HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

デイリーに楽しもう! 愛すべきチャーミングなお酒・スパークリングワインの世界

「カンパーイ!」泡の立つワインは結婚式などの慶事のシーンの定番ですね。ところで、日本では「泡の立つワイン=スパークリングワイン=シャンパン=お祝い」という図式が定着しているように思いますが、実はそうではないのです。バラエティに富んだスパークリングワインの世界を覗いてみましょう。

「スパークリングワイン≠シャンパン」、泡の立つワインにはいくつもの種類が

「シャンパン」を名乗るために欠かせないストイックな条件とは

日本では全ての発泡ワインの代名詞となっている感のある「シャンパン」ですが、実はそうではないのです。

「シャンパン」というのはあくまでスパークリングワインの中の一種。「シャンパン」という名をラベルに表記するためには厳密に設定された条件があり、1つでも当てはまらなければこう呼ばれることはありません。その条件とは?

製造される地域

フランス東北部のシャンパーニュ地方の中の法律で限定された地域でとれたブドウを使い、製造の全行程がシャンパーニュ地方で行われること。

シャンパーニュ方式を厳守していること

出来上がったワインに炭酸ガスを注入して造られるのものはシャンパンとは呼ばれません。シャンパンはシャンパーニュ方式(壜内発酵)と呼ばれる手間とコストのかかる製法で造られます。

AOC法の基準を満たしていること

フランスが世界に先駆けて採用したAOC(原産地名表示規制制度)に定められた、原料となるブドウの品種や栽培方法の規定を満たしていることが絶対条件です。

微妙な個性の違いが楽しい! 各国のスパークリングワイン

フランス国内でもシャンパーニュ地方以外で、あるいは世界中の名生産地においても泡の立つワインはたくさん造られています。これらのスパークリングワインにはそれぞれの国での呼称があり、じつに個性豊かなのです。

クレマン/ヴァン・ムスー【フランス】

フランス産のスパークリングワインで、シャンパンとなりうる条件を満たしたもの以外をこう呼びます。

カヴァ【スペイン】

シャンパンと同じ製法によって造られるスペインのスパークリングワインです。

唯一シャンパンと異なる点は、ドザージュ(最後に糖分を添加すること)が行われないというところです。これは気候の違いによるところが大きいのですが、その結果としてドライ(辛口)な仕上がりのものが多くなります。

ゼクト【ドイツ】

ドイツでのスパークリングワインの年間消費量はフランスのそれを上回り、世界一だそうです。ドイツで造られるスパークリングワインがゼクトと呼ばれるものです。こちらも人工的に炭酸ガスを注入するのではなく、壜内発酵による天然の泡立ちを特徴としています。

スプマンテ【イタリア】

@31margindriveがシェアした投稿 -

イタリアで造られるスパークリングワインの総称。スプマンテとは「発泡性の」という意味です。生産地域や原料の品種などの違いにより、「プロセッコ」「フランチャコルタ」などの細かな区分があります。

その他のスパーリングワイン【日本・アメリカ・オーストラリアetc.】

スティルワイン(泡の立たないワイン)同様、スパークリングワインは世界各地で造られています。シャンパーニュ方式に倣って造られるものもあれば、出来上がったワインに炭酸ガスを注入するものもあります。生産方法や原料が違えば価格もさまざま、コストパフォーマンスに優れたものも多くあります。

ストレス解消に最適 スパークリングワインを気ままに楽しもう

元気に立ちのぼってプチプチと弾ける泡を見ているだけで、ストレスフルな日常の些事へのこだわりが消えていくようです。

ポジティブな気分を後押ししてくれる素敵なお酒、スパークリングワイン。例えば明るい戸外でのピクニックのお供に小瓶を持っていくのもアリでしょう。お祝いの席だけにとどめず、いつでも・どこでも、マイペースに楽しんでみませんか。

INTRODUCTION of THE WRITER

高城みれい
name. 高城みれい
知的好奇心を満たす上質な「モノ」「コト」の情報をお届けします。

RELATED

「カンパーイ!」泡の立つワインは結婚式などの慶事のシーンの定番ですね。ところで、日本では「泡の立つワイン=スパークリングワイン=シャンパン=お祝い」という図式が定着しているように思いますが、実はそうではないのです。バラエティに富んだスパークリングワインの世界を覗いてみましょう。