースのトムブラウンのウエアは50年代60年代を髣髴させるスーツやテーラードジャケットがメイン。

しかし単なる古きよき時代のアメリカントラッドのアーカイブではありません。アメリカントラッドをラグジュアリーにモダンに構築したウエアを大々的にリリースしました。

カジュアルスタイルであることが前提ともいえるアメリカントラッドを真っ向から否定したようでいて、アメリカントラッドへの敬意の念が感じ取れるトムブラウンのウエア。全く新しい価値観のトラッドウエアに富裕層は戸惑いながらも大絶賛しました。

2001年にトムブラウンはブランドをスタートさせていますが、当時はビスポークがメインのテーラーハウスに近い存在でした。一部の富裕層のご贔屓ブランドとして静かに活動していました。

トムブラウンが大ブレークするきっかけは、2004年に参加したニューヨークコレクションです。この時トムブラウンは始めてのプレタポルテコレクションを発表します。

プレタポルテラインをスタートした事とコレクションに参加したことにより、トムブラウンの知名度は飛躍的に上がります。

感度の高い富裕層は勿論、世界中のファッショニスタがトムブラウンが掲げる、モダンなネオトラッドの虜となります。

トムブラウン(THOM BROWNE)が変えたスーツの常識

トムブラウンのモダンなクラシカルスーツが大ブレーク

ニューヨークコレクションがトムブラウンにとって事実上のデビューであるとも言えます。ニューヨークのプレタポルテコレクションで見せた、トムブラウンを代表するネオトラッドスーツが富裕層やファッショニスタの間で空前の大ブレークを果たします。

ハイウエストのストレートスラックスはアンクルレングスのダブル仕立て、そしてナチュラルショルダーのジャケットはウエストにドロップの入ったタイトなシルエットが美しい。ジャケットもスラックスも遠目から見ても上質なモノとわかる程エレガントでラグジュアリー。

このクラシカルでモダンなトムブラウンを象徴するスーツが富裕層の間で飛ぶように売れます。

シルバーグレーの上質なノッチドラペルのシングルジャケットに、ダブル仕立てのハイウエストのアンクルレングスのスラックスを合わせる60年代のアメリカのエリートを髣髴させるノスタルジックでモダンなスーツのスタイリングは2000年代初頭に一大ムーブメントを起こしました。

このスーツの着こなしは大人のファッショニスタから火が付き、リッチなスーツスタイルを代表する着こなしとして定着しました。

当時は、レッドカーペットやパーティーでも一目でトムブラウンと分かるネオトラッドスタイルに身を包んだセレブを非常に多く目撃しました。

富裕層の制服とも言われるほど、ネオトラッドスーツを浸透させたトムブラウンとは?20年足らずの比較的若いブランドがここまでの地位を築いた理由は?トラッド界に衝撃を与え、メンズファッション界に新たな常識を樹立した鬼才に迫ります。

トムブラウン(THOM BROWNE)とは

1965年生まれの元俳優

富裕層のファッションアイコンとしても有名なトムブラウン。ネオトラッドで一大ムーブメントを引き起こしたトムブラウンのデザイナーであり、トレンドセッターです。

トムブラウン自身も公の場所に出るときはスーツやテーラードジャケット姿が殆どです。トムブラウンのスーツの着こなしを参考にするファッショニスタはかなり多いことは有名な話です。

トムブラウンのファンは富裕層は勿論、ファッション関係者にも多く、デザイナーやスタイリストの間でも高い評価を得ています。

流行仕掛け人であり、ファッションエディターの祐真朋樹氏もトムブラウンはお気に入りブランドの一つ。スタイリングでもトムブラウンを使うことは多く、祐真ファンにとってもトムブラウンはマストブランドとして定着しています。

トムブラウンが日本に上陸して間もない頃、祐真氏は自身でも頻繁に着用していました。スーツスタイルやジャケットスタイルの多い祐真氏にはトムブラウンのitemはよく似合います。

日本でトムブラウンがここまで浸透した要因に祐真朋樹氏の着用やスタイリングが関係していることは間違いありません。

世界中のファッショニスタやセレブレティを虜にするブランド、トムブラウンのデザイナーであるトムブラウンは1965年にアメリカのペンシルバニア州に生まれます。

ノートルダム大学で経営学を学びます。トムブラウンの進路には”ファッション業界”という選択は全くありませんでした。

大学卒業後に俳優を目指しロサンゼルスに移住します。俳優として活動していた時期もありますが、広告撮影や小さな役ばかりで、とても生計を立てることはできませんでした。

納得できない俳優の仕事を淡々とこなす中で、衣装としてのビンテージスーツに出会い、トムブラウンの興味は俳優からファッションへと移行します。

俳優として満足いく結果を得ることができないトムブラウンは一念発起。ロサンゼルスからニューヨークに移ります。

ラルフローレンとの出会いがファッションブランドを立ち上げるきっかけに

ニューヨークへ渡ったトムブラウンはファッション業界に飛び込みます。アルマーニのショップでショップスタッフを経験したこともあるというトムブラウン。ショップスタッフから始まり様々なブランドのマーチャンダイザーとして活躍したトムブラウンはモナコクラブに移籍します。

日本ではあまり馴染みのないブランドであるモナコクラブはラルフローレングループの傘下にあるブランドです。

ヤングセレブレティのデイリーウエアを中心とした都会的なitemが揃うブランドです。

トムブラウンはモナコクラブでマーチャンダイジングとデザインを担当します。モナコクラブでラルフローレンと仕事をする機会を得たトムブラウン。ラルフローレンと仕事をした経験が自身のブランド、トムブランをローンチする上で非常に重要だったと公言しています。

ラルフローレンと一緒に仕事をしていなければ、トムブラウンというブランドは存在していなかった可能性もあります。

モナコクラブでデザイナーとしての基本を学んだトムブラウンは満を持して2001年”トムブラウン”をスタートさせます。

50年代60年代のクラシカルなアメリカントラッドをベースにモダンでラグジュアリーでハイエンドな紳士服。それがトムブラウンが目指す自身の名前を冠したブランドのあり方でした。

2001年にローンチされたトムブラウンはスーツにネクタイ、ニットといったベーシックで上質なメンズウエアのビスポークが中心でした。

クラシカル且つモダンで都会的な洗練されたスーツが富裕層の間で話題となりプレタポルテラインが誕生しました。トムブラウンを代表するニットウエアは上質なカシミアを使ったモノがメイン。スーツ同様に人気の高いプロダクツです。

トムブラウン(THOM BROWNE)のトリコロールテープの意味は?

トムブラウンのアイコンでもありアメリカの象徴

トムブラウンを象徴するトリコロールテープ。トムブラウンのアイコンとしても知られるトリコロールテープはスーツやシャツ、アウターをはじめ、フットウエアやアクセサリーにまで用いられています。

さりげなくもクリーンな印象を与えるトリコロールテープはトムブラウンのプレタポルテコレクションが始まって以来、使用されてきました。

トムブラウン曰く、トリコロールはアメリカを象徴するカラーとの事です。トリコロールはアメリカ国旗である星条旗のカラーリングでもあり、アメリカ人にとっては馴染み深いカラーリング。アメリカ人デザイナーであるトムブラウンの、アメリカ人としての誇りがトリコロールテープに込められているのかも知れません。

トリコロールのスポーティーな雰囲気もトムブラウンはお気に入りとの事です。クラシカルで上質なitemがメインのトムブラウンのウエアにスポーティーなトリコロールテープはよく考えると少しアンバランスにも感じます。

しかし、このアンバランスさが更にトムブラウンのウエアをラグジュアリーでモダンに仕上げています。アンバランスさの美学。これこそがトムブラウンのウエアの真骨頂です。

そして何処となくユニフォームライクな雰囲気がトリコロールテープにはあります。スーツを紳士のユニフォームとして捉えるトムブラウンには最適なアイコンです。

トムブラウン(THOM BROWNE)の評価は?

CFDAファッションアワードでメンズウェア・デザイナー・オブ・ザ・イヤー受賞

2004年のニューヨークコレクション以降ファッショニスタから常に注目を集めるトレンドセッターとしてのポジションを獲得したトムブラウン。感度の高い富裕層を中心に確実にファンを増やしています。

2005年から2006年にはCFDAファッションアワードをはじめ、名誉ある賞を次々と獲得、ファッション業界にトムブラウン旋風を巻き起こしました。当時同じくアメリカデザイナーであるトムフォードも自身のブランドをローンチしたばかりであり、”偉大なるトムの創り上げるウエアがメンズファッション界支をえている”とも称されました。

トムブラウンのモダンな感性に驚愕したアメリカの老舗ブランドであるブルックスブラザーズはトムブラウンと共同で新ブランドを設立。

ブルックスブラザーズのハイエンドラインである”ブラックフリース"が誕生します。現在は終了しているブランドですが、ブルックスブラザースがコラボレーションブランドをローンチしたのはこれが初めてのこと。

トムブラウンの誕生は老舗ブランドにも大きな影響を与えたことの証明です。

モンクレールのハイエンドラインのデザイナーに就任

Monclerさん(@moncler)がシェアした投稿 -

ブラックフリースのローンチにより更なる注目度を集めたトムブラウンはイタリアのラグジュアリーダウンウエアブランドであるモンクレールから声がかかります。

モンクレールのハイエンドラインであり、コレクションラインである”ガムルージュ”のメンズラインのデザイナーとしてトムブラウンを指名したモンクレール。

トムブラウンによるモンクレールのハイエンドライン”ガムブルー”が2009年にファーストコレクションをミラノで行います。

元々富裕層ご用達のダウンウエアブランドであるモンクレール、トムブラウンの手掛けるモダンでスタイリッシュなモンクレールはかなりの高評価を得ました。

ガムルージュのデザイナーは交代がある中、現在もモンクレールガムブルーのデザイナーはトムブラウンです。

様々な功績が認められたトムブラウンは2013年にCFDAファッションアワードでメンズウェア・デザイナー・オブ・ザ・イヤーに輝きました。

トムブラウン(THOM BROWNE)の2017-18年秋冬メンズコレクションは?

スタッズの様に配されたくるみボタンのような装飾

トムブラウンのテーマカラーでもあるグレーのスーツやコートをストイックに見せた2017-18年の秋冬のコレクション。コレクション会場はパリ。

トムブラウンが得意とする、美しいテーラーリングがより明確に伝わるコレクションだったように感じます。

メイン素材である上質なヘリンボーンで仕立てられたダブルブレステッドジャケットはドロップの効いた身体にぴったりと沿うまるでビスポークを思わす作り。トムブラウンのお家芸でもあるダブル仕立てのクロップドパンツにコンパクトなアンコンジャケットを合わせたスリーピーススーツも勿論健在。

そして今回コレクションを通して気になるくるみボタンのような装飾。スーツやジャケット同じ共布で仕立てられた装飾が、まるでスタッズのようにジャケットやコートそしてパンツにまで配されています。

クラシカルで上質なスーツやコートを飾る装飾。クラシカルとモダニズムが混在するウエアやショーは回数を重ねるごとに深みやアヴァンギャルドさを増していくように感じられます。

基本的にグレート白、黒のみで構成された2017-18年秋冬のトムブラウンのコレクション。メンズウエアの基本であり、ビスポークでもベースとなる3色のみでここまでドラマチックで妖艶なコレクションを創り上げる手腕には多くのファッション関係者が驚愕していました。

ツイードを使用したクラシカルなスーツスタイルが根幹にはあるトムブラウンですが、ドロップショルダーのアシンメトリーなコートや裾に袖がつく程長いテーラードジャケット、ダブルブレステッドスーツのように見えるオールインワンなど、簡単に着こなすことができないプロダクツも目立ったトムブラウン。

ツイードのヘルメットのようなキャップを被り黒の口紅をしたモデルは怪しげで上流階級が楽しむマスカレードのようなフェティッシュでセクシーな雰囲気を醸し出しています。

まるで生産途中のようなパーツを貼り付けただけに見えるアウターも、見る者の想像力を掻き立てるアートのようなitemです。

フェティッシュでありフェミニン、それでいてクラシカルでモダン。今現在トレンドとなっているリアルクローズに対するアンチテーゼのようなコレクションであり、トムブラウンの真骨頂を見せられた気もするコレクションでした。

トムブラウン(THOM BROWNE)が見据える未来のヴィジョン

マイノリティーに追求するクリエイティビティ

「僕の前世は日本人なのかも知れない」そう口にするほど親日家としても知られるトムブラウン。日本でも爆発的な人気を誇るトムブラウン。

トムブラウンが富裕層にここまで愛される理由は、日本人好みの細やかな気配りが随所に感じられるウエアを多く展開するからではないでしょうか?

本切羽仕立てのテーラードジャケットのボタンを開けたときに見えるトリコロールテープは日本人好みな”控えめな粋”を感じます。この心憎い演出が日本人富裕層を虜にしている要因です。

そしてプレタプルテラインでありながらハンドワークを多用したテーラードジャケットやスーツ。上質な素材を用い丁寧に仕立てられるトムブラウンのジャケットやスーツは一度纏うとヤミツキになるといいます。

事実、トムブラウンはリピーターが多いブランドとしても有名です。

約30万円代から揃うトムブラウンのプレタポルテのスーツ。一度トムブラウンのスーツに袖を通すとその金額はグッドプライスを通り越し安価にさえ感じるといわれています。

様々なブランドとコラボレーションを行ない、ハイエンドなジュエラーとして名高いハリーウィストンとのコラボレーションでも話題を振りまいたトムブラウン。

ネオトラッドの旗手であり、クラシカルでモダンなメンズウエアを展開し続けるハイエンドブランドです。アヴァンギャルドなショーやウエアはヤングセレブレティからも高い評価を得ています。

しかしトムブラウンはブランドローンチして20年以上殆ど変わらないスタイルで公の場に現れます。グレーのテーラードジャケットに白のオックスフォードシャツ。そしてグレーのカシミアカーディガン。トレードマークであるアンクルパンツからショートパンツへとスタイルが少し変わった以外は、ほぼ同じスタイルです。

グレーのジャケットは常に20着以上ストックがあり、グレーのカシミアカーディガンも頻繁に愛用するitemだと答えるトムブラウン。

コスチュームのようにも見えるトムブラウンの着こなし。アバンギャルドなデザインを生み出すデザイナーの”静と動”を垣間見たような印象を受けます。

オンとオフのスイッチングが確実にできるデザイナーであるトムブラウンだからこそ、ここまでクリエイティブなウエアを生み出すことができるように感じました。

メンズファッションの未来を担うトムブラウン。マイノリティーなトレンドセンターの一挙手一投足に世界中が注目しています。

INTRODUCTION of THE WRITER

hansu719
name. hansu719
ショップバイヤー、スタイリストを経てフリーライター兼シンガーソングライターが生業です。ハイブランドからストリートstyleまでラグジュアリーな香りのするstyleが好みです。

RELATED

2000年初頭に突如、彗星の如く現れたトムブラウン。クラシカルなテーラードジャケットやスーツをメインとした上質でラグジュアリーな紳士服のように見え、漂う雰囲気はかなりアヴァンギャルド。アメリカントラッドをベースとした服作りでありながら、カジュアルさよりも遥かにラグジュアリーな印象を受けるトムブラウンのウエア達。モダンで斬新なネオトラッドを創り上げた鬼才トムブラウン。トラッドのあり方やアメリカンブランドのイメージを覆したネオトラッドブランドを徹底解析いたします。